R&Dセンター ヨーロッパ
シュトゥットガルト研究所2

トップメッセージ

Dr. Gabriele Nelles

Head of Laboratory

ドイツに拠点を置くシュトゥットガルト・ラボラトリー2(SL2)は、国際的かつ熱意あふれるチームメンバーで構成されており、材料デバイスの研究開発に日々取り組んでいます。

私たちのミッションはソニーのビジネスを支え、将来の種まきを行うことです。新素材の特定とそれに関する技術開発を行い、既存製品の向上や新規用途の開拓に力を注いでいます。SL2のメンバーは、化学、物理、バイオテクノロジー、数学、工学に関する深い専門知識を有しており、ソニーの独自性と差別化を図るための科学的ソリューションを提供します。プロジェクトの壁を越え、学際的な交流とコンピテンシーの共有を図る全体的アプローチが私たちの研究スタイルです。

1300 m2に及ぶ広大な研究所には最先端の装置が備わっており、学会や業界の名高い専門家たちとの共同研究も行われています。

主な研究活動

1997年の創設以来、SL2はエキサイティングで多岐にわたる材料科学の研究課題に取り組んでいます。
顧客価値とユーザー体験の向上を目指し、ソニーの既存商品や次世代の商品に向けた新しい素材、デバイス、IPの創出に貢献しています。

私たちは以下の分野で強みを発揮しています。

  • 分子設計、マテリアル合成、高い科学水準の特性解析
  • 材料からデバイスへの実装
  • 実験および実験装置の設計と組立
  • メカニズムの解明
  • 品質管理と不具合解析
  • 国際標準化

SL2の研究活動には、材料デバイスの研究開発という技術的側面と、ソニーのビジネスパートナーの相談や問い合わせへのサービス・検証を行うアドバイザリー的な側面の2つがあります。

イメージング&ソリューションプラットフォーム

次世代ブランデッドハードウェアの開発に貢献:マテリアルの設計・生成・検証、メカニズムの研究とシミュレーション

多感覚型ユーザー体験

人間のすべての感覚(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)について取り組み、多感覚的なユーザー体験を実現する技術の開発と組み合わせ

環境コンプライアンス&不具合解析

不具合や原因解析、環境コンプライアンス&品質管理において、ソニーの各事業部やR&Dのパートナーへのサポート

国際標準化

技術標準化委員会メンバー

プロジェクトの革新

アイデア創出とイノベーション、継続的な学習と成長、新しいテーマの作成

所在地

Sony Europe B.V. Zweigniederlassung Deutschland
R&D Center Europe Stuttgart Laboratory 2

Hedelfinger Strasse 61
70327 Stuttgart
Germany