Stories

Open
コンテンツメニュー

Affinity in Autonomy
<共生するロボティクス>

Sony Design Exhibition at
Milan Design Week 2019

Now Loading

昨年に引き続き、世界最大規模のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2019」に出展したソニーは、「Affinity in Autonomy<共生するロボティクス>」というコンセプトのもと、人とロボティクスの関係性についてのビジョンを提案した。展示を手がけたソニークリエイティブセンターの石井大輔チーフアートディレクター、前坂大吾シニアアートディレクターをはじめとするプロジェクトメンバーが、人に寄り添う存在としてのロボティクスについて語る。

Scrolldown