マイ・ファースト・ソニー・
シリーズ

(1988年)

「マイ・ファースト・ソニー」という名前には、このシリーズで初めてエレクトロニクス製品に触れた子どもたちに、それをきっかけとして科学・技術に対する興味を持ち続けてほしいという願いがこめられている。内部構造が見える透明のパネルなどにより、子どもの興味をかきたてる設計になっている。色の使い方も独特で、機能的な部品は青、スピーカーは音楽や音の楽しさを表す黄色、ベーシックな部品は赤と色分けされ、仕組みごとにまとめられている。子どもたちが動作の仕組みを覚えやすいように、細かいところにまで気を配っている。