ブランド

閉じる

Video competition
with aibo

学生による公式動画制作レポート
aibo

この夏、ソニーと東京大学の社会連携講座の一環として、大学生チーム同士がアイデアを競うVideo Competition with aibo at Sony STEAM Studioが行われました。コンペの終了後,優勝チームはのアイデアをブラッシュアップし、細部までこだわった動画を改めて撮影、aibo公式動画への採用を目指す最終審査会に臨みました。
このページでは、コンペの終わりから作品審査会までの活動の様子を、大学生のレポートでお届けします。

Video Competition with aibo
ブラッシュアップされた優勝作品

本内容はあくまでも将来の可能性を表現しており、実際の製品での実現時期は未定です。
また、演出のため実際の製品の仕様とは異なる表現を一部用いています。

動画制作の様子

  • #01 #02

    8月17日のコンペ本番では、わずか1日で動画の企画、撮影、編集をすべてこなすという過酷なスケジュールでしたが、参加した各チームは知恵と技術を絞り出し見事動画を完成させました。
    そしてコンペ終了後、この優勝チームのプロジェクトが本格的に始動しました。コンペの運営を担当した東大院生もメンバーに加わり、本番当日の短いスケジュールの中では出し切れなかったアイデアをさらに深めていきました。

  • #04 #05

    ブラッシュアップの第一歩として、絵コンテを描き直しました。コンペで用いたアイデアの枠組みを残しつつ、審査員からのフィードバックと、コンペ後に新たに提示された設定を同時に考慮しながら、アイデアを膨らませていきました。
    「aiboがつけっぱなしのテレビを消してくれる」、「aiboがスマホを抱きしめるとスマホがワイヤレスで充電される」などの様々なアイデアが出ましたが、最終的に「aiboがスマホの電池切れをスマートテレビの通知機能で知らせてくれる」という案をベースに作品をつくることになりました。

  • #05

    絵コンテが完成したら、機材を準備していざ再撮影です。今回の撮影には、ソニーのα7というカメラを使用しました。カメラの他にも、照明や三脚、小道具などを準備し、撮影に臨みました。

  • #06

    撮影場所はソニーシティ大崎ビル内にある、マンションを模したスタジオを使用させていただきました。今回は家電との連携がテーマですので、撮影にはうってつけの場所です!

  • #07

    撮影の主役はもちろんaibo。11/11(月)に公開されたaibo APIを公開前に特別に使用させていただき、シナリオ通りの演技ができるようプログラミングをします。コンペの時と同様にAPIの開発を担当されたソニー社員の方々が技術支援をしてくださいました。

  • #08

    今回の優勝チームのメンバーの学生たちは、映像制作経験がほとんどありませんでしたが、コンペの際にも指導してくださった動画撮影の専門家に撮影技術についてのメンタリングをしていただきました。講習前(上)と講習後(下)では、映像のクオリティが全く違いますね!

  • #09

    カットされたシーンの一つです。aiboが床のリモコンを押し、消し忘れたテレビの電源を切ってくれます。最近はやりのAIスピーカにはできない、aiboならではのかわいらしい機能の提案です。

  • #10

    aiboはAPIで操作しますが、普通のロボットと違い、いつも思い通りに動いてくれるわけではありません。機嫌を損ねるとaiboの機嫌が直るまで撮影はできません…まるで本当の犬のようです!

  • #11

    こちらのシーンではaiboがスマホの充電ケーブルをくわえています。ケーブルにはピンク色のタグが付いているのが見えますでしょうか。ピンク色のおもちゃを好む、aiboの特徴を考慮した設定です。

  • #12

    aiboの目は液晶画面になっています。これをカメラで撮ると、かすかに縞模様が浮かびます。これはフリッカリングという現象で、撮影の大敵です。これを編集することはとても難しい課題でしたが、専門家のご指導のもとチームメンバーで協力して解決することができました。

#13

こうして制作が終わり、作品をaiboチームのマネジメントの方々にプレゼンしました。審査の結果、今回の作品はaibo公式サイトに掲載する動画として採用されました!11/11(月)より以下ページにて公開中です。 https://aibo.sony.jp/developer/case/01.html#case また、渋谷モディの屋外スクリーンでも上映されることが決まりました!
日頃なかなか体験できない撮影や編集を含め、1つの作品をチームメンバーでつくりあげたことは貴重な経験となりました。

学生の皆さん、動画制作お疲れさまでした。
公式動画への採用おめでとうございます!

・関連リンク
aibo オフィシャルサイト:https://aibo.sony.jp/
Sony Startup Acceleration Program:https://sony-startup-acceleration-program.com/
ソニーと東大の社会連携講座 Ignite Your Ambition:https://ignite-your-ambition.com/

Sony STEAM Studio2019は
こちらから
Video competition with aibo
はこちらから
トップへ戻る