Stories

Open
コンテンツメニュー

銀座の真ん中に公園をつくるソニーの前人未踏の挑戦

銀座ソニーパークプロジェクト

Now Loading

ソニーグループの情報発信基地として約50年間、数え切れないほどの訪問客を迎えてきたソニービルは、今年3月末に銀座のランドマークとしての役目にひとまずピリオドを打つ。ビル解体後の2018年夏から2020年秋までの約2年間は、「銀座ソニーパーク」という街に開かれたスペースになる予定だ。このプロジェクトを率いている永野大輔が、友人でスポーツジャーナリストの中西哲生氏をソニービルに招き、同プロジェクトの世界観を表現した「It's a Sony展 Part-2」の展示を紹介。銀座に公園を誕生させる前人未到の挑戦などについて語り合う。

Scrolldown