VISION-SMENU

ADAPTABILITY

外と結ばれ、車は自らを育て続ける。

あらゆる製品、あらゆるデータがつながり合う時代。この車もまたネットワークの一端となり、
ソフトウェアはネット経由で常に進化し、育ち続けます。すなわち従来の「機能が既に決められている、独立したシステム群」から「連携・統合され、成長可能な高度なシステム」へ。ソニーは、
ネットワークで車の終わりなき成長を実現し、そしてその先に、一台と長く付き合える環境負荷の低い車社会を見つめています。

PERSONALIZED CABIN

それは、人に寄り添い、理解する車です。後部座席に寝ている人を感知すると、そのシート周辺だけ温度を自動的に調整。さらに好みの室温や音楽、ドライビング設定やルート、さまざまなドライバーやパッセンジャーの
好みについて学びを重ね、乗る度に「気の利く」パートナーへと成長していく車を目指します。

UPDATABLE SYSTEM

これからの車に「完成」はないのかもしれません。車のソフトウェアは歳月を経て繰り返しアップデートされ、新たなモビリティプラットフォームの一部として、クラウドAIと学習連携し、さらなる高知能化・高性能化・
高効率化が可能になっていきます。乗り続けるほどに車が進化し、体験がより豊かにその魅力を新たにします。

記載内容およびプロトタイプ車両は、将来のコンセプトを示すためのものです。

このページの先頭へ