Sony Design

コンテンツメニュー
Feature Design

DSC-QX100 /
DSC-QX10

これまでのカメラの常識を
解き放つ

スマートフォンとWi-Fi接続して写真を撮影できる、
レンズスタイルカメラQXシリーズ。
これまでのカメラの常識を覆した斬新な発想の裏側には、
確固たるコンセプトが貫かれています。

Concept

〈 DSC-QX100 / DSC-QX10 〉
今までのカメラの形から脱却すること

スマートフォンの登場により、写真がコミュニケーションのコンテンツとなり、ユーザーが撮る写真の枚数は飛躍的に増えています。一方で、スマートフォンのカメラ性能は上がっているものの、暗所撮影やズームの性能はまだまだカバーしきれていませんでした。そうしたときに、「スマートフォンと一緒に使うカメラ」という新しいカテゴリーがあるのではないか。この発想を原点に、社内にいくつものアイデアが浮かび上がってきました。そのアイデアを掘り下げながら、いままでのカメラらしい姿から脱却した、世の中にないカメラづくりへの挑戦がはじまりました。

シナリオから浮かび上がる輪郭

新しいカメラの形といっても、そもそもまだ世の中にない商品。ユーザーがスマートフォンとカメラを組み合わせてどのように使うのか。その使用シーンから検証する必要がありました。そのため企画段階からデザイナーが参加し、ユーザーシナリオをビジュアル化するところから着手しました。旅行やカフェ、パーティーシーンなど考えられるユースケースを洗い出し、シナリオを実際に描きながら、同時に3Dプリンターでカメラの試作モックをつくり、どのような形状がふさわしいか議論を重ねました。最終的に一番強いメッセージとして残ったのが、スマートフォン用の「交換レンズ」というコンセプトでした。レンズの形状なら、スマートフォンに付けて使うことが直感的にわかる。ユーザーがはじめて目にする商品として、この「わかりやすさ」が重要でした。

「既成概念の打破」

お客様がソニーに期待しているのは、いままでになかったユニークな商品。オーセンティックなカメラが市場の大きなトレンドになっている中で、QXシリーズでは既成概念を打ち破る新しいコンセプトを提示できたと思います。その結果、我々の予想以上に多くの方がこのカメラに注目してくれました。スマートフォンから離して、通常のカメラやスマートフォンにはできない自由なアングルでの撮影も楽しめるこのQXシリーズで、ユーザーがいろいろな写真の楽しみかたを発見し、私たちの想像を超えた新しい使いかたが生まれてくるとうれしいですね。

チーフアートディレクター 山田

Industrial Design

〈 DSC-QX100 / DSC-QX10 〉
コンセプトに貫かれた円筒という造形

スマートフォン用の「交換レンズ」というコンセプトから円筒の造形に行き着いたものの、どのようにスマートフォンに取り付けるかという別の課題がありました。スマートフォンはサイズも形状もさまざまです。アタッチメントに高い汎用性を求めると、四角い形状のものや大きなクリップのような形状になり、円筒からアタッチメントがはみ出してしまいます。しかし、円筒形でなければ、コンセプトの持つ力が半減してしまいます。そのため、アタッチメントの機構部分を何度も見直し、試行錯誤を繰り返しながら、ようやくカメラとアタッチメントが一体化した「交換レンズ」を彷彿とさせる円筒形のデザインが完成しました。

レンズクオリティーを感じさせること

造形が斬新である分、QXシリーズのデザインでは、カメラらしい表情をつくることを意識しています。そのため、外観から「いい写真が撮れそう」と感じられるように、これまでに培ってきたレンズデザインのノウハウを集約。レンズの表情は光のちょっとした反射で大きく変わるため、0.05mm刻みでデザインを調整し、さらにレンズ鏡筒の凹凸感をなくすことで、高品質なGレンズやツァイスレンズのアイデンティティーを継承しています。ただ、スマートフォンのシンプルな造形と組み合わせたときには、そのままでは造形要素が多いため、余計な部分を削ぎ落とすことで、限りなく円筒に近づけレンズのクオリティーを表現しています。

一眼カメラならではの作法まで追求

スマートフォンに付けたときに、一眼カメラのように使えること。そう考えると操作ボタンの位置も、カメラを構えたときに押しやすい理想の場所がおのずと見えてきました。さらに、カメラのペンタ部に相当するところにソニーロゴを入れ、一眼カメラのような佇まいにしています。また、スマートフォンと一緒に持ち歩くことを考え、アタッチメントは折りたたむと本体と一体化し、1本のレンズに見えるように収納時の美しさまで追求。レンズの脱着も交換レンズと同じ回転式にし、一眼カメラらしい作法にもこだわりました。すべてが機能的でありながら、一眼カメラらしさを感じられるように細部までデザインしています。

「機能を削ることで
見えてきた可能性」

このカメラは単独で成立していると同時に、何かと組み合わせることでさらに良さが生きるもの。形も単純なだけに、デザインする側もイマジネーションが湧き、いろいろな組み合わせやデザインを試したくなってきます。液晶がないというデメリットが、逆につながる先の自由度や発想を広げてくれる。機能を削ることがマイナスでなく、カメラの魅力をさらにプラスする、QXシリーズはそんな希有なカメラですね。

デザイナー 柘植