Information: Publicity

メディア掲載記事

"ソニー流スマートホーム"は、
関係性が「溶けて」いく

WIRED

記事ページ

Habitat Projectは、ソニークリエイティブセンターの田幸宏崇が中心となって進められた「未来のスマートホームのあり方」を探る研究活動である。まだ見ぬ未来のあり方を模索するなかで生まれた「自然のふるまいの延長線上にあるテクノロジー」の姿を披露するにあたり、田幸は、建築家の芦沢啓治をゲストに招いた。

2017.10.20

ソニーデザインが『SXSW 2017』で発表した五感を刺激する新体験

CINRA.NET

記事ページ

ソニーのクリエイティブセンターのデザイナーがコンセプトから全体の空間デザインに対してディレクションを行った『The WOW Factory』と題された500平方メートル程の広さの倉庫を貸し切った空間には、製品になる前のソニーの最新テクノロジーを使った、10点ものインタラクティブコンテンツが並んだ。

2017.04.14

物語はテクノロジーを夢見てデザイナーは物語へフルダイヴする

WIRED

記事ページ

映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』に登場する「ARデヴァイス」は侮れない。開発にソニーのデザイナーが参加したことで、本作はフィクションにとどまらず、預言に等しい意味合いをもつことになったからだ。原作者・川原礫と、ソニーのデザイナー・細田育英に迫った。

2017.04.14

そのデザインは「囲炉裏」を再構築するかもしれない

WIRED

記事ページ

「グラスサウンドスピーカー」は、全方位に均一に広がる音の技術だけでなく、人の視線を集め、その心を穏やかにするような、特別なLEDライトが搭載されている。民俗学者・畑中章宏と、同プロダクトを開発した2人の開発者の鼎談から、いまプロダクトデザインに必要なものがみえてきた。

2017.03.13

圧縮された「伝える」が「伝わる」状態で解凍される。そのコミュニケーション技術に、まだ名前は存在しない。

WIRED

記事ページ

日々、コミュニケーションの深淵さと向き合っている城ヶ野が、どうしても会ってみたかった人物が、歌人の穂村弘だ。たった31文字の短歌に、めくるめく感情を圧縮してみせる超ウィザード級の言葉の使い手から、城ヶ野はいかなる術を授かったのか。

2017.02.01

未来は、見えざる「1本の線」によって
動き出す

WIRED

記事ページ

ソニーの研究開発に携わるデザイナーの細田育英は、未来の姿を可能な限りリアルに予見するべく、たびたび街を歩き、人々の想いや感情から生まれる「見えざるつながり」に目を凝らすのだという。そして「つながり」が頭の中で一本の線となったとき、未来をかたちづくるデザインが頭の中で凝固すると語る。

2017.02.01

UXにおける「余白のデザイン」はどこまでコントロールされるべきなのだろう?

WIRED

記事ページ

山浦賢一と大木嘉人は、「ソニーらしいUXデザイン」の拡張を模索している人物。彼らはいま、日々のクリエイティヴの過程においていくつかのチャレンジをしているという。そこになにかしらの刺激をもたらすべく、2人はある人物を訪ねた。その名は水野祐。インターネットや…

2017.01.17

人の心を動かす色や手触りは、
カラーチャートを眺めていても始まらない

WIRED

記事ページ

ソニーのCMF/アートディレクターであるリッケ・ゲルツェン・コンスタインは、新宿・歌舞伎町へと足を運んだ。フランス人建築家エマニュエル・ムホーによるインスタレーション「100 colors」を体験するためである。2人の「色」のスペシャリストによる対話は、「想像とその帰結」をめぐる話題へと向かっていく…。

2016.11.16
ソニークリエイティブセンター チーフアートディレクター 田幸宏崇

ねじれてしまったモノとコトの相関関係をアート的視座から「再定義」する

WIRED

記事ページ

「モノからコトへ」…。昨今、そんなフレーズに触れる機会が増えている。ソニークリエイティブセンターのチーフアートディレクター田幸宏崇は、いまこそ、「モノからコトへ」ではなく「コトからモノへ」という視座をもつべきだと考えている。そのねじれ(=ギャップ)と向き合うべく、田幸の探求が始まった。

2016.09.01
ソニークリエイティブセンター センター長 長谷川豊

未来をつくる、インハウスデザインの
新しいあり方

WIRED

記事ページ

「ギャップに橋をかける」。そんな思弁的な取り組みを始めるにあたり、ソニークリエイティブセンター センター長・長谷川豊は、自身の常識に、まずは揺さぶりをかけてみたいという想いに至る。そのために選んだ手段が、ジェネレーションもバックグラウンドも異なる、アーティスト/映像作家 Eugene Kangawa との対話だった。

2016.07.29
左:ソニークリエイティブセンター コミュニケーションデザイナー 前坂大吾、右:パティシエ 青木定治氏

"体験"を設計するデザイナーとパティシエ

GQ JAPAN

記事ページ

デザインとは、見た目を整えることではない。モノやサービスを受け取る人のことを想い、体験が上質になるよう設計することを指す──。そんな考え方に共鳴し合う2人の人物の対談。コミュニケーションデザイナーの前坂大吾氏(左)と、パティシエの青木定治氏。異色の対談が始まる。

2016.03.31
左:groovisions 代表 伊藤弘氏、右:ソニークリエイティブセンター チーフアートディレクター 田幸宏崇

ソニーは何も終わっていない。
伊藤弘(groovisions)×田幸宏崇

CINRA.NET

記事ページ

ウォークマンやMD、プレイステーションの大ヒットで、世界的なエレクトロニクスメーカーとなった「世界のソニー」。一方、グラフィックデザインの世界で23年間、その最前線で微動だにせず、クリエイティブ集団として熱い支持を集め続けるgroovisions。その両者のデザイナー対談が実現した。

2015.11.13