ブランド

Workshopワークショップ

Square Program

クリエイターや渋谷の街の人々とコミュニティを形成し、共創することで、クリエイティビティを広げ、次世代のクリエイターを生み出す
ソニースクエア渋谷プロジェクトの継続的なワークショップ。

公式Twitterアカウントで随時告知していきますので是非フォローしてください。

Square Program Photo Workshop

【Square Program Vol.11】
AROMASITC トーク&ワークショップ 2020年2月22日(土)
14:00〜16:00

※国内外の新型コロナウイルスの感染が拡大する状況を鑑み、お客様の健康や安全を考慮した結果、
Square Program Vol.11の開催は中止することとなりました。
ご理解のほど宜しくお願いします。

ソニーのAROMASTICをテーマに、AROMASTICプロジェクトリーダーと『ニールズヤード レメディーズ』鎮西美枝子先生とのトークや、アロマのブレンド&カスタムカートリッジ作りのワークショップをお楽しみいただけます。

カスタムカートリッジはプレゼントいたします。(本体のプレゼントはございません。)

  • 日時:
    2月22日(土) 14:00〜16:00(13:45受付開始)
  • 定員:20名
  • 会場:渋谷モディ1F ソニースクエア渋谷プロジェクト
  • 参加費:無料
  • 参加条件:U30(18歳以上29歳以下)の方*当日は身分証で年齢確認を実施します。

ワークショップアーカイブ

【Square Program Vol.10】
aiboといっしょにすごろく大会

期間:2020年1月26日(日)
13:00〜15:00、16:00〜18:00

ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo」のビジュアルプログラミングを使って、aiboといっしょにすごろく大会を実施。
aiboが止まったマスのお題をプログラミング!お題をクリアして、ゲットしたポイント数を競い合います。
優勝者にはaiboオリジナルグッズをプレゼントしました。

サムネイル画像

過去のSquare Program一覧

サムネイル画像

【Square Program Vol.1】
「渋谷の音を収集しよう」Sound Workshop

蓮沼執太×フィールドレコーディング in 渋谷

期間:2018年12月22日(土)

渋谷の街の人々やクリエーターと一緒に新しいカルチャーを作る、ソニースクエア渋谷プロジェクトの取り組み、『Square Program』を開催しました。

アーティスト蓮沼執太さんと共にソニーの最新ハイレゾ対応リニアPCMレコーダー『PCM-A10』を持って、渋谷の街をフィールドレコーディングします。みんなで集めた音を、ひとつの音楽作品にしよう!

サムネイル画像

サムネイル画像

11月10日(土)18:30-20:00

映画『ヴェノム』ファンミーティング
先着50名様限定

映画『ヴェノム』変身撮影体験や、映画『ヴェノム』に対する熱い想いを語り合うなど、盛りだくさんのコンテンツを用意しています。映画『ヴェノム』限定グッズがもらえるチャンスも?!

サムネイル画像

サムネイル画像

【Special Event】

宇多田ヒカル
PlayStation®VRコンテンツ リリース記念 開発トークイベント

期間:2019年1月18日(金) 18:30〜21:00

ソニーの最新テクノロジー、コンテンツとクリエイターが共に作り上げた
宇多田ヒカルの PS VR 専用コンテンツ
『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光”&“誓い” - VR』のリリースを記念した、開発スタッフによるトークイベントを開催しました。

  • ・竹石 渉氏 /『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - “光”&“誓い” - VR』映像ディレクター
  • ・梶 望 /株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
  • ・多田 浩二 /株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • ・林 亮輔 /ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
  • 司会:DJ TARO氏

サムネイル画像

【Square Program Vol.2

「TODAY is」Photo Workshop
-渋谷を重ねる-

期間:2019年6月29日(土)

トークショー&ワークショップ講師:
太田睦子氏(『IMA』エディトリアルディレクター) 、顧 剣亨 (コ・ケンリョウ)

新進気鋭のフォトグラファーと未来のクリエイターである学生との交流・育成を目的とし、顧 剣亨(コ・ケンリョウ)氏を講師として迎え、アーティスト独自の表現技法に直に触れることができるワークショップを開催しました。

【Square Program Vol.3

「ファッションをプログラミングしよう」
Fashion Workshop

Fashion X Technology
次世代デザイナー作品コンテスト

期間:2019年7月6日(土)

ファッションにおける新たな表現の可能性を生み出すワークショップイベントを開催しました。
ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV®」を使い、ファッション業界を目指す専門学生がテクノロジーとファッションを組み合わせたオリジナルのファッションアイテム制作に挑戦しました。約2か月間の制作期間を経て完成したアイテムを持ち込み、世界的なプロデザイナーを含めるゲスト審査員へ向けて発表。審査員3名の総合評価により最優秀チーム1組が選出されました。

  • 審査員:
  • ・森永邦彦 /ファッションブランドANREALAGEデザイナー
  • ・礒津政明 /株式会社ソニー・グローバルエデュケーション代表取締役
  • ・奥村光男 /ソニー株式会社クリエイティブセンター シニアアートディレクター

【Square Program Vol.4

「TODAY is」Photo Workshop
-渋谷でファッションを切り取る-

期間:2019年7月6日(土)

トークショー&ワークショップ講師:
市田小百合

市田小百合氏を講師として迎え、渋谷の様々な場所でモデル撮影をしながら、アーティスト独自の表現技法に直に触れることができるワークショップを開催しました。

【Square Program Vol.5

「TODAY is」Photo Workshop
-渋谷ストリートビュー Now&Then -

期間:2019年7月20日(土)

トークショー&ワークショップ講師:
草野庸子

草野庸子氏を講師として迎え、用意された渋谷の過去写真を元に同じ場所で撮影をしながら、アーティスト独自の表現技法に直に触れることができるワークショップを開催しました。

サムネイル画像

【Square Program Vol.6

「TODAY is」Photo Workshop
-渋谷を選びとる-

期間:2019年7月27日(土)

トークショー&ワークショップ講師:
川合穂波

川合穂波氏を講師として迎え、渋谷で写真撮影を実施。その後デジタル上でA4サイズにレイアウトしながら、アーティスト独自の表現技法に直に触れることができるワークショップを開催しました。

サムネイル画像

【Square Program Vol.7

渋谷ハロウィン
工作生物ワークショップ

期間:2019年10月19日(土)

トークセッション&審査員:
ユーフラテス[EUPHRATES]

ロボットトイ「toio」、及び2019年グッドデザイン・ベスト100に選ばれた「toio」専用タイトル「工作生物 ゲズンロイド」を使い、渋谷のハロウィンをテーマにした新たな生物の制作に挑戦するワークショップを実施しました。
構想期間を経て企画したアイデアを会場となるソニースクエア渋谷プロジェクトで制作し、審査員へプレゼンテーションが行われました。

  • 審査員:
  • ユーフラテス(EUPHRATES)
    さまざまな研究を基盤として活動しているクリエイティブ・グループ。
    NHK Eテレ『ピタゴラスイッチ』の映像制作、『コんガらガっち』絵本シリーズ(小学館)、科学映像『未来の科学者たちへ』(物質・材料研究機構との共同研究)等を手がける。
    今回のイベントには、「工作生物 ゲズンロイド」の企画・ディレクションをつとめた、佐藤匡・山本晃士ロバートの2名が参加。

【Square Program Vol.8

「aiboのあいさつ作ってみた」
ワークショップ

期間:2019年11月30日(土)

ソニーの自律型エンターテインメントロボット「aibo」プログラミングツールを使って、オリジナルのあいさつを作るワークショップを開催。
作成したaiboのあいさつは、ソニーのデジタル一眼カメラ「α7M3」を使ってその場で撮影し、早回しショートムービーに編集してデータをプレゼントしました。

サムネイル画像

【Square Program Vol.9

aibo x graphic art
 コンペティション

期間:2019年12月19日(木)18:00〜19:30

ロボットと次世代クリエイターの共創による新たなアート作品を生み出すワークショップを実施。
次世代クリエイターがビジュアルプログラミングを通してパートナーとなる“aibo”(アイボ)へ指示を出し、新たなアート作品の制作に挑戦。
事前の制作期間を経て作り上げた作品を、話題のマルチクリエイターパントビスコさんを含むゲスト審査員へ披露し、講評と審査を経て優勝作品を選出しました。

  • 特別審査員:
  • ・パントビスコ /マルチクリエイター
  • ・石田 敦雄 /ソニー株式会社 AIロボティクスビジネスグループ コミュニティ企画推進室
  • ・前坂 大吾 /ソニー株式会社 ブランドデザインプラットフォームクリエイティブセンター