耳をふさがない新感覚イヤホン

ambie sound earcuffs

時代の空気を感じ、
未知なる体験をつくりだす

耳を塞がずに音楽を楽しめる、新感覚のイヤホンambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)。会話をしながら、
周囲の音を感じながら、BGMのように音楽を聴けるデバイスの創出に、デザインが大きな役割を果たしました。ユーザーの気持ちに寄り添いながら、
見えないものに形を与える。新たな体験を生み出すまでのプロセスを、プロジェクトメンバーが語ります。

ambie 株式会社
企画・マーケティング・広報
田上

×

ソニー クリエイティブセンター
クリエイティブディレクター
細田

×

ambie 株式会社
商品事業化プロジェクトリーダー
三原

未来を予見させる
デバイスとの出会い

ユーザーの毎日を変えるような新しい体験を目指したambie sound earcuffs。ソニーからスピンアウトしたジョイントベンチャーambie 株式会社で商品化をスタートさせた。すべてが手探りの状態のプロジェクトに、メンバーはどのように挑んだのだろうか。

細田:今回のプロジェクトで挑んだのは、まったく新しい体験を創造することでした。私自身、かねてよりデザイナーとして未来のウェアラブルデバイスを構想し、音が空間に溶け込み、どこからともなく音楽が聴こえるような体験を思い描いていました。耳を塞がないこのイヤホンの試作を見たとき、「まさに、このデバイスだ!」と、世の中を変えるようなポテンシャルを持ったデバイスとの出会いにワクワクしたことを覚えています。前例のないプロジェクトだけに、今までにない面白いチャレンジができると感じました。

三原:開発のきっかけは、AI(人工知能)情報サービスや、音楽のストリーミングサービスが普及しているのにデバイス側が変化していないという疑問でした。従来のヘッドホンやイヤホンは耳を塞いでしまうため、聴けるシチュエーションが限られています。そこで、耳を塞がずに日常生活のいろいろな場面で情報や音楽が聴けるイヤホンをつくれないかと発想しました。

田上:このデバイスが、ユーザーにどんな体験を届けられるのか。私たちが思い描いたのが、「生活にBGMを添える」という新しい体験でした。例えば、ドラマのワンシーンがBGMによって盛り上がるように、これまで音楽が聴けなかった日常の場面にBGMを付けることで、いつでも自分の気分を盛り上げ、人生にもっと素敵な場面が増やせるのではないかと考えました。

プロダクトと
ユーザーをつなぐ、
見えないストーリー

当初は「耳を塞がない」という音楽体験を表現するため、今とはまったく異なるデザインを考えていたという。どのようなプロセスを経て、このイヤカフのデザインは生み出されたのだろうか。

三原:最初に細田からあがってきたデザインは、一見イヤホンには見えないモダンなもので、メンバー全員が「これならいける!」と盛り上がりました。それを持ってフィールドテストのためにアメリカに赴き、サンフランシスコの街中や大学のキャンパスでヒアリングを重ねました。ところがそこで私たちは方向転換を迫られました。多くの人が「素敵なデザインだね」と言ってくれたのですが、フォルムも装着方法も新しいため、上手く付けられない人もいました。さらに、ユーザーのライフスタイルに合っていなかったのか、欲しいという声もあまり聞けませんでした。

耳の中に音が流れ込むようなイメージから造形された、イヤカフのフォルム。耳への装着性はもちろん、周囲に音楽が漏れないよう、音の発射角度の検証を重ねた。

細田:いま考えると、耳を塞がないというプロダクトの機能に寄り過ぎていたのだと思います。そこでユーザーにもっと寄り添うデザインを模索しました。デザインのヒントを求めて、街や海などさまざまな場所に出かけ、道ゆく人を眺めながら、「あの人はどんなBGMを聴いているのだろう」、浜辺を歩く女性に「波の音をバックに、どんなBGMを選ぶのだろう」とイメージを膨らませていきました。その人のライフスタイルを思い描き、ユーザーと商品をつなぐ見えないストーリーをひとつずつビジュアル化していきました。

フィールドテストで課題となった装着性を追求し、100以上のプロトタイプを作成。自分たちで試作を繰り返し、スピーディーかつ納得いくまで形状を追い込んだ。

田上:細田がユーザー像をビジュアル化する過程で、徐々に目指すべき方向が見えてきました。そこから従来のイヤホンとまったく異なる体験を示すため「サウンドイヤカフ」と名付けるなど、商品の在り方やプロモーション戦略の方向性が明確になっていきました。

素材は硬度の異なるシリコンを組み合わせ、特殊表面加工を行うことで、着け心地だけでなく、人を癒すような柔らかな質感を追求した。

細田:今回、私たちはベンチャーだからこそ「全部自分たちでやってみよう」というチャレンジ精神のもと、フィールドテストなども自分たちで行いました。この経験が新しいデザインを生み出すうえで、とても大きな影響を与えました。多くの人と対話を重ねる中で、時代の空気を感じ、ユーザーがどんな体験やライフスタイルを望んでいるかを肌で感じられたからこそ、いまのイヤカフの形状にたどり着けたのではないかと思います。

1 2 3

1. 耳の中に音が流れ込むようなイメージから造形された、イヤカフのフォルム。耳への装着性はもちろん、周囲に音楽が漏れないよう、音の発射角度の検証を重ねた。 2. フィールドテストで課題となった装着性を追求し、100以上のプロトタイプを作成。自分たちで試作を繰り返し、スピーディーかつ納得いくまで形状を追い込んだ。 3. 素材は硬度の異なるシリコンを組み合わせ、特殊表面加工を行うことで、着け心地だけでなく、人を癒すような柔らかな質感を追求した。

トイプードルの可愛さを表現したトイプーブラウン、写真スタンプのような発色を目指したスタンプオレンジ、アニメーションの空の色をモチーフにしたポップスカイ、
ストリート感のある雰囲気に仕上げたアスファルトブラックなど、全6色のカラーリングはユーザーのライフスタイルから導いた。

ユーザーとの共創で生まれる、新たな体験価値

これまでにない体験をユーザーに伝えるために、タッチポイント選びにもこだわったという。どのような出会いの場を創出したのだろうか。

田上:新しい体験をユーザーに伝えるためには、耳を塞がないという機能の説明ではなく、ambie sound earcuffsによって生まれるライフスタイルに共感してもらうことが不可欠です。そのため、商品の体験をメッセージ化して伝えられるように、タッチポイント選びにこだわりました。例えば、販売店にライフスタイルを提案するセレクトショップを選んだのは、ユーザーが生活をイメージしやすい場所で、店員の方が「好きな音楽で気分を上げつつ、街の音も聴こえるので安心してランニングできますよ」と体験談をもとに商品を語ってくれると考えたからです。新しい体験を伝えたいからこそ、商品とユーザーとの出会いの場を大切にしています。

また、いまは多くの方がSNSサイトを使って自分のライフスタイルをアップし、フォロワーの共感を得ていますが、こうしたメディアを活用した情報発信も取り入れています。

細田:パッケージでも、あえて商品の写真を掲載せず、特徴的なシルエットを描き、その中をマーブルでカラーリングしています。これは商品の全6色を混ぜ合わせて、音楽と生活が混じり合う体験を表現しています。商品を説明しすぎず、「なんだろう?」と思わせる仕掛けを潜ませ、店頭で思わず手に取ってしまうデザインにすることで、ユーザーとの出会いを演出しています。

今回、デザイナーがプロジェクト初期から参加することで、プロジェクトをどうドライブさせたのだろうか。

三原:デザイナーの描くゴールは、あくまでもユーザーに提供する体験です。私たちエンジニアは「技術的に厳しい」「コストがかかる」と技術視点で考えてしまいがちですが、人をワクワクさせるような体験をユーザーに提供できなければ商品をつくる意味がありません。そのゴールを目指して試作を重ねる中で、技術が進化し、新しい形が生まれるのだと実感しました。今回、デザイナーとの密な議論があればこそ、「耳を塞がない」という機能から、ambie sound earcuffsならではの体験へと昇華できたのだと思います。

細田:この商品の本質的な価値を教えてくれたのは、これまで出会った多くのユーザーといっても過言でありません。私たちは、生活にBGMを添える「ながら聞き」を提案してきましたが、発売後、ユーザーからの反響は想像を大きく超えていました。あるユーザーは、会話をしながら音楽に合わせて踊りはじめ、話の内容までボジティブなものに変わりました。さらに、聴いている曲によって、目の前に見えている世界が変わったという方もいて、商品の体験価値はユーザーと共に創り上げるものだと改めて感じました。

デザイナーは、時代の空気から人の思いや感情を敏感にキャッチし、未知なる体験に形を与えることが役割であり、使命だと思います。これからも今までにない体験をデザインすることで、新たな価値を提案し、その先の未来までも変えていきたいと思います。

会話や周囲の音を聞きながら、音楽が楽しめるambie sound earcuffs。
ソニーデザインは、これからもユーザーに寄り添いながら、新たな体験をつくり出します。