Stories

Open
コンテンツメニュー

アーティスト×視覚と聴覚のVRによる新たな音楽体験

Lost in Music

Now Loading

リアルなライブパフォーマンスとソニーの最新テクノロジーを融合させて、音楽ファンに新しい音楽体験を届けるプロジェクト「Lost in Music(ロスト イン ミュージック)」。2年目となる2018年に「Lost in Music」が提供するのは、ソニーの空間音響技術を活用したスピーカー576台が作り出すトンネル状の「音響回廊"Odyssey"(オデッセイ)」。そして、プロジェクションマッピングの最新の技法を利用し、世界中で数百万枚のアルバムを売り上げているスーパースター、Khalid (カリード)とのコラボレーションで制作したVRミュージックビデオ。プロジェクトメンバーとアーティスト達がそれぞれの分野で創造性を発揮し、音と空間との融合による新たな没入体験を実現するための挑戦と想いについて語る。

Scrolldown