ソニーイメージングギャラリー 銀座

アキラ・タカウエ作品展 Theoretical Urban-Visionology
~ 建築構造/都市風景とファインアートの理論的融合 ~

建築・橋梁工学に関する専門家の視点から、景観理論に基づく理論的で精密な「コンポジション」に、昼間時の超長時間露光を含めた種々の撮影手法を駆使した「都市風景の異空間表現」を加味した「アーキテクチュラル・ファインアートフォトグラフィー」を追求してきた。本展示では、理論的「視点・構図」と芸術的「異空間表現」の理想的な融合と共鳴を目指したこの10年を総括、そして多くの未展示新作を含めることにより当該分野の更なる昇華を目指し、アーキテクチュラル・ファインアートフォトグラフィーとしての新しい都市風景を創造する。

プリント用紙協賛:マルマン株式会社 Canson Infinity

アキラ・タカウエ(Akira Takaue) プロフィール

写真家 | 工学博士 | 一級建築士 | P.E.jp

写真撮影での主たるカテゴリーは、構造工学や景観理論に基づく論理的で精密な構図に芸術的要素を加えた「アーキテクチュラル・ファインアートフォトグラフィー」。構造物の専門家の視点から世界の都市風景・土木建築構造物を撮影。
世界規模の国際写真コンテストでは、2013年、インターナショナルフォトグラフィーアワード(米国:ニューヨーク・カーネギーホール)での建築写真総合部門・最優秀賞を受賞やソニーワールドフォトグラフィーアワード日本部門賞2位受賞をはじめ、世界中で多くの賞を受賞し高い評価を受けている。
近年は商業ギャラリーでの個展・定期展示開催および作品販売、国内外のマガジン等へ寄稿・執筆、またフォトグラフィーキュレーターとして国際写真コンテスト審査員にて活動中。東京インターナショナルフォトアワード国際審査員。

オフィシャルサイト:アキラ・タカウエ Twitter:@Akira_TAKAUE

【受賞歴抜粋 (AWARS)】

2019年

3位:ONE EYELAND World’s Top 10 Black & White Photo Contest 2019:プロフェッショナル部門, 建築写真部門

2018年

1位:TRIERENBERG SUPER CIRCUIT, 2018:プロフェッショナル部門, 建築写真部門, オーストリア

2017年

1位、3位同時受賞:International Photography Awards:プロフェッショナル部門, Bridge/建築写真部門, 米国
2位:Moscow International Foto Awards:プロフェッショナル部門, Bridge/建築写真部門, ロシア
2位:Moscow International Foto Awards:プロフェッショナル部門, Cityscape/建築写真部門, ロシア
ファイナリスト:SIENA International Photo Awards, 英国

2016年

3位:Fine Art Photography Awards, 米国

2015年

1位:ND Awards, 米国
2位:Moscow International Foto Awards:Bridge/建築写真部門, ロシア
2位:Moscow International Foto Awards:Cityscapes/建築写真部門, ロシア
ショートリスト:London International Creative Competition, 英国
2位:2015 Sony World Photography Awards:日本部門賞, 日本
コメンディッド:2015 Sony World Photography Awards:OPEN部門, 日本

2014年

ファイナリスト:The Photographer of the Year Awards:Moscow International Foto Awards, モスクワ, ロシア
最優秀賞:Moscow International Foto Awards:プロフェッショナル部門, 建築写真部門総合, ロシア
3位:Moscow International Foto Awards:プロフェッショナル部門, Bridge/建築写真部門, ロシア
1位:Moscow International Foto Awards:プロフェッショナル部門, Cityscape/建築写真部門, ロシア
1位:at (en)Visionography B&W Fine Art Photography Contest, ギリシャ
3位:International Photography Awards:プロフェッショナル部門, Other/Special, ARC, AD部門, 米国
1位:Artfreelife.comコンテスト:建築写真部門

2013年

ファイナリスト:The Discovery of the Year Award:11th Annual Lucie Awards Honor Photographers, カーネギーホール、ニューヨーク
最優秀賞:International Photography Awards:建築写真部門総合, 米国
1位:International Photography Awards:Other/建築写真部門, 米国
1位:International Photography Awards:Cityscapes/建築写真部門, 米国
1位:International Photography Awards:Building/建築写真部門, 米国
3位:The 7th annual Px3 competition, フランス

2012年

1位:1x.com Photo Awards:建築写真部門, スウェーデン
ファイナリスト:ナショナルジオグラフィック フォトコンテスト, 米国
ファイナリスト:World Open of photography, 米国

【出版抜粋 (PUBLICATION/ INTERVIEW/ ACTIVITY)】

2019年

Chiiz Magazine インタビュー特集, インド
日本カメラ 特集 “Conceptual Urbanscape II”, 日本
“La Fotografia Magazine” インタビュー特集, スペイン
“LE Magazine No.6” コラム執筆, 英国

2018年

“LE Magazine Annual Book”, 英国
“LE Magazine No.4” コラム執筆, 英国
“LE Magazine No.3” コラム執筆, 英国
“LF Magazine” インタビュー特集, フランス
"Vietnam - Japan Project 「越日経済・文化交流フェスティバル」, ベトナム
"Island Gallery Official Calendar 2019, 日本
"Lens Magazine Issue 45”, インタビュー特集

2017年

“DFUN” インタビュー特集, 台湾
“BLACK MAGAZINE” インタビュー特集, ドイツ
"Practice Photography”, インタビュー特集, 英国
"CAMERAPIXO INSPIRE 19, 英国
"Edge of Humanity Magazine”, インタビュー特集, 日本

2016年

“VISIONS” 1x.com Year Book, スウェーデン
"Lens Magazine Issue 21”, インタビュー特集
"EL PAÍS”, インタビュー特集, スペイン
"CAMERAPIXO, 英国
PhotoBlog.HKインタビュー, 香港

2015年

”Lens Magazine Issue 15”, インタビュー特集
” ArabPx Magazine”, インタビュー特集
“MEMENTO” 1x.com Year Book, スウェーデン

2014年

“PENTAPRISM ISSUE 3”, イタリア
“The Camera” in ARCSPACE.com, インタビュー特集, デンマーク
“MONO” 1x.com Year Book, スウェーデン
"CAMERAPIXO (en) Visionography, 英国
"International Photography Award Winners Book”, 米国

2013年

“Photographic Visions” 1x.com, テクニカルチュートリアル記事, スウェーデン
“CAMERAPIXO Lost and Found”, 英国
“Stark-Magazine-Issue 16” インタビュー特集, 米国
“PASSION” 1x.com Year Book, スウェーデン
“Camera”, Art Magazine, インタビュー特集, ドイツ
“Dodho Magazine Issue 8” オランダ

2012年

“Fotoblur Magazine Issue 9”, カナダ
“CAMERAPIXO Issue21”, 英国
“LENSA MAGAZINE #4”, インドネシア
“NOWORDS” 1x.com Year Book, スウェーデン

2011年

“Fotoblur Magazine Issue 9”, カナダ

2010年

“In Pursuit of the Sublime” 1x.com Year Book, スウェーデン

【展示抜粋 (EXHIBITION)】

グループ展:
小作品展~小さな窓から始まるアートの旅~, Island Gallery, 日本, 2019年
グループ展:
夏の終り、秋の始まり~, Island Gallery, 日本, 2019年
個展:
コンセプチュアル・アーバンスケープ II, Island Gallery, 日本, 2019年
グループ展:
International Photography Award Best of Show Exhibition, ニューヨーク, 2018年
グループ展:
10 Colors, Island Gallery, 日本, 2017年
個展:
コンセプチュアル・アーバンスケープ, Island Gallery, 日本, 2016年
グループ展:
Moscow Int‘l Foto Awards Best of Show Exhibition, Rooftop Gallery, バンコク、2014年
グループ展:
International Photography Award Best of Show Exhibition, ニューヨーク, 2014年
グループ展:
Juried Photography Exhibition URBAN LANDSCAPE, 1650ギャラリー, ロサンゼルス, 2013年
グループ展:
Hurbanism, Hariviera Gallery, イスラエル, 2012年7月

ギャラリートークのゲスト紹介

佐々木秀人氏 (「日本カメラ」編集長)

1972年長野県生まれ。
飯田高校、専修大学経済学部卒業後、1994年、株式会社日本カメラ社入社。広告部を経て、月刊日本カメラ編集部へ。本誌では主にメカニズム記事、特集記事を中心に編集に携わる。2017年1月号から編集長に就任。

TAKASHI氏 (フォトグラファー)

富士山をテーマに主に海外写真サイトで作品を発表してきた。2018年にNational Geographic Traveler誌の表紙に採用され、Sony World Photography Awards 2018 日本アワード3位を受賞。2019年は日本カメラ表紙で紹介されるなど国内活動も広がっている。

池谷友秀氏 (フォトグラファー)

作家として「コントロール」をテーマに作品を撮り続けている。国内外で数多くの賞、展覧会開催や国際アートフェアに出展。世界最大のフォトコンペティション、International Photography Awardsを受賞し、海外でも評価が高い。中でもライフワークとして撮影している水中撮影の分野では、「生と死」というテーマに挑み続け、人間と水との濃密な関係を強く表現している。
オフィシャルサイト:池谷 友秀

黒田明臣氏 (写真家/株式会社ヒーコ代表取締役)

1983年生まれ。東京都出身。デジタルを活用した作家活動を通して、フリーランスエンジニアから商業写真家へとキャリアシフト。SNSと写真をテーマに、企画から制作まで幅広く担当するプレイングマネージャー。異なるスキルをミックスした視点でマルチに活動。スマホ時代のビジュアル制作、クリエイターギルド、メディア運営を主事業とする株式会社ヒーコを立ち上げ。同社代表取締役。