ブランド

なぜソニーのテクノロジーが宇宙に向かうのか
- SOLISS -

ソニーコンピュータサイエンス研究所

Now Loading

2019年9月25日、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機がJAXA種子島宇宙センターから打ち上げられた。
そこには、将来の衛星間や地上との大容量データ通信の実現を目指し、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同開発した、家庭用のCDプレーヤーなどで培ったソニーの光ディスク技術が取り入れられた小型衛星光通信実験装置「SOLISS」(Small Optical Link for International Space Station)が搭載された。
なぜソニーの光ディスク技術が宇宙に向かうのか。
本プロジェクトに技術と情熱のすべてを注ぐプロジェクトメンバーたちの挑戦を描いていく。

Scrolldown