NEX-5

レンズ交換式デジタルカメラ(2010年)

大型イメージセンサー(APS-Cサイズ)を搭載しながらも、レンズ交換式デジタルカメラとして、発売当時、世界最小・最軽量のボディを誇った。グリップ部分をボディよりも下方まで伸ばして、しっかりホールドできるようにした。ボディをぎりぎりまで小型化したことによって、レンズの方がボディよりも大きく見え、レンズと液晶モニターのみでできているような印象を与えている。マウント部分からレンズにかけての一体感のあるつくりによって、レンズがより強調され、ボディがさらに薄く見える効果が出ている。