Stories

Open
コンテンツメニュー

200年を経てバッハの幻の楽曲がハイレゾでよみがえる

ハイレゾマイクロホン100シリーズ

Now Loading

ハイレゾマイクロホン100シリーズ。ソニーが開発したこの高性能マイクの実力を証明する絶好のチャンスが訪れた。2018年9月、世界で初めてつくられた108鍵のピアノとコラボレーションし、88鍵の従来のピアノでは音域不足で演奏できなかったバッハの「ソナタ イ短調 BWV 965 ジーグ」をハイレゾで収録することになったのだ。100シリーズの誕生に携わった日本の主要メンバーと歴史的な録音が行われたオーストラリアの関係者にインタビューし、音楽家やクリエイターの想いを叶えるソニーのこだわりを掘り下げる。

Scrolldown