SAL85F14Z & SAL135F18Z / SAL1635Z

Aマウントレンズ シリーズ(2006年~2009年)

市場の流行にとらわれず、ソニーは押出成形アルミニウムボディを採用し、機能的で無駄のないフォルムを追い求めた。マウント部分のシナバー(朱色に近い、辰砂という鉱物の色)のラインや精巧なセレーション(鋸歯状の溝)はカールツァイスのAマウントレンズシリーズの証(あかし)だ。