TCM-100B

カセットコーダー(1978年)

「プレスマン」シリーズのカセットレコーダー。ボイスメモができ、片手で操作できることからビジネスマンの間で人気があった。録音、再生、早送り、巻き戻し、頭出し、レビュー、一時停止といったボタン類の配置は実によく考えられている。1.5倍速で再生できる機能も備えていた。このモデルが1年後に発売される「ウォークマン」第1号機の原型となった。