Business Master Program コース一覧

※応募の受付は終了いたしました。

経理コース

日本企業として初めて米国証券市場へ上場するなど、ソニーは会計・税務の分野においても先進的な取り組みを行なってきました。
本コースでは、単独/連結会計や国内/国際税務など、会計・税務の一般的な基礎知識に関する講義に加え、ビジネスサポート(事業への貢献)、会計基準(US GAAP、日本基準、IFRS)や国内外の税法などの最新の動向を踏まえたソニーの対応・方針について、参加者同士のグループワークや経理部門の社員に対するプレゼンテーションなどを交えながら、インタラクティブに学んでいただきます。

開催日程
2月12日(火)、2月18日(月)
※連続したプログラムですので、全日程に参加できることが前提となります。
開催時間
1日目:10:00~15:00
2日目:10:00~17:30
定員
20~30名程度
開催場所
本社

募集対象

大学・大学院の専門課程で会計学や租税(法人税や国際課税)関連を専攻されている方や、これらを独自に勉強されている方。
企業会計・税務に興味・関心のある方。
会計・税務のみならず、経営管理や財務など、企業経営に関わる様々な領域に幅広く挑戦する意欲をお持ちの方。

財務コース

ソニーでは本社財務部門および金融子会社を通じてグローバルに財務活動を展開しています。
本コースでは、ソニーにおける資金調達、為替リスクマネジメントにおける財務関連実務、ソニーのグループ会社財務ガバナンス、また株主や投資家との対話のありかたについて学んでいただきます。

開催日程
2月19日(火)、2月26日(火)、3月5日(火)
※連続したプログラムですので、全日程に参加できることが前提となります。
開催時間
16:00~19:00
定員
20~30名程度
開催場所
本社

募集対象

企業財務、資金調達・運用、為替リスクマネジメント、会計などに興味・関心があり、将来のキャリアとして企業財務にぜひ取り組んでみたいと考えている方。

法務・通商コース

ソニーは、創業後早い時期から法務・コンプライアンス機能の重要性を認識し、組織整備、人材育成を行ってきました。また、早くからビジネスを世界展開しているソニーには、様々な通商業務(国際機関の動向確認や働きかけ、法令の解釈・社内展開など)を担当する専門部署があります。
このコースでは、ソニーの法務・コンプライアンス領域、通商領域の業務内容や取り組みなどを、参加者同士のグループワークや社員に対するプレゼンテーションなどを交えながらインタラクティブに学んでいただきます。
激変する法環境、市場、技術、社会の中で、法務・コンプライアンス部門や渉外・通商部が果たす役割、業務の面白さをぜひ体感して下さい。

開催日程
2月20日(水)、2月27日(水)、3月6日(水)、3月13日(水)
※連続したプログラムですので、原則、全日程に参加できることが前提となります。
開催時間
16:00~18:00
定員
20~30名程度
開催場所
本社

募集対象

下記のいずれかに該当する方を対象とします。

  • 法学部/法学研究科/法科大学院で学んだ法律論や解釈が、企業法務でどのように活かされているか、興味のある方
  • 契約を通じたビジネスの設計に興味のある方
  • 法律と技術を駆使してまったく新しい事業を開拓することに興味のある方
  • 外国語での海外企業との交渉や訴訟に興味のある方
  • 次のキーワードのいずれかに興味・関心のある方

◆キーワード
契約、民法、会社法、独占禁止法、著作権法、金商法、交渉、説得・納得、紛争解決、訴訟、コンプライアンス、ディスクロージャー、リスクマネジメント、ガバナンス、通商法、関税法、外為法、WTO