ブランド

Open
コンテンツメニュー
サムネイル画像
サムネイル画像

「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」
-公募作品展-

期間:2019年8月1日(木)〜9月15日(日)
場所:ソニースクエア渋谷プロジェクト

世界的に活躍する写真家・森山大道と共に実施する、アート共創プロジェクト「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」。これは『STREET』 『UNDERGROUND』 『公募作品展』の3つで構成され、未来を担う次世代クリエイター(NEXT GEN)を発掘・支援し、渋谷の街でヒトと街、アートなどが融合する都市型アートエキシビションを展開しました。
今年6月このイベントのために、次世代クリエイターの公募を実施。
ソニースクエア渋谷プロジェクトでは、その公募で選ばれた8名のうち、6名の次世代クリエイターが「2019 SHIBUYA」をテーマに撮影した作品を日替わりで展示する「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」-公募作品展-を開催しました。

展示コンセプト

革新者たちの共創。

常に革新的で世界の注目を集める写真家・森山大道が参画する、新たなアート共創プロジェクト「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN (ネクストジェン) 」が展開される。 

渋谷駅周辺の路地裏63か所の壁面に、森山大道作品が一斉に展示される、『STREET』。

渋谷駅地下4階に広がる安藤忠雄デザインの空間に、森山大道、NEXT GENとして、気鋭の映像作家・山田智和、公募で選ばれた次世代クリエイターが、それぞれの視点で切り取った渋谷の「今」が広がるアートエキシビション、『UNDERGROUND』。

そして、ソニースクエア渋谷プロジェクトでは、公募で選ばれた6名の次世代クリエイターによる、渋谷の街を舞台とした作品が、日々アップデートされる『公募作品展』を実施。

100年に1度の再開発のただ中、刻々と変化を遂げていく街・渋谷から、時代を革新するクリエイターの創造力が連鎖し繫がる、新たな共創が始まる。

サムネイル画像

「公募作品展」

サムネイル画像

公募で選ばれた6名のクリエーターが、渋谷を舞台とした作品を日替わりで展示する「 SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」-公募作品展-をソニースクエア渋谷プロジェクトで開催しました。 期間終了までに多くの作品で会場が埋め尽くされ、「量のない質はない」という森山大道氏の言葉を具現する企画展となりました。

公募で選ばれた
クリエイター

  • サムネイル画像
    大西 祐司
    (おおにし ゆうじ)
    プロフィール
    1993年生まれ。徳島県出身。静岡県立大学国際関係学部国際政治学科政治・経済コース在籍。大学2年時に休学し、アルバイトで貯めたお金でデンマークへ留学。留学先でフィルムカメラの授業を受けたことにより、本格的に写真に興味を持ち始める。帰国後は独学で写真を撮り始め、主に友人や人々の生活風景などを撮影している。今回のコンペには京都の鴨川で撮影した写真を提出し、入賞を果たした。
  • サムネイル画像
    中林 浩人
    (なかばやし ひろと)
    プロフィール
    1994年、東京生まれ。2013年に大学入学と同時に写真部に入部。展示や友人と写真活動をする中で少しずつ写真の魅力に惹かれていく。現在はスナップや風景を中心に撮影を行いながらグループ展などに参加している。2018年原宿デザインフェスタギャラリー 「まだ、消えてない。」二人展、2019年横浜御苗場出展。
  • サムネイル画像
    嶋田 鉄馬
    (しまだ てつま)
    プロフィール
    1994年千葉県生まれ。物心ついた頃からクルマ好き。それがきっかけで高校卒業後自動車専門学校に入学。
    4年生の時に友人が一眼レフで撮った車の写真を見て、カメラに興味を持ち始め池袋の家電量販店で中古のフィルム一眼レフを購入。就職後仕事がうまく行かず心が折れかけた時に森山大道さんの作品に出会い救われる。その後コンパクトカメラを購入しストリート写真を撮るようになり今に至る。好きな写真家 森山大道 鈴木達郎
  • サムネイル画像
    BARTEK MASLAK
    (バルテック マスラク)
    プロフィール
    1994年、ポーランド・グディニャ生まれ。
    2017年、Blow up Pressが実施したDEBUTSプロジェクトで、ポーランドの次世代写真家20人のファイナリストのひとりに選ばれた。
    2019年、ワルシャワのSPUTNIK Mentoring Programme修了。
    現在はフォトスタジオ”Szajewski.com”にてレタッチャー及びグラフィックデザイナーとして勤務。
  • サムネイル画像
    黄志逍
    (コウ シショウ)
    プロフィール
    1995年、中国河北省生まれ。2017年、中央美術学院を学部卒業し来日。
    現代アートを研究しており、現在は東京を拠点に創作中。留学生として「私は誰だ」という問いを考え、様々な創作形式を試み、自分自身のアイデンティティと立つ場所の様子などのテーマの作品を展開し、客観的な世界との共存関係を表現している。また参加型アートの可能性についても探求している。
  • サムネイル画像
    楊雨謡
    (ヨウ ウヨウ)
    プロフィール
    1999年生まれ、マカオ出身。2018年に来日し、現在は東京ビジュアルアーツ在籍。
サムネイル画像

「フォトスポット」

サムネイル画像

ソニーの「ピクチャーエフェクト」機能を使用し、個性的なアート作品がつくれるフォトスポット。
森山大道氏の写真のようなハイコントラストモノクロな効果や、パートカラー効果もお楽しみいただけます。写真家になったつもりで自分のスタイルをみつけてみよう!データはお持ち帰りいただけます。

  • <参加方法>
    ①お好みのエフェクトを選択
    ②お好みの撮影アイテムを撮影
    ③撮影した写真をスマートフォンで受け取る
サムネイル画像※画像はイメージです

「ポストカードプレゼント」

サムネイル画像※画像はイメージです

期間: 2019年8月1日(木)〜2019年8月15日(木)

※終了しました。

2019年8月1日(木) 〜15日(木) の間、森山大道代表作のポストカードをプレゼントしていますので、お見逃しなく。

  • 【参加方法】
    ①下記いずれかの期間中、指定の「SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN」エキシビション会場で作品を撮影
    ・8月1日(木)〜8月4日(日)『STREET』と『UNDERGROUND』で撮影
    ・8月1日(木)〜8月15日(木)『STREET』とソニースクエア渋谷プロジェクトで撮影
    ② ソニー公式SNSアカウントのいずれかをフォロー
    ・Sony-Stories(Japan)公式Twitter:@storiesbySonyJP
    ・ソニースクエア渋谷プロジェクト公式Instagram:sonysquaresp
    ③ハッシュタグ「#SHIBUYA森山大道」をつけてTwitterまたはInstagramで投稿
    ④開催期間中『UNDERGROUND』、またはソニースクエア渋谷プロジェクトで、投稿画面をスタッフに見せて、プレゼントをゲット!

※プレゼント数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。
※『UNDERGROUND』では今回の展示のために森山大道が撮り下ろした作品のポストカードをご用意しています。

世界的に活躍する写真家・森山大道の自身初となる「街」を挙げての大個展です。
渋谷の裏路地(ストリート)壁面を舞台として、63カ所147作品を同時に展示する世界最大級の屋外型写真展。

詳しくはこちら>

渋谷駅地下4階にある安藤忠雄デザインの空間に、森山大道、NEXT GENとして、気鋭の映像作家・山田智和、公募で選ばれた次世代クリエイターが、それぞれの視点で切り取った渋谷の「今」を表現したエキシビション。

詳しくはこちら>

ページトップへ▲