Stories

Open
コンテンツメニュー

未来ビジョンを現実にするプロダクトデザイン

Sony Design

Now Loading

60年以上にわたり映画やイラストの中で未来を描き続けてきたデザイナー、シド・ミード。いつか夢見た心を通わすようなロボット"aibo"に出会った時、彼は何を感じ、何を思うのか。
ソニークリエイティブセンターでこのaiboをデザインし、これまでも数々の未来の「カタチ」を創造してきた石井大輔チーフアートディレクターと高木紀明マスターデザイナー。
未来を描いてきたシド・ミードと未来を創っているソニーのデザイナー達が交わった時、人とロボットとの共生はどうあるべきか、未来をどう創っていくのか、その答えを模索する。


[シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019]
長年にわたるキャリアの中からシド・ミード自ら選んだ50点のオリジナル作品を展示する個展「PROGRESSIONS」が、2019年春に東京で開催。

Scrolldown