ダイバーシティ&インクルージョン

コンテンツメニュー
ACTIVITY ダイバーシティの活動イベント・活動実施報告へ 活動レポート ソニー LGBTに関する取組みが評価され、「PRIDE指標」で最高評価の「ゴールド」を2年連続受賞
2017年10月11日(水)経団連会館で「work with Pride2017(以下、「wwP※1」)」が開催されました。「LGBT※2」の人々が自分らしく働ける職場づくりのための情報提供を行うことを目的に毎年開催されているwwP。6回目となる今年は、「LGBT」の人達が職場でカミングアウトすることの難しさ、継続的なインクルーシブな風土づくりの重要性について活発な議論が行われました。企業等でのLGBTについての取り組みを評価する「PRIDE指標2017」表彰式では、ソニーGPからはゴールド12社、シルバー1社、ブロンズ5社がそれぞれの賞を獲得しました。

  • 表彰式の様子
  • 表彰状 ソニー株式会社様 PRIDE指標2017においてゴールドを獲得され日本におけるLGBTなどの性的マイノリティも自分らしく働ける職場づくりに多大な貢献をされました これまでの取り組みに深く敬意を表するとともにより一層の取り組みの推進を期待しここにこれを表彰します 2017年10月吉日 wwP PRIDE指標運営事務局

work with Pride 2017

今年のwwPは、メインセッションとサブセッションの2部構成で行われました。

メインセッション

世界動向に関する基調講演と当事者が参加するパネル・ディスカッション、企業のLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標 2017」の結果発表が行われました。当事者が参加するパネル・ディスカッションでは、「国際的なカミングアウト・デーに考える」と題し、グローバル視点・国内視点を盛り込みながら「グローバル動向から学ぶこと:Coming Out? Or Not?」「日本の職場でのカミングアウトの今」の2つのテーマで議論が行われました。
「グローバル動向から学ぶこと:Coming Out? Or Not?」のセッション
米国法人ソニー・エレクトロニクス・インク、法務部、ディレクター トリスタン・ヒギンズがパネラーとして登壇し、「カミングアウトはなぜ難しいのか?」について自身の体験を交えながら、職場でありのままの自分でいられることは、自分にとっても会社にとってもよいことであるとの話がありました。
「日本の職場でのカミングアウトの今」のセッション
日本の職場でカミングアウトしている当事者3名が登壇し、「企業も短期的な成果ではなく、次の世代のためにも活動を継続していくことが重要。」「カミングアウトしていても、いなくても、アライ(理解者)の存在が大きく、カミングアウトできない人がいることを前提に、行動することが大切。」「一人ひとり状況や考え方に違いがあり、一つの施策が全員にマッチするとは言えず、多様な施策を継続していくことが重要」といった話がありました。

  • パネルセッションの様子
当事者パネル「国際的なカミングアウト・デーに考える」
  1. 「グローバル動向から学ぶこと:Coming Out? Or Not?」
    • Global Leader、Marketplace Diversity and Workforce Engagement Services、 IBM Corporation Tony Tenicela 氏
    • Director、Law Department、Sony Electronics Inc. Tristan Higgins 氏
    • ドイツ証券株式会社 株式営業統括部ディレクター 柳沢 正和 氏
    • 国際 NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ 東京代表 土井 香苗 氏(モデレータ)
  2. 「日本の職場でのカミングアウトの今」
    • 文京区議会議員 前田 邦博 氏
    • 日本テレビ放送網株式会社 プロデューサー 谷生 俊美 氏
    • freee株式会社 採用マネージャー 吉村 美音 氏
    • ソニー株式会社 人事センター ダイバーシティ開発部 統括部長 大庭 薫 氏(モデレータ)

サブセッション

「同性パートナーシップ制度」「トランスジェンダーへの配慮」「性的指向・性自認に関するハラスメント(SOGIハラ)」「組織内の風土づくり(アライ、当事者ネットワーク)」の4つの個別テーマにフォーカスし、議論や意見交換が行われました。

  • サブセッションの様子
2017PRIDE指標 ソニーグループ結果一覧
<ゴールド>
ソニー株式会社 / ソニービジュアルプロダクツ株式会社 / ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社 / ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 / ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社 / ソニーストレージメディアソリューションズ株式会社 / ソニーマーケティング株式会社 / ソニーリージョナルセールス株式会社 / ソニーコンスーマーセールス株式会社 / ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 / 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント / フェリカネットワークス株式会社
<シルバー>
ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社
<ブロンズ>
ソニーピーシーエル株式会社 / ソニーグローバルソリューションズ株式会社 / ソニーストレージメディアマニュファクチャリング株式会社 / ソニーエナジー・デバイス株式会社
PRIDE指標とは
性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体wwPが、構成団体である、認定特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ、特定非営利活動法人虹色ダイバーシティによる採点を行い、獲得点数に応じてゴールド、シルバー、ブロンズの企業・企業グループ・団体を表彰するもの。
※1 work with Pride(wwP):
2012年に日本アイ・ビー・エム株式会社が、国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチと共同で日本でのLGBT従業者支援に関するセミナーを企画したことから始まりました。後に、認定特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズと特定非営利活動法人虹色ダイバーシティが加わりました。work with Prideの目的は、日本における企業内で「LGBT」の人々が自分らしく働ける職場づくりを進めるための情報を提供し、各企業が積極的に取り組むきっかけを提供することです。この目的を達成するために、work with Prideでは協力企業を募って会場を提供いただき、企業の人事・ダイバーシティ担当者を主な対象に、LGBTに関するセミナーを年に一回開催しています。
※2 LGBT:
レズビアン(女性の同性愛者)、ゲイ(男性の同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(性別移行(性同一性障害)を含む)の頭文字から作られた頭字語)
このページの先頭へ