Stories

Open
コンテンツメニュー

Camping with Sounds

2017922日 (金)
〜 1031日 (火) 予定

満天の星を見ながら、音に揺られよう!
星の動きに合わせて音も動くプラネタリウムや、
最新ヘッドホンのノイズキャンセリング機能をAR技術で可視化し体験できるコーナーを展開。
さらに、最新ヘッドホンやウォークマン®を発売前に体験することもできます。

星空と音楽のテント

Contents.1

星空と音楽のテント

渋谷の真ん中に、大自然を思わせる星空が出現!
Sony Square Shibuya Project内で、星の動きに合わせて、音が動く音楽体験ができます。

プラネタリウム・クリエーター大平貴之さん製作のプラネタリウム「MEGASTAR-II」によって映し出される1000万個にも及ぶ精密で迫力のある星空の下、最新商品のワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM2』により都会の雑踏から解放された最高の音楽体験をお楽しみください。

【プラネタリウム・クリエーター 大平貴之さん プロフィール】

大平技研代表取締役。プラネタリウム・クリエーター。
小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、大学3年時に、個人製作は不可能と言われていたレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。ソニー(株)に就職後も製作を続け、1998年に従来の100 倍以上にあたる150万個(完成形は170万個)の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表。2004年には日本科学未来館と共同開発した、「MEGASTAR-II cosmos」(投影星数560万個)がギネスワールドレコーズに認定された。2005年、(有)大平技研設立。国内外へのMEGASTAR 設置のほか、イベントプロデュースや音楽、アートとのコラボなどを積極的に行い、プラネタリウムの新機軸を確立。

タッチ&トライテーブル

Contents.2

タッチ&トライテーブル

ソニーの新商品をいち早く体験できるタッチ&トライコーナー。

2017年9月1日(金)〜6日(水)にドイツ・ベルリンにて開催された、国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA2017)で初お披露目した、最新ヘッドホン1000Xシリーズ3機種とh.earシリーズ5機種、ウォークマン®A40シリーズを展示。10月7日(土)の発売に先がけてご体験いただけます。

●1000Xシリーズ
Bluetooth®対応ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能

※1:2017年8月31日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。左右独立型、ヘッドバンド型、ネックバンド型の各スタイルのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン市場において。

●h.earシリーズ
ファッションに溶け込む多彩なカラーバリエーションで人気のh.earシリーズがカラーを一新

●ウォークマン
ハイレゾ対応ウォークマンのエントリークラス新型機登場

ノイズキャンセリング ARデモ

Contents.3

ノイズキャンセリング ARデモ

IFA2017のソニーブースで展示した、最新ヘッドホン『WH-1000XM2』のノイズキャンセリング機能をAR技術で可視化し、体験できるコーナーを特別に設置いたします。
(体験時間:約2分)

カラーバリエーションウォール

Contents.4

カラーバリエーションウォール

新モデルで、ファッションに溶け込む流行のミディアムトーンの5つのカラーへと一新したh.earシリーズ、A40シリーズを一気に展示したウォールディスプレイ。

その展示自体がフォトスポットになる仕掛けもご用意しています。
写真を撮って、SNSでシェアしてください。

Sony Square Shibuya Project アーカイブはこちら