SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

VISION-SMENU

ENTERTAINMENT

より快適な感動空間の実現へ
5Gの普及と自動運転の高度化により、これからの車内空間はまるでリビングのようなくつろぎの場所へ。そんな進化に先回りし、VISION-S Prototypeのキャビンは、最大限にエンタテインメントを楽しめる感動空間を目指しています。各シートには、全身を取り囲む音場と贅沢な映像の楽しみを用意しました。さらに、エルゴノミクスに基づき設計された直感的なUIが、移動空間という制約を超えた深い快適と没入感をもたらします。

360 Reality Audio

So immersive. So real.

新たに設計されたオーディオシステムでは、"360 Reality Audio" により、車内で全方位から音に包み込まれるような没入感のある立体的な音場を体験できます。ソニーの立体音響技術を活用し、アーティストは360度の全天球に自由に音を配置でき、ドライバーとパッセンジャーにはアーティストの意図した音楽を鮮烈な臨場感で提供します。

パノラミックスクリーン

車内幅いっぱいに連なるパノラミックスクリーンは、日々の車室内空間に映画やゲームなどの映像コンテンツを満喫する贅沢をもたらします。また、水平基調にまとめ、ドライバーの視線移動を考慮し、エルゴノミクスに基づき設計されたUIは直感性にきわめて優れ、ドライバーとパッセンジャーがそれぞれ自在にコンテンツへとアクセスできます。

リモートプレイ

センターディスプレイとパッセンジャーディスプレイでは、自宅のPlayStation®と5Gを介して遠隔で連携。車内でも最新ゲームをプレイできます。映像表現に適した大画面なので迫力があり、充電中や駐車中など、車での待ち時間に存分に楽しむことができます。

リアシートエンタテインメント

リアシートにも10.1インチのスクリーンを配置。乗員それぞれが個別のエンタテインメントコンテンツを楽しむことができます。

直感的で快適なUX

L 字に素早く画面をスワイプするだけで表示画面を隣のディスプレイへと受け渡すことができる「L-Swipe」。運転席と助手席の水平連携はもちろん、リアシートのスクリーン操作も前席から手軽に行えます。また、タッチスクリーンだけではなく、リーンバック中も手が届くジョグダイアルや DualShockなど、多彩な入力スタイルを搭載しました。他の乗員や車両を含むあらゆる周辺環境と自然な動作で対話できる、次世代のインタラクションを目指しています。
触覚タッチスクリーン
ダイアルノブ
ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)

記載内容およびプロトタイプ車両は、将来のコンセプトを示すためのものです。

このページの先頭へ