40V型および46V型液晶テレビ「KDL-40X1000 / KDL-46X1000」のテーブルトップスタンド無償交換のお願いとお詫び

2010年4月1日
ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーカスタマーサービス株式会社


平素は、ソニー製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
このたび、2005年11月から販売いたしました弊社製40V型および46V型液晶テレビ「KDL-40X1000 / KDL-46X1000」の一部(下記対象製造番号参照)に、製造上の不備によりネジ穴部分の強度が不十分なテーブルトップスタンドが付属されていた可能性があり、テレビ本体の角度調節を行なう等繰返し力が加えられた場合、まれにテレビ本体がテーブルトップスタンドから転倒落下するおそれがあることが判明いたしました。

つきましては、対象製造番号の製品をお持ちのお客様には、無償にて付属テーブルトップスタンドの交換をさせていただきますので、下記「ソニーテレビ受付センター」までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

また、対象製造番号の製品をお持ちのお客様は、付属テーブルトップスタンドの交換が終わるまで、テレビの角度調整をされないようお願いいたします。

ご愛用のお客様には、ご不便、ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。今後より一層の品質向上に努めてまいりますので、なにとぞご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

− 記 −

型名の確認方法
該当製品の対象製造番号
  型名:KDL-40X1000  製造番号: 7000001〜7007505
  型名:KDL-46X1000  製造番号: 7000001〜7006727
  ※ 上記対象製造番号に該当しないテーブルトップスタンドは対象外です。

製造番号確認方法
  保証書をご覧ください。
  保証書がない場合には以下で確認方法をご案内しております。


KDL-40/46X1000 製造番号確認方法

★リモコンによる製造番号確認方法
(注)リモコンで製造番号を確認した際に「0」と表示される場合には弊社のサービス部門よりお伺いし、対象か非対象であるかの確認をさせていただきますので、ソニーテレビ受付センターへご連絡ください。

【手順(1)】
 付属のリモコンRM-J1100の蓋を下図のように開けて下さい。
 蓋が閉じた状態と開いた状態の写真
【手順(2)】
 「電源」ボタンを押してテレビの電源を入れる

【手順(3)】
 「アナログ」ボタンを押して地上アナログにする

【手順(4)】
「ホーム」ボタンを押してテレビの画面が下図のようになることを確認する


【手順(5)】
 「決定」ボタンを左側に倒して一番左側にある「設定」のところまで移動


【手順(6)】
 「決定」ボタンを下側に倒して下から2番目にある「機器情報」のところで止める


【手順(7)】
 「機器情報」を選んだ状態で「決定」ボタンを押すと下図のように「暗証番号設定」が表示される


【手順(8)】
 「決定」ボタンを下側に倒し上から6番目の「カード・受信機情報表示」のところで止める


【手順(9)】
「カード・受信機情報表示」を選んだ状態で「決定」ボタンを押すと下図のような画面になる 
【手順(10)】
上図の状態で「赤」ボタンを押すと次ページになり、下図のように製造番号が表示された画面になる  




【専用受付窓口】
連絡先:ソニーテレビ受付センター
電話番号:0120-335-855(専用フリーダイヤル)
(PHS・携帯電話からもご利用可能です。)
受付時間:月〜金曜日  9:00〜18:00
土・日・祝日  9:00〜17:00

個人情報の取り扱い

上記窓口にてお客様からご提供いただく氏名、住所などの個人情報は、本件のお問い合わせ、修理およびアフターサービスのためにのみ、ソニー株式会社、ソニーマーケティング株式会社、ソニーカスタマーサービス株式会社の三社(以下ソニー)が利用、保管させていただきます。
また、一部の作業を委託する協力会社に当社からお客様の個人情報を開示することがありますが、使用・保管・廃棄については、ソニーと同様に管理を徹底させます。お客様からご提供いただく個人情報の管理責任者はソニー株式会社となります。
その他、ソニーの個人情報保護に関する方針・取り扱い内容につきましては、 「ソニーグループ・プライバシーポリシー」および 「個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内」をご参照ください。
* このたびご提供いただくお客様の個人情報について、照会、修正、消去、または利用停止を希望される場合は、上記窓口にご連絡ください(消去および利用停止をされた場合は、利用目的に基づく対応ができない場合がございます)。


このページの先頭へ