2017年2月18日、19日 GO FOT IT 2017開催レポート

ソニー株式会社は、2017年2月18日(土)と2月19日(日)の両日にて、「GO FOR IT ~未知なる価値を共有し、一緒に未来を創ろう~」と題したハッカソンを開催しました。当日参加者は、技術に基づく新たなコンセプトを核として未来のライフスタイルや価値をユーザーと共創していくことを目的に開発したコンセプトプロトタイプ「N」のSDKを活用し、パーソナライズドラジオ・サービスのアプリケーションをチームで開発しました。

開催概要


開催期間2017年2月18日(土)、19日(日)
実施場所ソニーシティ大崎
使用環境コンセプトプロトタイプ「N」
利用APIDevelop for N
講師・
チューター
川下太郎(進行・チューター)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開発本部
次世代商品向けのSDK/API開発、テクニカルサポートを担当

増井進太郎(チューター)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開発本部
次世代商品向けのアプリケーション開発を担当

入江一介(チューター)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開発本部
次世代商品向けのDeveloper Programを担当

石田敦雄(座学講師)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開発本部
次世代商品向けのマーケティングとコミュニケーションを担当

宅間信介(チューター)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開本部
次世代商品向けのツール開発を担当

鈴木健斗(チューター)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォームシステム研究開本部
クラウド要素技術開発を担当

根岸敦(チューター)
ソニー株式会社 R&Dプラットフォーム システム研究開発本部
次世代商品向けのUX開発を担当

22017年2月18日、19日 GO FOR IT 2017開催風景
川下太郎 PHOTO 増井進太郎 PHOTO
入江一介 PHOTO 石田敦雄 PHOTO
宅間信介 PHOTO 鈴木健斗 PHOTO
根岸敦 PHOTO
  • 今回参戦のハッカーの皆さん

  • まずはデバイスや開発環境についてチューターより説明

  • 最先端技術のデモに興味津々

  • 5チームに分かれて開発スタート

  • 知識豊富な現場のエンジニアが手厚くサポート!

  • 緊張の最終プレゼンテーション

  • 充実の2日間!参加者全員で記念撮影!

参加者の感想

参加者集合写真
  • ソニーらしさが出ていてすごく良かったです!
  • ソニーで働くトップレベルのエンジニアにアドバイスをもらえて貴重な体験だった
  • コンセプト製品を触ったのが初めてだったので、非常に楽しかった
  • 触れたことのない技術に触れる機会はとても貴重だった
  • 最新のデバイスを使って開発できたので良かった
  • ハッカソンに参加するのは初めてで、周りのレベルの高さの中で、自分もできる限り頑張る経験ができ、大変刺激になりました!
  • 開発環境もリラックスできる空間で、参加者もレベルが高く、色々と初めての体験ができました
  • みんなで一緒に考えると、どんどん新しいアイデアが出てきました