展示案内

AffinityinAutonomy共生するロボティクス

<Ginza Sony Parkにて
東京凱旋展示>

私たちを取り巻くテクノロジーが移り変わるなか、
ソニーは、これからの社会やライフスタイルを豊かにする
ロボティクスの在り方を考えています。
感情を持ち、生命感をたずさえて進化していくロボティクスに、
親しみさえ感じることでしょう。

Affinity in Autonomy:
人とロボティクスが共生する、新しい関係がここにあります。

ミラノデザインウィーク2019出展の体験型展示
Affinity in Autonomy <ロボティクスとの共生>」

東京展をGinza Sony Parkにて開催します。
人の動きに対応して変化する映像と音の体験から始まり、
自由にふるまう振り子のロボティクス、
それぞれに異なった個性をもつ球体のロボティクスなど、
生命感をたずさえて進化していくロボティクスとの新しい関係を
さまざまなインタラクションを通じてご体験ください。

B2 Exhibition

B2 Exhibition
Interaction <01> Awakening

Interaction <01>Awakening意識

壁に沿ってゆっくりと歩みを進めて下さい。
あなたの動きに合わせて暗闇の中から小さな知性が目覚めます。
光や音のなかに宿った新しい知性は、暗闇の中であなたのことを認識し、
動きに合わせて色や形を変えていきながら、
これからはじまるロボティクスとの未知のふれあいに誘います。

Interaction <02> Accordance

Interaction <02>Accordance協調

もっともプリミティブなカタチを伴った、球体のロボティクスたち。
それぞれに異なった個性をもつ彼らは、互いに連携し、協調し、時に人と連動します。
予測できない動きから、人とロボティクスが共生するコミュニティの姿が垣間見えます。

Interaction <03> Autonomous

Interaction <03>Autonomous自律

自由にふるまう振り子のロボティクスには、意志が芽生えています。
発光するアームにそっと手をかざしてみてください。
自律性をそなえたロボティクスがこちらへ視線を向けるとき、
人はどんな感情を抱き、どのような対応をするでしょうか。

B3 Exhibition

B3 Exhibition
Interaction <04> Affiliation

Interaction <04>Affiliation共生

生命感をそなえたロボティクスは、もう未来の話ではありません。
彼らに声をかけたり、優しく触れてみてください。
人とのインタラクションで感情を変化させ、知性を発達させる彼ら。
ロボティクスと共生する豊かさに、その手で触れてみませんか。

Interaction <05> Association

Interaction <05>Association連帯

ロボティクスは生活のなかだけでなく、社会へと浸透していきます。
キューブ型のロボティクスは、あなたのことを見つけると、近づき、
ゆっくりと背丈を変えて、アンケートに誘います。
ぜひペンを取って、みずから問いかけてくる彼らに、率直に答えてみてください。

Affinity in Autonomy 共生するロボティクス
期間
20191214日(土)-2020113日(月)
時間
10:00-20:00
会場
Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク) Park B2/B3
東京都中央区銀座 5-3-1
https://www.ginzasonypark.jp/

ミラノデザインウィーク2019の出典情報