ダイバーシティ&インクルージョン

コンテンツメニュー
ACTIVITY ダイバーシティの活動ACTIVITY一覧へ GLOBAL ACTIVITIES 社内の取り組み
創業以来の自由闊達な企業風土のもと、比較的早い時期からダイバーシティを実現してきたソニー。
ダイバーシティを推進するために、国と地域の特性に合わせた取り組みを行っています。

グローバルダイバーシティフォーラム


国と地域・各ビジネスユニットのトップが参加し、取り組みについての進捗確認、情報交換等を行い、グローバルでのダイバーシティ活動を推進しています。

ダイバーシティウイーク


ソニーでは、顧客価値創造に貢献することを目的に経営方針の一環として多様性を尊重しています。ダイバーシティの一層の推進に向け、Diversity Weekを開催し、国内はもちろん世界中のソニーグループ各社でも様々なイベントを実施します。各イベントでは、これまでと異なるものの捉え方や積極的なコミュニケーションを促し、性別、人種、国籍、性的指向や障がいといった様々な多様性について深く考える機会を提供します。

2016年は、国内の「Women Leaders Meeting」や、アメリカのソニー・インタラクティブエンターテインメントにて開催する「Girl Scouts who Code」といったイベントを通じて、ビジネスやテクノロジーにおけるジェンダーギャップ解消を推進します。また、国内で開催する「無意識のバイアス」、「LGBT workshop」や「イクボス&働くママMeeting」は、誰もが最大限の能力を発揮できる職場環境づくりを目指します。加えて海外では、ダイバーシティの意義や価値について、社員が議論するオンラインイベントや異文化交流イベントなどを開催します。

引き続きソニーがダイバーシティの尊重された魅力的な職場であり続けるために、Diversity Week 2016は、社員一人ひとりが新たな気づきを得る機会となります。
日本での活動 北米での活動 アジア、中東、およびアフリカ地域での活動
日本での活動
  • 優秀事業所活動表彰

ダイバーシティ&インクルージョンの教育・啓発


ダイバーシティ&インクルージョンについて理解を深めることを目的に、教育・研修や講演会、ダイバーシティメッセージ(人権標語)募集・優秀事業所活動表彰を実施。国内ソニーグループ会社と連携した活動を展開しています。
DIVI:Diversity Initiative for Value Innovation
多様性という視点で改めて会社の中を見直し、よりクリエイティブで活気に満ちたソニーにしていくために解決すべき課題を見つけるとともに、自律した社員の一人ひとりが個性を活かしつつ、その能力を存分に発揮できる環境を目指す社員活動です。
女性登用活躍推進
女性社員がさらにキャリア意識を向上させるための施策:キャリアを考える座談会:ロールモデルや同僚との情報交換を通じて、自らのキャリアを考える場を提供しています。 イントラネットでの情報発信:様々な領域で活躍している先輩社員の、キャリアや仕事に対する考え方を紹介しています。
マネジメント向けの施策:部課長ワークショップ:マネジメントが部下とのコミュニケーションにおける気づきを得て、部下育成の必要性を理解する場にしています。
両立社員のキャリア形成のための施策:両立支援コミュニケーションサイト:仕事と育児・介護などライフイベントの両立を、支援するためのアドバイスを掲載しています。 社員の意識に働きかけるイベント:ワークライフバランスをテーマにした講演会、育児休職中・復職後の社員を対象にしたWorking Parent's Meetingなどを実施しています。
女性活躍推進法:ソニー株式会社 女性活躍推進に関する行動計画
行動計画について詳しくはこちら

ポジティブ・アクション宣言:ソニー株式会社女性活躍推進宣言

障がい者雇用推進


「障がい者だからという特権なしの厳しさで、健丈者よりも優れたものを」とのソニー創業者井深大の理念を受け継ぎ、「障がいを感じない、感じさせない、働き甲斐のあるソニーらしい障がい者雇用」の実現に向け、様々な活動に取り組んでいます。

障がい者への配慮:ソニーでは、障がいのある人は、一人ひとりの状況が違うため、各自にあった配慮を行っています。
障がい者採用:ソニーグループ合同で採用イベントを行うなど積極的な採用活動を展開しています。
ソニーグループ就職フォーラム ソニーは、障がいのある人が、多様な選択肢を持てるようにしたいとの考えのもと、エレキ・金融・エンタなど様々な業態が参加してソニーグループ合同の就職イベントを開催しています。
特例子会社:特例子会社であるソニー・太陽株式会社、ソニー希望・光株式会社で多くの障がいのある社員が活躍しています。
特例子会社のHPはこちら
ソニー太陽
ソニー希望・光
夢の実現に向かって:ソニー・太陽で代表取締役社長を長年努めた長田博行が、社長退任を機に、創立以来の30年を、オン/オフの思い出とともに振り返ります。

LGBT社員活躍推進


人事関連制度の適用:ソニーでは、LGBTの社員が、自分らしさを活かし、個性が尊重される職場環境を整備する取り組みの一環として、配偶者に適用される人事関連制度の一部(結婚祝い金や忌引き、家賃補助、社員家族イベントへの参加など)を同性パートナーにも適用しています。
社内での理解促進施策:ダイバーシティ研修 e-Learning の実施:全社員を対象としたe-Learning研修の中で、LGBTを取り上げ、思い込みからくる差別をなくし、LGBT社員が働きやすい環境整備の必要性を説明しています。 LGBT Workshopの開催:LGBTに関する基礎知識や当事者が抱える悩み等を理解し、周囲の社員が出来ることは何かを考えるWorkshopなどを開催しています。

※LGBTとは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexuality)、トランスジェンダー(Transgender)の頭文字をとった総称です。

北米での活動

  • 平井社長を囲むLGBT社員&支援グループメンバーと米国法人マネジメント

  • ソニー・エレクトロニクス プレジデント 兼 COOマイケル ファスーローとヒスパニック系の社員ネットワーク

  • サンディエゴのLGBTQ(欧米では、LGBTに加え、Queer(クィア)の人々をまとめて呼称する頭字語)パレードに参加するソニー社員チーム

ソニー・エレクトロニクス


ソニー・エレクトロニクス(以下SEL)は、ダイバーシティを経営に欠かせないものであると捉えています。SELには多様な人材が集い、社員一人ひとりの意見が尊重されるインクルーシブな企業風土が醸成されており、誇りを感じながら働ける職場環境があります。世界中の顧客が望む商品やサービスを自由に開発・創造する「場」がSELにはあります。そこでは、幅広いアイデアや意見が尊重され、新しいライフスタイルを提案する商品が生みだされています。

SELのダイバーシティ&インクルージョンは以下の活動を推進しています。
  • さまざまな顧客とつながりを持ち、その経験や価値観、要望を理解する。
  • 地域社会に拠点を置く専門家グループ、教育機関、市民団体などと長期的に良好な関係を育てることで、多様なコミュニティの育成を支援する。
  • 多様な社員、顧客、サプライヤーとのつながりの強化を促進する内外の組織や企業と連携する。
  • ビジネスに寄与するために、ネットワーク・グループを通じて社員をサポートする。このネットワーク・グループでは専門的能力の開発、チームワーク強化を促進する。
  • 人材開発やネットワークづくりを通じて、女性の自己成長や専門分野での成長を促進する。
  • 多様なライフスタイルをサポートしながら、仕事と家庭生活の両立に向けた支援を提供する。
  • 社内および地域社会の双方において、経験豊かな退職者や障がい者へのサポートと教育に注力する。

更に以下を実践しています。
  • 地域のLGBTQプライドパレードなどの活動へのマネジメントや社員の参加
  • 女性史月間および年間を通じた女性リーダーの表彰
  • 社員の子どもたちをオフィスに招待するイベントや5キロラン-ウォークイベントなどによるワークライフバランスの実践
  • オンサイトでの実践学習や発展活動

  • Employee Business Resource Group (EBRG)に参加するソニー・ピクチャーズ エンタテインメント社員

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


世界中の何億人もの人々に向けた数多くのコンテンツを保有しているソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)にとって、ダイバーシティ&インクルージョンはビジネス戦略の中核です。個々の才能を称え違いを認め合うこと、そしてそれが多様な社員による貢献につながることをめざして、社員に向けたさまざまなダイバーシティ&インクルージョンのプログラムを提供しています。

SPE独自のプログラムの一つに、社員たちによって結成されたグループ「Employee Business Resource Group:EBRG」があります。EBRGは、人脈づくり(ネットワーキング)とさまざまな対外活動の機会を通じて、専門的能力の開発を支援することを目的としています。具体的には、講演会、キャリア開発セミナー、パネルディスカッション、ボランティア活動、社交/文化行事を主催しています。
アジア、中東、およびアフリカ地域での活動

急速に成長するアジア、中東、そしてアフリカ(AMEA)地域で数多くの事業を展開する中、多様かつ多才な人材が活躍できる職場にするため、ソニーは、AMEA地域において従業員エンゲージメントのさらなる拡大を促進し、社内のイノベーションと創造性を推進できるよう配慮しています。


この地域でのダイバーシティ&インクルージョンのプログラムは、様々なレベルの女性の障壁を取り除くことを通じて、各地域での男女平等を促進・改善することに重点をおいています。また、年齢や家庭環境の違いによる差別の撤廃にも積極的に取り組んでおり、労働や育児休暇などの柔軟さも成果の一つです。また、性別や年齢にかかわらず、すべての従業員が参加できる研修コースのほか、優れた人材を対象にしたリーダシップ・プログラムや人材開発プログラムも提供しています。


これらの取り組みの具体例の一つとして、インド拠点で働く女性に向けた活動をご紹介します。「Town Hall for Women(女性のためタウンホールミーティング)」では、女性社員が働きやすい環境づくりをめざし、それぞれの女性社員が抱える職場における悩みや不安、提案をオープンに共有できるような機会を提供しています。この活動を通して、女性社員が日没前に帰宅できるようにする、予防的健康診断プログラムを保証するといった取り組みが提案され、実現に至りました。さらに、「Anytime at Your Service(いつでもご用件を承ります)」と呼ばれる特別なヘルプデスクを設置し、働く女性が仕事と生活のバランスを容易かつ効率的に取れるよう支援しています。ヘルプデスクでは、外部のプロバイダーの協力の下、食料品の買い物や薬の購入、銀行手続きのサポート、花やケーキの配達、法律相談、レジャー活動など、多くのサービスを提供しています。


別の地域の事例としては、シンガポールで発足したソニーのプログラム「Fresh Minds」があります。これは、高い可能性を持ったアジア太平洋地域出身の新卒者を、ソニーの未来のリーダーに育てることを目的とした活動です。
このプログラムを通じて、新卒者は以下のスキルを身につけることができます:

  • どの国でも、あるいはソニーのどの事業グループでも、多様性のあるチームを率いる
  • 戦略的計画立案、および人員管理能力
  • 社内および社外のステークホルダーの広大なネットワーク
  • 上級管理職のビジョンを共有し、それらを行動で表すことができる。

ソニーは引き続き、AMEA地域における現行のダイバーシティ&インクルージョンのプログラムの強化のほか、同地域の経営環境の変化に沿った新たな活動強化や、さらなる従業員の問題解決のサポートに向けて努力していきます。

このページの先頭へ