ソニーグループがLGBTについての取り組み指標『PRIDE指標』でゴールド認定

ソニーグループがLGBTについての取り組み指標『PRIDE指標』でゴールド認定

ソニーグループは、LGBTについての取り組み指標『PRIDE指標』において、ゴールドの認定を受けました。特に、人事制度、福利厚生(*1)等において、同性パートナーも配偶者と同等の扱いを受けられるようにしている点が高く評価されました。

表彰式会場
人事センター長 望月(中央)とダイバーシティ担当者
表彰状 ソニーグループ様 PRIDE指標2016においてゴールドを獲得され日本におけるLGBTなどの性的マイノリティも自分らしく働ける職場づくりに多大な貢献をされました これまでの取り組みに深く敬意を表するとともにより一層の取り組みの推進を期待しここにこれを表彰します 2016年10月吉日 wwP PRIDE指標運営事務局
  • *1)人事制度、福利厚生:
    転勤時の単身赴任判定や別居手当、慶弔金、慶弔休暇、ランドセル贈呈式、ファミリーデー(職場見学会)、ベビーシッター補助、育児休職、育児短時間勤務、介護関連諸制度の被介護者の条件、ソニーファミリーカードの適用など

ソニーグループ PRIDE指標ゴールド認定

Policy(行動宣言)

ソニーグループ ダイバーシティステートメントにて会社としてLGBT等の性的マイノリティに関する方針を明文化し、インターネット等で社内・社外に広く公開。

Representation(当事者コミュニティ)

アライ(*2)を増やす取り組みと相談窓口の設置が評価

  • Diversity Week中のLGBT Workshop開催
  • Tokyo Rainbow Prideへの社内ボランティア募集
  • アライネットワーク SNSの活用
  • *2)「アライ」とは、英語で「同盟、支援」を意味するallyが語源。LGBTの当事者ではない人が、LGBTといった性的マイノリティを理解し支援するという考え方、あるいはそうした立場を明確にしている人々を指す。

Inspiration(啓発活動)

  • Family Day等社内見学イベントの対象に同性パートナーを含むことを発表
  • Diversity Week中のLGBT Workshop開催
  • 全社員を対象としたe-LearnigにLGBTを取り上げ働きやすい職場環境の必要性を説明

Development(人事制度・プログラム)

  • 同性パートナーへの福利厚生制度適用

Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

  • 2013年~ work with Pride 参加
  • 2015年~ Tokyo Rainbow Pride参加

LGBTについての取り組み指標『PRIDE指標』について

性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体work with Pride(以下、「wwP」)が、日本で初めてとなる、LGBTについての企業等の取り組み指標を策定。wwPの構成団体である、認定特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ、特定非営利活動法人虹色ダイバーシティによる採点を行い、獲得点数に応じてゴールド、シルバー、ブロンズの企業・企業グループ・団体を表彰、および顕著な取り組みついては、ベストプラクティスとして、10月26日に東京の第一生命ホールで開催されたセミナーにて発表が行われました。

ゴールド認定 53 企業・企業グループ・団体

5つの指標について、それぞれ要件を満たしていれば1点を付与。すべての指標を満たし5点満点となった企業・団体。

シルバー認定 20 企業・企業グループ・団体

5つの指標について、それぞれ要件を満たしていれば1点を付与。4点を獲得した企業・団体。

ブロンズ認定 6 企業・企業グループ・団体等

5つの指標について、それぞれ要件を満たしていれば1点を付与。3点を獲得した企業・団体。

詳細については、「PRIDE指標2016レポート」をご参照ください。

PRIDE指標とは

wwPが目指す「企業等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ために策定。5つの評価指標の名称は、PRIDEの各文字に合わせて、

  1. Policy(行動宣言)
  2. Representation(当事者コミュニティ)
  3. Inspiration(啓発活動)
  4. Development(人事制度・プログラム)
  5. Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

としています。指標内容は、日本企業の取り組み状況に応じて、年単位で適宜、見直しが行われる予定です。

詳細については、「PRIDE指標」をご参照ください。

work with Prideについて

企業などの団体において、LGBT、すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体。
2012年に日本アイ・ビー・エム株式会社が、国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチと共同で日本でのLGBT従業者支援に関するセミナーを企画したことから始まりました。後に、認定特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズと特定非営利活動法人虹色ダイバーシティが加わりました。
work with Prideの目的は、日本における企業内で「LGBT」の人々が自分らしく働ける職場づくりを進めるための情報を提供し、各企業が積極的に取り組むきっかけを提供することです。
この目的を達成するために、work with Prideでは協力企業を募って会場を提供いただき、企業の人事・ダイバーシティ担当者を主な対象に、LGBTに関するセミナーを年に一回開催しています。

このページの先頭へ