DSC-RX1

デジタルスチルカメラ(2012年)

「最高画質を、てのひらに」というコンセプトを実現したこのカメラは、いっさいの無駄をそぎ落としたマグネシウム合金製ボディの中に、35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーとF値2.0の大口径単焦点レンズを収納している。レンズの鏡筒と操作スイッチは何度も見直され、誰でも快適かつスムーズに扱える質の高いものに仕上がった。丸みを帯びたボディは魅力的なだけでなく、ホールド性も高めている。