研究者を目指す女子大生・大学院生がソニーコンピュータサイエンス研究所を訪問!

研究者を目指す女子大生・大学院生がソニーコンピュータサイエンス研究所を訪問!~リケジョ育成活動に協力~

2015年8月19日(水)、19名の女子学生がソニー歴史資料館とソニーコンピュータサイエンス研究所(以下ソニーCSL)を訪問しました。「ソニー見学会」と名付けられた本イベントは、お茶の水女子大学、芝浦工業大学、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)が連携し、平成26年度よりスタートした「女性研究者研究活動支援事業(連携型)」の一環として実施されたもの。女子大学生(大学院生含む)に、工学分野に興味・関心を持ってもらい、同分野の女性研究者比率の向上を目的にしている活動です。ソニー(株)は、お茶の水女子大学と連携し、リケジョ(理系女子)の育成に積極的に取り組んでいます。研究志向を持った学生に対して、工学系の仕事について具体的なイメージを持ってもらうことを目指して、ソニーのDNAを感じることができるソニー歴史資料館の見学と、ソニーCSLの研究員との対話という場を提供しました。当日の様子をレポートします。

プログラム概要

  • ソニー歴史資料館見学
  • ソニーおよびソニーCSLについて説明・ソニーCSLの見学
  • ソニーCSL研究員 ナターリヤ・ポリュリャーフさん講演
  • ソニーCSL研究員 茂木健一郎さん講演
  • ナターリヤさん・茂木さんとの交流会

ソニーについて説明

ソニー(株)ダイバーシティ開発部 森

ソニー歴史資料館見学

歴史資料館では、創業当時からの開発品や製品を見学し、ソニーのファウンダー(故井深大、故盛田昭夫)のメッセージ映像を視聴。ソニーがこれまでお客様に感動を届けてきた歴史とともにダイバーシティ活動に関する説明を行いました。

ソニーCSLについて説明

その後、ソニーCSLへ移動。
ソニーCSLでは、シニアジェネラルマネージャーの夏目哲さんから、研究所の理念である「人類の未来のため」ヘの研究についての説明につづき、1988年研究所設立からの研究テーマの流れと、アフリカにおけるエネルギーサーバー実証実験、沖縄における電力融通ネットワークなど、映像を交えながら具体的な活動についての紹介がありました。

ソニーCSL 夏目

ソニーCSL研究員 ナターリヤ・ポリュリャーフさん講演

ソニーCSLの研究員であるナターリヤ・ポリュリャーフさんは、「美容と健康」について、『遺伝子スイッチ・ヒトゲノム・アンチエージング』など、ご自身の研究テーマを日常的な体験から、わかりやすく解説。自身のキャリアと経験からヒントを得ながら、研究を進めていること。パッション(情熱)が自身の強みであることなどを話しました。

美しく・愉しく・そして自分が喜ぶことが重要とのメッセージに、参加者に笑顔が広がるひと時となりました。

最後に、柔軟で、芯のある自分でありたいとの言葉で締めくくりました。

ソニーCSL ナターリヤ

ソニーCSL研究員 茂木健一郎さん講演

茂木健一郎さんの話は「今、一番面白いと思うことを話します」の第一声でスタート。自身の研究テーマである人工知能(AI)は、人間のIQをはるかに凌駕するもので、これから良い面も悪い面も含めてどんどん進化していくこと、ただし、人間の個性にあたる部分は非常に複雑で、AIで表現することはむずかしいことなどを説明しました。f

-人間の最大の能力はパーソナリティ
-女性は右脳と左脳のバランスがよく共感能力が高い
-女性ならではのパーソナリティを活かした研究をしてほしい

と、女子大学生に向けた力強い励ましのメッセージで話を締めくくりました。

ソニーCSL 茂木

ナターリヤさん・茂木さんとの交流会

「専攻は?」「オタクの人はいますか?」など茂木さんからの質問に学生の皆さんもリラックスムード。学生さんからの質問に対しては、茂木さんは、一人ひとりと対話をするように体を動かしながら、ナターリヤさんは、自身の外国人としての視点や経験を踏まえ、丁寧に受け答えしていました。

ソニーCSL内の見学を終え、それぞれの夢を胸に解散。
参加いただいた皆さんからは、「普段の研究とは違い刺激を得ることができました。」「講演が面白く楽しかった。」「将来についての考え方が少し変わった。」「本物の茂木先生に会えた!楽しかった。」などの感想をいただきました。

経歴紹介

  • ナターリヤ・ポリュリャーフ
    / 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所アソシエイト リサーチャー。旧ソビエト連邦(現ロシア連邦)出身。ウクライナ、ベラルーシにルーツを持つ。東京大学医科学研究所(The Institute of Medical Science, The University of Tokyo)にて研究者生活を送り、お茶の水女子大学で理学博士号を取得後、産業技術総合研究所を経て、2006年に株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。遺伝子情報の解析をしながら、老化防止のメカニズムの解明と応用を追求している。現代社会でキャリアを積む女性向けのアンチエイジング戦略「Pre-emptive transformation」で、“美容”や“不妊”の対策といった観点から研究を行う。
  • 茂木健一郎(もぎけんいちろう)
    / 脳科学者。株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学、大阪大学、早稲田大学非常勤講師。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究するとともに、文芸評論、美術評論にも取り組んでいる。2005年、『脳と仮想』で、第四回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。2006年1月より、2010年3月まで、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』キャスター。

主催:

協力:ソニー株式会社

参考:

このページの先頭へ