アジア、中東、およびアフリカ地域での活動

急速に成長するアジア、中東、そしてアフリカ(AMEA)地域で数多くの事業を展開する中、多様かつ多才な人材が活躍できる職場にするため、ソニーは、AMEA地域において従業員エンゲージメントのさらなる拡大を促進し、社内のイノベーションと創造性を推進できるよう配慮しています。

この地域でのダイバーシティ&インクルージョンのプログラムは、様々なレベルの女性の障壁を取り除くことを通じて、各地域での男女平等を促進・改善することに重点をおいています。また、年齢や家庭環境の違いによる差別の撤廃にも積極的に取り組んでおり、労働や育児休暇などの柔軟さも成果の一つです。また、性別や年齢にかかわらず、すべての従業員が参加できる研修コースのほか、優れた人材を対象にしたリーダシップ・プログラムや人材開発プログラムも提供しています。

これらの取り組みの具体例の一つとして、インド拠点で働く女性に向けた活動をご紹介します。「Town Hall for Women(女性のためタウンホールミーティング)」では、女性社員が働きやすい環境づくりをめざし、それぞれの女性社員が抱える職場における悩みや不安、提案をオープンに共有できるような機会を提供しています。この活動を通して、女性社員が日没前に帰宅できるようにする、予防的健康診断プログラムを保証するといった取り組みが提案され、実現に至りました。さらに、「Anytime at Your Service(いつでもご用件を承ります)」と呼ばれる特別なヘルプデスクを設置し、働く女性が仕事と生活のバランスを容易かつ効率的に取れるよう支援しています。ヘルプデスクでは、外部のプロバイダーの協力の下、食料品の買い物や薬の購入、銀行手続きのサポート、花やケーキの配達、法律相談、レジャー活動など、多くのサービスを提供しています。

別の地域の事例としては、シンガポールで発足したソニーのプログラム「Fresh Minds」があります。これは、高い可能性を持ったアジア太平洋地域出身の新卒者を、ソニーの未来のリーダーに育てることを目的とした活動です。
このプログラムを通じて、新卒者は以下のスキルを身につけることができます:

  • どの国でも、あるいはソニーのどの事業グループでも、多様性のあるチームを率いる
  • 戦略的計画立案、および人員管理能力
  • 社内および社外のステークホルダーの広大なネットワーク
  • 上級管理職のビジョンを共有し、それらを行動で表すことができる。

ソニーは引き続き、AMEA地域における現行のダイバーシティ&インクルージョンのプログラムの強化のほか、同地域の経営環境の変化に沿った新たな活動強化や、さらなる従業員の問題解決のサポートに向けて努力していきます。

このページの先頭へ