Pro-UI

ユーザーインターフェース(2010年)

業務用アプリケーション群の操作性と視認性の向上、デザインイメージの統一、開発の効率化を目的に、2010年から導入されたグラフィックユーザーインターフェースのデザインテーマ。当初は放送・映像制作領域がメインターゲットだったため、スタジオでの使用に適したダークトーンで立体感のあるコンポーネントデザインを採用していたが、ビジネス領域の拡大に伴いユーザー層や使用環境が変化。オンラインで利用するWebアプリケーションの需要も増加したことから、2017年に刷新した。シンプルでニュートラルな新デザインは汎用性が高く、またデータ量が大幅に軽量化されたことで、実用性も向上。文教やスポーツ、農業といった幅広いビジネス領域のインターフェースに活用されている。2020年には社外にも提供を開始。