SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

ブランド

キミの「好き」が、いつか世界を夢中にさせる。

キミはいま、毎日、何にワクワクドキドキしていますか。その「好き」という気持ちは、実はものすごい可能性を秘めています。誰かを楽しませ、喜ばせ、驚かせ、新たなチカラを与えることさえできます。でも、伝える方法やカタチにする方法がわからないと、いつの間にか消えてしまったりもします。それじゃつまらない。だから、ソニーのテクノロジーとプロのクリエイター、そして同世代の仲間と一緒に、キミの「好き」で、誰かの心に届くエンタテインメントを創ってみませんか。エンタテインメントってよく聞くけど、結局、何?そう思ったキミ。たとえば、ゲームやアニメ、音楽、映画。魅力的なキャラクターや物語。歌やダンス…どれも正解。エンタテインメントは、一人ひとりが「好き」を表現して、世界をもっともっと面白くすること。これまでの枠にはおさまらない未来のエンタテインメントが、外に出たくてウズウズしているキミの「好き」から生まれてきます。みんなで悩み、汗をかき、笑う。ずっと忘れない、この年にしかできない体験へようこそ。

「エンタメのブカツ」とは?

未来のエンタテインメントを生み出す人を育成・応援する「Sony Creators Gate」の新しいプログラム。中高生がAIと共創する「ミュージックビデオ制作部」と、小学生のクリエイティビティを育む『STEAMワークショップ部』の2つのブカツで構成されています。

⼩学⽣のブカツは、STEAMワークショップ部、童謡『こぶたぬきつねこ』の世界をみんなで作ろう

※STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(⼯学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の頭⽂字。これからの時代に必要な基礎能⼒を養う「STEAM教育」が提唱されています。

「吉岡聖恵の毎⽇がどうよう⽇〜家族で歌おう!〜」とのコラボレーション

⼩学⽣のブカツは「吉岡聖恵の毎⽇がどうよう⽇〜家族で歌おう!〜」とのコラボレーション企画。

課題曲は『こぶたぬきつねこ』。楽曲の世界観を、参加されるみなさんで作り上げてください。

対話し、考え、カタチにする。楽しみながらそんな体験をしてみませんか?

いきものがかりのボーカル吉岡聖恵さんが⼦どもの頃から慣れ親しんできた童謡や唱歌の素晴らしさをご紹介するソロプロジェクトです。

応募のステップ 童謡『こぶたぬきつねこ』の場面を想像してみよう!

吉岡聖恵さんが歌う「こぶたぬきつねこ」を聴いて、お子さんと保護者の方で対話をしながら、
動物たちのいる場面について想像してみましょう。

  • 聴いてみよう

  • 対話してみよう

  • 応募しよう

    参加したい
    ワークショップを
    選んで応募しよう!

ワークショップ

作り上げた動物たちの世界観は、ワークショップでのエンタメ体験を通じてさらに広がります。

4つのワークショップがみなさんをお待ちしています。

4つのワークショップを、2⽉〜3⽉にオンライン開催。参加費無料。応募締切:2021年1月31日(日)

4つの中から参加したいワークショップを1つ選んでください。お子さんと保護者の方とで参加いただけます。

各ワークショップの内容や応募方法など、詳しくはこの先をチェック!

※希望されるワークショップの応募者が定員を上回る場合は、抽選とさせていただきます。

CurioStep ゲームづくりワークショップ

身近なアイデアを形にできるIoTブロック「MESH™」と、⼦どもたちの創意⼯夫を引き出すロボットトイ「toio™」を活用し、プログラミングで動かしながら、家族や友だちと⼀緒に遊べるオリジナルのゲームづくりにチャレンジ。ワークショップの中では、プログラミングの考え⽅に触れたり、⾯⽩いゲームを考えるコツについてのレクチャーをきくこともできます。
約2週間、全2回のオンラインワークショップ(各回120分)で構成。
第1回はプログラミングの考え方、MESH・toioの使い方について学び、2種類のツールを組み合わせて家族や友だちと一緒に楽しめるゲームづくりに挑戦していただきます。
第2回はみんなで作品の動画をみながら、それぞれ工夫したところを発表してもらい、他の参加者の作品についてどんなところが良かったかをお互いにコメントします。

※第1回から第2回までの間に、各自ご自宅でゲームを作り、遊んでいる様子を動画撮影して指定の場所に投稿していただきます。

参加⽅法など詳しくはこちら
⽇時

Aグループ:

第1回2021年2月23日(火・祝)10:00-12:00
第2回2021年3月6日(土)10:00-12:00

Bグループ:

第1回2021年2月23日(火・祝)14:00-16:00
第2回2021年3月6日(土)14:00-16:00

  • ※いずれか1グループをお選びください。
場所

オンラインワークショップ

対象

小学3年生から6年生までの児童と保護者

各回10組20名×2枠、合計20組

  • ※プログラミングやパソコンの操作に慣れていないお子様には、保護者の方がサポートをお願いいたします。
その他
  • ・主催者より参加者のご自宅へ機材(MESH・toio・タブレット等)をお送りします。お貸出しする約2週間のうち、2回行うオンラインワークショップにご参加いただきます。
  • ・本プログラムへのお申込は、2回のワークショップに参加できる方に限らせていただきます。
  • ・プログラミング用機材以外の材料、道具等はご家庭でご用意をお願いいたします。ワークショップのご案内に、ご用意いただきたいものを記載いたしますのでご確認ください。
  • ・ワークショップ実施終了後は、お貸出した機材(MESH・toio・タブレット等)の返却の必要がございます。ワークショップ終了後、1週間以内にご返却をお願いいたします。
STEAMワークショップ部の応募⽅法はこちら

このワークショップで使⽤するソニー製品

MESH™(メッシュ)

アイデアを形にできるIoTブロック。
センサーやボタンなどの機能ごとに用意されたブロックが、ものづくりを簡単にします。インターネットとつながることもできます。

もっと知る

toio™(トイオ)

つくって、あそんで、ひらめいて。手を動かしてあそぶ。
考えながら夢中になる。toio™(トイオ)は“ロボット×あそび”の研究から生まれた、創意工夫を引き出すロボットトイです。

もっと知る

教育プログラム「CurioStep with Sony(キュリオステップ)」

子どもたちの好奇心や個性を育み、世界を動かす夢とチカラになるように。科学からエンタテインメントまで、STEAM領域の多様なワークショップ、感動や驚きに満ちた本物にふれる体験など、ソニーの多様なテクノロジーとクリエイティビティを活かした学びの機会を提供し、次世代を担う子どもたちの未来への歩みをサポートします。

もっと知る

KOOV® Challenge mini こぶたぬきつねこンサート

身の回りにあるたくさんの「おと」いつもよくきくんだけれど
じつはよくきいていない?
「こぶたぬきつねこ」のメロディーをもっと楽しくできる
自分だけの「ふしぎな楽器」をKOOV®のブロックや
プログラミングと身の回りにあるものでつくろう
そうしたらみなれたいつもの景色が
たくさんのワクワクがつまった宝箱にみえてきた

参加⽅法など詳しくはこちら
⽇時

1)2021年3月6日(土)10:30-12:30

2)2021年3月6日(土)14:30-16:30

  • ※いずれかの日程をお選びください。
場所

オンラインワークショップ

対象

5歳から10歳くらいまで(大人の方の同伴をお願いします)

各回10組20名×2枠、合計20組

その他
  • ・KOOVは主催者から事前に郵送いたします。
  • KOOVの推奨環境に適合するデバイスをお持ちであるか、ご準備いただける方のみご参加いただけます。
  • ・事前にKOOVアプリをインストールし、ログインをしておく必要があります。ログイン情報はKOOV発送の際にご連絡いたします。
  • ・ワークショップ中、保護者の方にお手伝いいただく場合がありますので、保護者の方は必ず付き添いをお願いいたします。
  • ・ご自宅にある素材になりそうなものをその場で使用いたします。適宜、保護者の方の許可を得たうえで使用させていただきます。「身の回りをいつもと違った視点で見る」というとても大事な要素となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。事前に何かを特別に準備しておく必要はありません。
STEAMワークショップ部の応募⽅法はこちら

このワークショップで使⽤するソニー製品

KOOV®(クーブ)

ロボット・プログラミング学習キット。
カラフルなブロックや電⼦パーツ、直感的に理解できるプログラミングアプリを使ってロボットにさまざまな動きを与えます。

もっと知る

creaBものがたりづくりワークショップ 〜みんなで作った物語が『こぶたぬきつねこ』のミュージックビデオになる!〜

このワークショップでは、参加者同士で対話をしながら「こぶたぬきつねこ」の新しい物語を作ります。完成した物語は後日アニメーション化され、吉岡聖恵さんの歌う「こぶたぬきつねこ」のミュージックビデオとなって、YouTubeチャンネル「吉岡聖恵の毎⽇がどうよう⽇〜家族で歌おう!〜」にて公開される予定です。

参加⽅法など詳しくはこちら
⽇時

1)2021年2月13日(土)14:00-17:00

2)2021年2月14日(日)9:00-12:00

3)2021年2月14日(日)14:00-17:00

  • ※途中退席はできません(休憩時間はございます)。
  • ※いずれかの日程をお選びください。
場所

オンラインワークショップ

対象

小学校1〜3年生 1名とその保護者1名。(2名1組)

各回4組8名×3枠、合計12組

  • ※上記日時にご参加可能な方に限ります。
STEAMワークショップ部の応募⽅法はこちら

このワークショップで体験できること

creaB(クリービー)

物語を想像し、その物語を他の人と共有して、対話をしながら一つの作品を創り上げていく。お子さんが対話を楽しみながらクリエイティビティを育んでいく体験を提供します。これは次世代クリエイターとソニーとのアイデア共創プログラム「U24 CO-CHALLENGE 2020」にてグランプリを受賞した現役高校生、伊藤詩奈さんの作品「子供の想像・創造力を育てる絵本creaB」の考え方をベースとしています。ワークショップには伊藤さんご自身にも参加いただきます。

PlayAnything™新音楽体験ワークショップ~キミのまわりにある『こぶたぬきつねこ』のメロディを探してみよう!~

PlayAnything(プレイエニシング™)は、身の回りのモノを並べてスマートフォンで撮影するだけで、誰でも簡単に音を奏でることができる新しいアプリ(プロトタイプ)です。今回のワークショップでは、プロのミュージシャンと一緒に、PlayAnythingを使って、生活の中にあるモノの「音」を探しながら「こぶたぬきつねこ」のメロディづくりに挑戦。新感覚の「音」を楽しむエンタテインメントを体験しましょう!

参加⽅法など詳しくはこちら
⽇時

1)2021年3月13日(土)14:00-16:00(受付13:30〜)

2)2021年3月14日(日)13:00-15:00(受付12:30〜)

  • ※途中休憩15分を含みます。
  • ※いずれかの日程をお選びください。
場所

オンラインワークショップ

対象

小学1年生から4年生までの児童1名と保護者1名のペアでの参加となります。

各回6組12名×2枠、合計12組

  • ※スマートフォンの操作に慣れていないお子様には、保護者の方がサポートをお願いいたします。
その他
  • ・主催者より参加者のご自宅へ機材(スマートフォン、教材等)をお送りします。
  • ・インターネット接続可能なPCと、Wi-Fiをつなげる環境をご用意してください。スマートフォンはWi-Fiにつないで使用します。
  • ・ワークショップでは身の回りにあるいろいろなモノをスマートフォンで撮って音に変えていきます。その際に使用するモノ等はご家庭でご用意をお願いいたします。ワークショップのご案内に、ご用意いただきたいものを記載いたしますのでご確認ください。
  • ・PlayAnythingはプロトタイプです。
  • ・ワークショップ実施終了後は、お貸出した機材(スマートフォン、教材等)の返却の必要がございます。ワークショップ終了後、指定した返送先に期日までにご返却をお願いいたします。
  • ・PlayAnythingおよびプレイエニシングは、ソニー株式会社の商標です。
STEAMワークショップ部の応募⽅法はこちら

このワークショップで使用するアプリ

PlayAnything™(プレイエニシング)

PlayAnythingは、誰でも簡単に音を奏でることができる新しいアプリのプロトタイプです。
モノをカメラで撮ると、モノの形や色などの特徴をAIで解析し、音に変換します。指でモノとモノをつなぐことにより、いろいろなメロディを作ることができます。
Google が公開した機械学習用のオープンソースライブラリ TensorFlow™ を活用したAIを使用しています。
提供元:ソニー
プロトタイプ制作協力:PARTY

よくある質問

【個人情報の取扱いについて】

下記の「個人情報の取り扱いについて」に同意いただき、フォームに必要項目を入力して送信してください。

  1. 1.主催者は、お問い合わせを通じて、以下の情報を応募者より取得する場合があります。
    お問い合わせ時にご提供いただく情報:氏名、メールアドレス、お問い合わせ内容
  2. 2.主催者は、取得したお問い合わせ情報をお問い合わせ対応の目的で使用します。法令により認められる場合を除き、別途事前に応募者の同意を得ることなく、お問い合わせ情報を他の目的で利用することはいたしません。
  3. 3.主催者は上記2に定める利用目的の達成に必要な範囲内において、各種情報の取り扱いを、第三者に委託する場合があります。その場合、ソニーグループ共通の情報セキュリティポリシーの下、適切な安全管理措置を講じます。また、第三者への業務委託に関しては、個人情報の取り扱いにつき、契約等を通じて、しかるべき安全管理が図られるようにします。
  4. 4.個人情報の取り扱いについてご質問がある場合、または主催者が応募者から取得した各種情報の開示・訂正等・利用停止等についての権利を行使されたい場合には以下の【お問い合わせフォーム】からご連絡ください。
  5. 5.ソニーグループプライバシーポリシー本文については下記をご参照ください。
    https://www.sony.co.jp/privacy/
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから

中高生のブカツは、ミュージックビデオ制作部!課題曲は、いきものがかり『SAKURA』

一年分の想いを込めて、また、全国の中高生みんなの卒業制作として、いきものがかりのデビュー曲『SAKURA』のミュージックビデオをつくりあげます。映像のシナリオを考えて撮影したり、演出を付けるなど、クリエイターとして参加する人。メッセージで参加する人。歌って参加する人。それぞれのポジションで力を発揮し、ひとつに結集させ、3月15日の発表を目指します。

SAKURA / いきものがかり

男⼥3⼈組ユニット“いきものがかり”のメジャーデビューシングルです。
曲タイトルは『SAKURA』。“桜”という⽇本⼈にとって最もポップかつ古典的なトピックを通して、過去の思い出を受け⽌めつつも、未来へと強く動き出そうとするひとつの⻘春像が、その感情的なメロディーラインにのせて鮮やかに描かれています。

いきものがかり「SAKURA」配信中
いきものがかり Official YouTube Channel

※外部サイトへ遷移します

いきものがかり水野良樹さんからみんなにメッセージ。

水野良樹(みずのよしき)
プロフィール

SongWriter
1982年12月17日神奈川県出身。1999年に吉岡聖恵、山下穂尊といきものがかりを結成。
2006年に「SAKURA」でメジャーデビュー。
作詞作曲を担当した代表曲に「ありがとう」「YELL」「じょいふる」「風が吹いている」など。グループの活動に並行して、ソングライターとして国内外を問わず様々なアーティストに楽曲提供。またテレビ、ラジオの出演だけでなく、雑誌、新聞、webなどでも連載多数。
2019年に実験的プロジェクト「HIROBA」を立ち上げ。

ブカツを応援する先輩クリエイター

松本花奈さん

ミュージックビデオや映画を手がける映画監督

私は中学生の時に初めて映画館で見た映画に感動し、高校生になってから同世代の友人らと右も左も分からない中で、とにかく自分達が”好き”な映画というものを作ってみたい、という思い一心で脚本を書き、キャストを集め、ロケ地を探し、コツコツ貯めた皆のバイト代で費用を捻出し、カメラを回しました。その時に撮った自主映画がゆうばり国際ファンタスティック映画祭という場所で賞を貰い、そこから輪が広がっていき、今まで映像制作を続けてきました。
振り返ると、中高生の時に映像を”好き”でいて良かったと思える一番の理由は、”好き”だと思える仲間に出会えたことだと思います。
映像は一人では作れません。個人の感性がぶつかり合って起こる化学反応によって生まれた新しい表現こそが、映像の面白さなのではないでしょうか。

「好き」という気持ちは強いです。そして「好き」は広がっていきます。皆さんの「好き」がどんな化学反応を起こすのか、とてもワクワクしています!

秋山賢成さん

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ゲーム制作技術責任者

私は、日々ゲームや映像コンテンツをつくるエンタテインメント制作の現場に触れる中で、改めて、人のこころを動かす「ものづくり」の根幹には純粋な「好き」という情熱があってこそだと感じています。

イメージ、夢が大きければ大きいほど、具現化するための過程や工程において困難や壁にぶつかる回数が増え、失敗や挫折もたくさん味わいますが、それでも自分を信じて努力と発信を続けると、共感し共創するクリエイティブな仲間が集まり、誰かのこころに届くエンタテインメントが生み出されていきます。

エンタテインメントは、イメージ通りにつくりたい物をつくれれば完成、というわけではありません。皆さんの徹底的なこだわりを誰かに届け、こころを動かし、こころを動かされた人たちの感想や表情から、クリエイターもまたこころを動かされる。その循環によって、たくさんの方が感動するエンタテインメントのコンテンツが完成します。

今回は、皆さんのこだわりの「好き」が誰かのこころをもっと動かすための方法を学べるように、プロの方々のテクニックやアドバイス、ソニーのテクノロジーが皆さんの制作をサポートします。妥協せず、皆さんのこだわりを作品にという形にし、世界の誰かの「好き」を生み出しましょう!

ブカツを指導するコーチ

桑野徹さん

1986年9月1日生まれ、熊本県天草市出身。上京後、2008年から映像制作会社にて基礎を学び2017年から本格的にフリーランスとして活動中。
失敗と挑戦ができるオンラインサロンFOSを運営。カメラ10台での舞台収録にもサロンメンバーと一緒に挑戦。学生向け映像制作ワークショップや、デジタルハリウッドでのインストラクターを務める。

ブカツを一緒に盛り上げる先輩部員

先輩部員の ま に こ さんが『SAKURA』の歌声動画にチャレンジしてくれています。要チェック!

ま に こさん

心の渇きを癒すような優しい歌声と、歌詞を丁寧に伝える歌い方で、心に感動を刻む印象を強く与える高校生アーティスト。
2018年の文化祭で歌ったYouTube動画は1900万再生を記録し、それまでの文化祭における歌唱映像の過去最高再生数を記録。


ま に こ さんが歌う『SAKURA』歌声動画はこちら

ミュージックビデオ制作部のプロジェクトパートナー

  • いきものがかり OFFICIAL WEBSITE

  • ライフイズテック

  • HackCamp

ソニーが提供する、これからの時代の、
新しいものを生み出す人のための
プラットフォーム

Sony Creators Gate