DSC-RX100

デジタルスチルカメラ(2012年)

DSC-RX100は小型軽量ながら1.0型の大型Exmor CMOSセンサーを搭載した製品だ。ボディには高品位のアルミニウムを採用し、堅牢性や質感にもこだわった。操作スイッチ類にも金属を用い、エッジの利いたスタイルとあいまって、カメラへの信頼感を感じさせるつくりになっている。ボディの高さとほぼ同じ口径の大型レンズを中央に配置してホールド性を高め、レンズリングの操作も簡単にした。シンプルで硬質感あふれるボディは、このクラスではそれまでなかったもので、高い人気を誇る製品となった。