オープンハウス コース一覧

01.AIロボティクス製品

開催日程
2月19日(火)
開催期間
13:00~17:00
定員
30名
開催場所
本社

aiboをはじめとするAIロボティクス商品の商品設計全般、電気回路設計、機構設計、駆動制御、システム・アプリケーションソフトウェア開発、クラウドシステム開発など、AIロボティクス製品・サービスを支える技術に関する現場見学会です。
製品のデモや業務紹介を行い、世界トップクラスの技術力、仕事の醍醐味/魅力を感じていただけます。社員との交流・質問会も開催します。

該当する専門領域

  • ロボットに関する研究開発経験。
  • アナログ、デジタル回路設計の基礎知識。
  • 外装設計などの機構設計。
  • アクチュエーターなどの駆動制御技術。
  • システム・アプリケーションソフトウェア技術。
  • クラウドシステム開発。

02.コンスーマーカメラ

開催日程
1月25日(金)、2月18日(月)、2月27日(水)
開催期間
13:00~17:00
定員
各回25名ずつ
開催場所
本社

世界トップクラスのカメラマンにも選ばれているα™やCyber-shot™など、世界中の人に愛されているコンスーマーカメラの開発設計現場をご紹介します。
実際に社員が働いている職場の見学では、イメージングの最先端技術と、ソニーならではの小型化、高解像画素、高速・高精度AFをいかに融合させ一つのプロダクトを作り上げていくかを見ていただきます。
また、社員との座談会を通じて、仕事の醍醐味やどのように専門技術を磨いているかを知ることができます。

該当する専門領域

  • カメラをはじめとするコンスーマーイメージングプロダクツに興味のある方。
  • 高い技術力に興味がある方。
  • 以下の技術に関心や素養がある方。
    電気・電子回路設計、システム設計、AI、画像/映像処理アルゴリズム、機構設計、ロボティクス、光学設計、ソフトウェア開発、ソフトウェア制御、IP・ネットワーク技術など。

03.映像機器・メディカル関連機器(BtoB)

開催日程
1月21日(月)、2月8日(金)、2月14日(木)
開催期間
13:00~17:00
定員
各回25名ずつ
開催場所
厚木テクノロジーセンター

ハリウッドの映画監督、世界中の放送局に選ばれている映像機器から医療用機器まで、幅広い分野にわたるイメージング技術を応用した業務用プロダクツの開発設計現場をご紹介します。
実際に社員が働いている職場の見学では、IP伝送技術を加えた最先端のイメージング技術を駆使し、プロのお客様のニーズを超えるモノづくりの現場を見ていただきます。
また、社員との座談会を通じて、仕事の醍醐味やどのように専門技術を磨いているかを知ることができます。
具体的な事業領域・製品は次のURLからご確認ください。 http://www.sony.jp/professional/

該当する専門領域

  • 普段は見ることができない業務用製品に興味のある方。
  • 高い技術力に興味がある方。
  • 以下の技術に関心や素養がある方。
    電気・電子回路設計、システム設計、AI、画像/映像処理アルゴリズム、機構設計、ロボティクス、光学設計、ソフトウェア開発、ソフトウェア制御、IP・ネットワーク技術など

04.映像ソリューション (BtoB)

開催日程
1月31日(木)、2月5日(火)、2月20日(水 )
開催期間
13:00~17:00
定員
各回25名ずつ
開催場所
厚木テクノロジーセンター

ソニーが提供するイメージングを活用した世界トップクラスの映像機器で撮影した映像から、新しいUX を体験できるソリューションを開発し、ビジネスへ展開しています。
プロフェッショナル向け映像機器の開発をしている会社だからこそできる、ユニークかつハイクオリティなソリューション/サービス、その開発現場の魅力をご紹介します。また、各領域で活躍する社員との座談会を通じて、普段の業務内容、仕事の醍醐味から専門技術の磨き方まで知ることができます。
具体的な事業領域・サービスは次のURLからご確認ください。 http://www.sony.jp/professional/

該当する専門領域

  • 放送局やイベント現場等での映像番組制作をより進化させるようなソフトウエア技術やシステム製品を開発したい方。
  • B2B領域(文教等)での新規ビジネスの立ち上げやワークフロー改善に、最先端のソフトウェア技術(画像処理等)を使って挑戦したい方。
  • 上記を実現するための以下の技術に関心や素養がある方。AI、画像/映像処理アルゴリズム、ネットワーク、IoT、ソフトウェア開発、クラウド技術

05.スマートフォン/スマートプロダクト

開催日程
2月7日(木)、2月13日(水)
開催期間
15:00~18:00(予定)
定員
各回30名ずつ
開催場所
品川シーサイドビジネスセンター

Xperia™をはじめとするスマートフォン・スマートプロダクトの設計開発を担うソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の、ソニーの最先端の技術を集約したモバイルデバイスを設計開発する職場の見学を通じて、ものづくりへの想い・ビジネスの醍醐味・グローバルかつスピード感のある社風を感じていただきます。
若手社員との座談会も開催します。

該当する専門領域

下記いずれかの領域に興味をお持ちの方。

<ハードウェア設計>

  • 電気・電子回路設計、システム設計
  • アンテナや無線高周波技術
  • 機構設計

<ソフトウェア設計>

  • ビッグデータ分析・機械学習・深層学習
  • Android OS・Android™アプリ(イメージング、カメラなど)
  • Linuxカーネル
  • 組み込み機器制御ソフトウェア技術(電池持ち・発熱制御など)
  • 通信プロトコル(5Gなど)
  • クラウドネットワークサービス
  • IoTビジネス

06.テレビ/ビデオ/オーディオ

開催日程
2月12日(火)、2月18日(月)
開催期間
12:30~18:30
定員
各回36名ずつ
開催場所
ソニーシティ大崎

テレビ、ビデオ、サウンドの開発・設計を行っている部署を中心に、製品のデモや業務紹介を行い、世界トップクラスの技術力、仕事の醍醐味/魅力を感じていただけます。社員との交流・質問会も開催します。

該当する専門領域

  • 映像表現やオーディオやビデオ機器に興味をお持ちの方。
  • 映像を通して感動を与えたいという情熱を持っている方。
  • 以下の領域に関して技術的な理解がある方。

    テレビ:ソフトウェア設計・アプリケーション開発、信号処理・画像/映像処理アルゴリズム、電気・電子回路設計、システム設計、光学設計、パネル設計、機構設計、音響設計
    ビデオ/オーディオ:ソフトウェア設計・アプリケーション開発・電気回路設計・音響設計・機械工学・信号処理

07.研究開発コースA(2月21日)

開催日程
2月21日(木)
開催期間
13:00~17:30(予定)
定員
40名
開催場所
ソニーシティ大崎

下記4つの技術領域をデモを交えてご紹介します。また現場社員との座談会も実施予定です。

1.AR技術開発(光学):
次世代ARグラスに関する研究開発。

2.AR技術開発(システム):
次世代AR/MR向けソフトウェア技術の研究開発を以下を中心に紹介。

  • 画像認識技術を使った低遅延AR重畳表示
  • 3DARアプリケーション向け開発環境

3.ヒューマンインタラクション:
①認知科学や人間工学 ②センサーデバイスや認識技術 ③インタラクションデザイン、これらを駆使したインタラクション技術の研究開発。

4.Roboticsシステム(ROS/MW/SDK/HW):
次世代商品(ロボット、エージェントなど)の主要機能を実現するために、カメラ、LiDAR等のセンシングデバイス、画像認識、音声認識、機械学習、制御工学を統合し、広い意味でのロボティクス製品のアーキテクチャの構築や開発環境(SDK)を開発。
シミュレーターでの開発と並行してテスト機体を使い、実際に役に立つソフトウェア開発や、テスト機体のためのリファレンス基板・HWや新規センサを組み込むHW開発も実施。

研究開発コース 詳細及び開催日程について

08.研究開発コースB(2月22日)

開催日程
2月22日(金)
開催期間
13:00~17:30(予定)
定員
40名
開催場所
ソニーシティ大崎

下記4つの技術領域をデモを交えてご紹介します。また現場社員との座談会も実施予定です。

1.映像・コンピュータグラフィックス:
ソニーR&Dにおける映像技術開発の中から、高画質化技術や次世代の新しい映像体験のためのアルゴリズム・システム技術について紹介。

2.コンピュータビジョン:
画像を使って新しい"機能"を実現するため、コアとなるアルゴリズム開発から実世界で動作させるためのプロトタイピングまでを行っている部署を中心に、ロボット向け画像認識、AR/VR向け3D空間理解、次世代のセンサーを使った新体験など、最先端の技術を紹介。

3.低消費・高効率エッジAIプロセッサ:
センシングIoTで必須となる超低消費電力エッジAIプロセッサーや、ロボットに要求される超高効率なエッジAIプロセッサー開発について紹介。世界レベルの独自プロセッサーやプロセッサーアーキテクチャに興味のある方、是非ご参加ください。

4.ロボティクス:
持続的な次世代ロボティクスビジネスの差異化源泉となり得る要素技術を生み出すために、ハードウェアと制御を組み合わせた、先進的なモーションコントロール技術。

研究開発コース 詳細及び開催日程について

09.研究開発コースC(2月25日)

開催日程
2月25日(月)
開催期間
13:00~17:30(予定)
定員
40名
開催場所
ソニーシティ大崎

下記4つの技術領域をデモを交えてご紹介します。また現場社員との座談会も実施予定です。

1.人工知能・機械学習:
「人間に匹敵する知能をもつ機械」を目指すために必要な研究開発。特に、機械学習技術が企業の現場でどのように使われるものか、またそれらを応用したプロダクトやサービスはどのように作られるか等。

2.音声・自然言語処理:
「人のことばを理解して動作する機械」を目指すために必要な、音響信号処理、音環境認識、音声認識、自然言語処理などの要素技術の研究開発。

3.オーディオ・アコースティックス:
次世代の新たな音響体験のための基礎・応用研究開発において、収録から伝送、信号処理アルゴリズム、再生デバイスまで一連のオーディオ研究開発。

4.クラウドシステム:
次世代の商品・サービス(AIxRobotics、エージェント、IoT、Fintech)に向けたクラウドシステムの技術紹介。

研究開発コース 詳細及び開催日程について

10.研究開発コースD(2月26日)

開催日程
2月26日(火)
開催期間
13:00~17:30(予定)
定員
40名
開催場所
ソニーシティ大崎

下記4つの技術領域をデモを交えてご紹介します。また現場社員との座談会も実施予定です。

1.次世代商品開発:
次世代商品開発では、プロトタイプ開発を通じて、仮説の検証および要素技術開発をドライブしています。また、社内外の幅広い技術を組み合わせ、イノベーティブな製品を構想・具現化し、R&D発の新しいユーザー体験をコンセプトプロトタイプとして発信し、そのフィードバックを研究開発に活かしています。次世代商品のプロトタイプの例として、エージェント、VR/AR、ウェアラブルなどのデモをご覧いただき、コンセプトプロトタイプを創るための要素技術、ソフトウェア、システム技術について紹介します。

2.無線・通信:
次世代無線通信、無線センシング、映像・音楽配信技術領域の研究開発。グローバルに研究開発を進める現場の魅力を感じて頂ければと思います。

3.ヒューマンセンシング・知的アプリケーション:
AIやIoT領域で注目される、人や環境を理解するためのセンシング技術やアプリケーション技術を紹介します。

  • モーションセンシングによる人の動作解析や位置同定技術
  • 生体センシングによるバイタル状態推定やバイオメトリクス認証技術
  • コネクテッドウェアラブルデバイスを用いた人のトラッキングや行動認識技術

4.組込みLinux/並列処理/無線ソフトウェア:
次世代商品(ロボット、エージェント、IoTなど)を構成するためのシステム技術を紹介します。

  • 次世代商品に向けたフルスタックのシステムソフトウェア開発
  • 組み込みLinuxにおける技術開発、オープンソースソフトウェア活用した商品開発など
  • 低消費電力IoTやビジョンシステムに向けたシステムソフトウェア
  • Deep Learning処理や複雑な認識・制御アルゴリズム等を高速に実行するための自動最適化コンパイラ技術
  • 次世代商品に向けた無線システムソフトウェア技術
研究開発コース 詳細及び開催日程について

11.セキュリティ品質技術

開催日程
2月15日(木)
開催期間
13:00-15:00
定員
20名
開催場所
本社

ソニー製品やサービスのセキュリティを守るセキュリティ品質技術を担う部署のコースです。全製品のセキュリティを守るための活動、セキュリティ技術を紹介します。社員との交流、質問会も開催します。

該当する専門領域

  • IoT・AV/ITなど組み込み機器へのセキュリティ技術に関する応用に興味がある方。
  • 暗号、情報セキュリティ、ネットワークセキュリティ、OS保護技術、ハッキングなどの技術分野を得意としている或は興味がある方。
  • セキュリティキャンプや各種CTFで活躍されている方。

12.調達

開催日程
2月20日(水)、2月21日(木)
開催期間
13:00~18:00
定員
各回15名ずつ
開催場所
本社

社員からの直接のレクチャーを通して「調達とはどんな仕事か?」を知っていただけるセミナーです。調達は、最先端の技術からなる部品や材料を開拓・購買して、開発・設計担当者とともにソニー製品をつくりあげる仕事です。
新商品が市場に出る1~2年前から開発/商品企画部隊とタッグを組み、商品価値を決めるキーデバイスの選定から、購入数枠取り、取引先選定、価格交渉といった、ソニーの商品力を高めるための重要な判断をすることが求められます。
社員との交流会・質問会も開催いたしますので、調達の仕事の醍醐味をぜひ感じてください。

該当する専門領域

以下のいずれかをお持ちの方。

  • 製品や部品・材料を理解するための電気、機械、半導体などの技術的な知見
  • サプライチェーンマネジメントの知識
  • ミッション達成にむけて様々な社内外の利害関係者を説得し、協力関係を築きあげる情熱と行動力
  • 調達戦略を立案し実行するための情報分析力、語学力とそれらをベースにした総合的なコミュニケーション力

13.知的財産(パテント)

開催日程
2月25日(月)
開催期間
13:00~17:30
定員
30名
開催場所
本社

ソニーの発明を守るために、パテントのスタッフがおこなっている様々な業務を紹介します。発明を特許庁に出願するまでの工程の一部をデモで体験していただいたり、社員との交流・質問会も開催します。

該当する専門領域

  • 技術系(理系)専攻の方。
  • ソニーのCSR・環境・社会貢献
  • First Flight
  • AROMASTIC
  • MESH
  • FES
  • toio
  • HUIS
  • wena