ブランド | Sony STEAM Studio 2018

Open
コンテンツメニュー
For the Next Generation

プログラミングからAI × Roboticsまで、
遊んで学ぶ。

Sony STEAM Studio 2018

お申し込みはこちらから
STEAMは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字。これからの時代に必要な基礎能力を養う「STEAM教育」が提唱されています。
Message

教育をエンタテインメントにすれば、
未来はずっと面白くなる。

今、子どもたちに必要な教育とは何でしょうか。
話題のプログラミング?AIやロボットの知識?それより科学の基礎?
みんな大切だけれど、いちばんはきっと、
「学ぶことは面白い」。その原体験。
一人ひとりがワクワクドキドキしながら生みだしたものが、
やがて多くの人を驚かせ、楽しませ、幸せにする。
未来をつくる人はいつもそうやって生まれてくる。

Read More

Science(科学)、Technology(技術)、
Engineering(工学)、Arts(芸術)、Mathematics(数学)。
理数系の学びに芸術が加わった“STEAM教育”を推進する動きが、
日本を含む世界中で既にはじまっています。
ぜんぜん知らなかった。難しそう。ついていけるかな。
そんな風に感じたあなたも、どうぞ心配しないでください。
子どもたちは面白いことが大好きです。

自分で考え、選び、試してみる。
失敗してもめげずに新しい解決法を探していく。
問題を論理的にとらえられる頭と、困難にときめき熱くなれる心。
頭と心をしなやかに育てる過程こそがSTEAM教育の本質です。
そして、その本質をエンタテインメントにして届けられるのは、
ソニーだからできること。
子どもたちがワクワクドキドキの未来へ向かう一歩を、
この場所、この2日間から。

× Close

AIBO
Event info

Sony STEAM Studio 2018

プログラミングを初めて体験する子も、遊びながら自然に興味を深められる
ワークショップをメインに、aiboとのふれあい、ロボットコンテストの観戦など、
あらゆる角度からSTEAM教育との出会いを盛り上げる夏休みの特別なイベントです。

日時:
ご希望の日時を選んでお申し込みください。
7月28日(土)9:30〜13:00(受付9:00〜)
7月28日(土)13:00〜16:30(受付12:30〜)
7月29日(日)9:30〜13:00(受付9:00〜)
7月29日(日)13:00〜16:30(受付12:30〜)
各回ともに全プログラムをツアー形式でご参加いただく為、途中退場は出来ません。
兄弟姉妹など複数名でお申し込みの際は、一人ずつ申し込みをお願いいたします。
場所:
ソニー本社(JR品川駅から徒歩5分)
対象:
小学校3年生〜6年生のお子様(各回定員: 30名×4回/計 120名)
応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。
保護者同伴(2名以内)での参加をお願いいたします。
参加費:
無料
会場までの交通費、宿泊費、飲食代などは自己負担となります。
応募締切:
2018年6月30日23:59まで
当・落選通知は、2018年7月6日迄にメールにてご連絡させていただきます。
その他:
プログラミングワークショップでの機材はすべて主催者側で用意いたします。
(PC機材協力:VAIO株式会社)
当日はオリジナルTシャツを着用して参加いただきます。
〜3つのプログラムをめぐることで
興味を広く・理解を深く〜
  • AI × Robotics
    プログラミング
    ワークショップ

    ソニーの教育関連製品を使い、グループで課題に対し試行錯誤しながらアイデアをカタチにしていくワークショップです(1グループあたり3人の予定です)。

  • Programming Workshop
    AI × Robotics
    ツアー

    ソニーのAI × Robotics関連製品や技術にふれるツアーです。最先端の技術についても、誰にでもわかりやすく興味を持ってもらえる内容を用意しています。

  • KOOV Challenge
    KOOV Challenge 2018
    観戦

    シンプルなブロックと自由なプログラミングを活用し、チームで力を合わせて独創的な表現に挑戦するロボットコンテスト。同年代の子どもたちが熱意を持って取り組む姿を観戦します。

Sony STEAM Studio 2018への
お申し込みはこちらから

KOOV Challenge自体への参加につきましては、
KOOV Challenge特設サイトからご確認ください。

Workshop
Products
未来を切り拓く力を育む、
ソニー生まれの仲間たち。
  • aiboclick
    aibo (アイボ)

    aiboは家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発したロボットです。自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーとなることを目指しています。

  • aiboclick
    MESH™ (メッシュ)

    MESHは、センサーやスイッチなどの機能と身近なものを組み合わせ、使う人それぞれのアイデアをプログラミングで実現できるツールです。新しい仕組みを生み出す創造力や日常の課題を解決する思考力などを、手を動かしながら楽しく学んでいくことができます。

  • aiboclick
    KOOV™ (クーブ)

    KOOVはブロックで自由な「かたち」をつくり、プログラミングによってさまざまな「動き」を与えて遊ぶロボット・プログラミング学習キットです。ロボット制作の体験を通じて、子どもたちの創造性や探究心、AI、ロボット時代を生きる思考力を育みます。

  • aiboclick
    toio™ (トイオ)

    五感で遊べる・学べるトイ・プラットフォーム。正確に動き回るシンプルなキューブ型ロボットとおもちゃや工作を組み合わせ、ゲーム性ある遊びが楽しめます。複数の対応タイトルを通じ、手を動かすうちに創意工夫したくなる様々な遊びを提供します。
    (参考展示)

プログラミング「で」つくる、
楽しむ、学ぶ。
萩原丈博click ソニー株式会社
MESHプロジェクトリーダー 萩原 丈博

MESH(メッシュ)は「Make, Experience, SHare」の略。
作り、体験し、共有する。MESH なら、やりたいことを直感的に組み立てられるから、失敗しても大丈夫。
何度も試行錯誤できるから、失敗と成功の体験が積み重なり、自信となって、生きる力につながります。
子どもたちに、ものづくりとプログラミングを通して普遍的な力を――それがMESH の想いです。
MESHをはじめとした、ソニーのSeed Acceleration Program(“SAP”)で製品化されたものも、
開発者自身の日常生活でのちょっとした気づきから生まれたものばかりです。
そんな「気づき」の瞬間を、Sony STEAM Studio 2018でぜひお楽しみください。

Workshop
Access

〒108-0075 東京都港区港南1丁目7-1
 ソニー株式会社 

JR品川駅港南口から徒歩5分 
※お車でのご来場はご遠慮ください。

Workshop
よくあるご質問
Q
兄弟姉妹や友達など複数名での申し込みは出来ますか?
A
複数名でのお申し込みは出来ません。
参加希望のお子様一人ずつのお申し込みをお願いします。
Q
保護者は何名まで付き添えますか?
A
保護者の付き添いは2名までとさせていただきます。
Q
日本語以外の言語対応は出来ますか?
A
対応しておりません。
日本語のみの対応となります。
Q
車いすでの参加は出来ますか?
A
可能です。
ただし、車いす及び専任の介添えスタッフの準備はございません。ご自身で用意をお願いします。
Q
途中入退場は出来ますか?
A
途中入退場は出来ませんのでご了承ください。
保護者の方を含め、全プログラムをツアー形式でお楽しみいただきます。
Q
一般見学は出来ますか?
A
本イベント参加者以外のご見学は出来ませんのでご了承ください。
Q
KOOV Challenge 2018もあわせて参加出来ますか?
A
同日の参加は出来ません。それぞれ別の日にお申し込みください。
KOOV Challenge自体への参加につきましては、KOOV Challenge特設サイトからご確認ください。

お問い合わせはこちらから