Stories

Open
コンテンツメニュー

Stories

タイトル「AI×ロボティクスが刺激する「料理」の新しい可能性」

野菜を切ったり、肉を焼いたりして料理を作っている様子が流れている
彩り豊かな料理の映像を背景に「Sony's Innovations & Challenges」「Stories」のロゴと動画タイトル『AI×ロボティクスが刺激する「料理」の新しい可能性』が表示される

ソニー株式会社 AIコラボレーションオフィスVP、シニアチーフリサーチャー
藤田 雅博(読み方 ふじたまさひろ)がキッチンカウンターでインタビューを受けている

藤田
「きっかけはA Iとロボティクスの応用を考えていったときに
テクノロジーのチャレンジがいっぱい詰まっている領域だ
ということもありまして料理という分野を選びました
ロボットによる物理的な作業というものが
1つはキーかなとは思うんですけれども
その中で最初に選んだのがアメリカのカーネギーメロン大学」

2001年シアトルで行われたロボカップ ロボットリーグ決勝
「カーネギーメロン大学 vs ニューサウスウェールズ大学」の映像が流れている

藤田
「そこはもともとわれわれが
AIBOというロボットをやったときから関係がありまして
彼らと一緒に組むことによって先端的な技術でわれわれの課題を解決していく」

AIテクノロジーを使った未来のキッチンの様子が流れる
ただの真っ白なテーブルがキッチン型に変形し、ロボットアームが出てくる
ロボットアームが用意した食材を男性が料理しはじめる

藤田
「そのためのコンセプトをみんなで共有するためには
やはりビジュアライズしたビデオは非常に有効に使えると思いまして
こういったビデオを作ろうという話でコンセプトビデオを作ってまいりました」

奥村 光男 ソニー株式会社クリエイティブセンターシニアアートディレクター
ソニープロダクトのUXデザインに携わる
コンセプトムービーのシナリオを作成
プライベートでも、料理を趣味としている

樋口 直哉 作家・料理家
雑誌『Ku:nel』(読み方 クウネル)や『cakes』などで連載を持つ他
作家として地域の食文化を取材、考察する活動を続けている
コンセプトムービー内の料理制作を担当

奥村と樋口がダイニングテーブルで対談している

奥村
「コンセプトムービーなんで
本当にやりたかったことはやっぱり『人とロボティクスの協調』しているところ
作る作業を最大化するというか
楽しいことだけ人がやって 料理って本当に楽しいと」

スパチュラ型のロボットアームがケーキの周りに均一にクリームを塗っていき
フルーツ等のトッピングを置く最後の飾り付けを子どもがしている
完成したケーキを見て喜ぶ家族 その横にはシャンパングラスを運ぶサイドテーブル型のロボット

樋口
「料理の楽しさの本質的な部分というのは何なのかと
テーブルにいる人たちが共有できる体験なんです」
奥村
「そういう意味でAI×ロボティクスが まずは貢献できるといいじゃないのかなと」

紫キャベツを薄くスライスするロボットや、パン粉の付いたコロッケにオイルを吹きかけ、
一瞬で揚げる事のできる筒型ロボットの様子が映し出される

藤田
「人間とロボットが補完し合うみたいな
そういった世界が広がるんじゃないかなというふうに思っています
われわれの長期的なビジョンを ロボットガストロノミーという名前を付けています」
「一方で食材であるとか味とか香りとかといった
いわゆる食事そのものの中身に目を向けると
味はどういう分子構造でできているんだろうとか
味と香りはどういうふうに組み合わせるのだろうか」

吉田かおる ソニーコンピュータサイエンス研究所 アソシエイトリサーチャー 工学博士
食と健康に焦点を当て、東西の知見を融合するとともに
計算機科学、生物学および化学の多角的かつ統合的なアプローチで研究を行なっている

吉田
「いわゆるこのクッキングという問題を通して いわゆる五感の科学につながっていると思います
目に当たる部分だけではなく 耳 口を通して鼻を通しての味やそして香り
そして手での触感そして温度ですね あらゆるセンシング技術をそこに投入できたら
それは非常に面白い科学になりますし このクッキングという1つのキーワードから
実は医療にも通じる」
テロップ
「五感から医食同源(読み方 いしょく どうげん)へ」
吉田
「医食同源」(読み方 いしょく どうげん)というキーワードを付けて研究を行ってきたのは
そこに食と薬というのは実は連続した路線上にある」

奥村と樋口が料理を作る様子や、テーブルの上に並んだ様々な調味料が映し出される

レストランの厨房でシェフが作り出す、芸術のような料理が映し出される
撮影協力 Celaravird セララバアド

藤田
「シェフはクリエイター アーティスト
ソニーはそういうことをうまくプロデュースしたりとか
エンハンスするという経験値を持っている会社だと思いますので
ぜひこれからもシェフに対してそういうクリエイターとしての
シェフに頑張ってもらうといったことを期待できるのは やっぱりソニーじゃないかと」

フランソワ・シャルティエ ハーモニークリエイター/ソムリエ
アロマ分子による食べ物とワインのペアリング科学
"Moleculare Harmony and Sommellerie(読み方 モレキュラーハーモニーアンドソムリエ)"を2004年に確立
アロマペアリング科学の著書、「Taste buds and Molecules」は世界的ベストセラー

フランソワ
「AIによって新たなアイディアが生み出されると確信しています
AIによって形状や見た目をもとに分子を組み合わせることが可能となりますから
分子の組み合わせによっては人間がこれまで想像したことのないような
新たな味が創出されるかもしれません
もちろん基本的にシェフたちは 料理をするときにはロボットを使いません
しかし様々な道具は必要です
彼らのキッチンには沢山の道具がありますが
その中には多くの新しい道具 新しい技術が含まれています」

キッチンの中で、シェフが様々な道具を使いながら料理を仕上げていく

フランソワ
「ですから私にとってロボット工学は単なる道具の一種となりますが
それは非常に有用な道具であり沢山の可能性を秘めているのです
シェフやレストランの良き相棒となり
シェフを刺激して料理を次のレベルへ導いてくれるかもしれません」

キッチン型に変形したテーブルから伸びたロボットアームが、それぞれの役割を果たしていく
常に同じ薄さにカットしていくアーム、危険なものを取り除くアーム、洗い物をするアーム等
キッチン型ロボットに提供された料理の美しさに驚き、食事を楽しむ人の様子が映る

テロップ
「クリエイティビティを刺激する」
フランソワ
「それを実践しているのがソニーなのです」
藤田
「アーティストがクリエイティビティを発揮するといった
そういったものはできるんじゃないかと思いますし 中長期的には
新しい人間と機械の関係性みたいなものができるんじゃないかと」

シェフのいないカウンターでロボットアームが
次々と高級レストランで出されるような料理を作り提供している

藤田
「ゴールとしては ミシュランに世界で初めて認めてもらう
ロボティクス三つ星レストラン
それがソニーならではの『エンタテインメントとしての料理』
そういったことができる ソニーならではの取り組みかなというふうに思っています」

Sonyのロゴで映像が終了