KV-1375

トリニトロンカラーテレビ(1977年)

個人向けテレビが安くなり始めた時代、魅力的なデザインでソニーの市場シェアを広げたテレビ。ジェット機のコクピットにありそうなモニターをイメージした製品で、ジェット機の名前にちなみ「サイテーション」と名付けられた。木目調全盛だった当時、プラスチック塗装のキャビネット(その下の金属が硬質感を出している)のデザインは大胆にしてパワフル、それでいて軽やかな印象を与えている。