Create Immersive Music Without Limits

360 Reality Audioとは、ソニーの立体音響技術を用いた新しい没入感のある音楽体験です。全天球(360度)に動的にそれぞれの音をオブジェクトとして自在に配置し、リスナーにその立体的な没入感のある音楽体験を提供します。

お持ちのヘッドホンをつけてください

ワークフロー

スタジオやライブ演奏を収音した標準ステムファイルやマルチトラック音源を、360 Reality Audio Creative Suiteを使って360 Reality Audio音源にミックスします。 音楽配信に適した国際標準であるMPEG-H 3D Audioに準拠したフォーマット、360 Reality Audio Music Formatとして各音楽ストリーミングサービスから配信します。

コンテンツ制作

360 Reality Audio Creative Suite をお持ちのDigital Audio Workstationにインストールし、ヘッドホン一つで全天球(360度)に各Trackの音を自由に配置し動かす事で没入感のある立体的な音楽を制作できます。ソニーの立体音響技術を使うことで、スピーカーシステムでも、またヘッドホンモニターでも制作することが可能です。

コンテンツ配信

音楽配信の時には、国際標準であるMPEG-H 3D Audioに準拠したフォーマットとして各音楽ストリーミングサービスに提供します。

コンテンツ再生

360 Reality Audio再生に対応した音楽ストリーミングサービスアプリをスマートフォンにダウンロードし、ヘッドホンや認定スピーカーで体験することができます。

コンテンツ制作

360 Reality Audio Creative Suite をお持ちのDigital Audio Workstationにインストールし、ヘッドホン一つで全天球(360度)に各Trackの音を自由に配置し動かす事で没入感のある立体的な音楽を制作できます。ソニーの立体音響技術を使うことで、スピーカーシステムでも、またヘッドホンモニターでも制作することが可能です。

コンテンツ配信

音楽配信の時には、国際標準であるMPEG-H 3D Audioに準拠したフォーマットとして各音楽ストリーミングサービスに提供します。

コンテンツ再生

360 Reality Audio再生に対応した音楽ストリーミングサービスアプリをスマートフォンにダウンロードし、ヘッドホンや認定スピーカーで体験することができます。

はじめに

360 Reality Audioコンテンツ制作の様子をご覧ください

お持ちのヘッドホンをつけてください

360 Reality Audioミキシング Audio Futures社 (Virtual Sonics社の子会社) の360 Reality Audio Creative Suiteは、プラグインタイプのソフトウェアで、主なDigital Audio Workstationで360 Reality Audioコンテンツの制作が行えます。

360 Reality Audio ミキシングスタジオ

エリアを選択して、360 Reality Audioコンテンツ制作に携わっているスタジオの情報をご覧ください。

音楽制作に最適なソニー製
プロフェッショナルオーディオ製品のご紹介

Q&A

マルチトラックデータから360 Reality Audioの楽曲制作が可能です。またステムデータからも制作できます。ステレオマスターからは制作できません。

360 Reality Audio効果をしっかり体感するには、13 chのスピーカーシステムを推奨します。

360 Reality Audio Creative Suiteでは、リアルタイムでヘッドホンレンダリング機能があり、制作時にはヘッドホンで13chスピーカーの音場を再現できます。

360 Reality Audio Creative Suiteは、ヘッドホンで再現する為のバーチャライザーを搭載しています。音が鼓膜に届く際には、部屋の反響や耳の形状などの影響を受けて、空間で音の変化が生じます。ヘッドホンで再生する時には、ヘッドホンで再生される音にこれと同じ音の変化をデジタル処理で再現することで、あたかもその場にいるような臨場感を体現することができます。

普段Digital Audio Workstationでご使用になっているヘッドホンをそのままご利用いただけます。

360 Reality Audio Creative Suiteとは、主にオブジェクトベースのミキサーであり、3D全天球の空間でオーディオオブジェクトをミキシング、およびパンニングする事ができます。

360 Reality Audio Creative Suiteの詳細はこちら

オーディオコンテンツの作成と技術ガイドラインに関する最新情報については、こちらにお問い合わせください。(英語のみ)

360 Reality Audio楽曲再生は、対応の各音楽ストリーミングサービスのプレミアムプログラムに登録する事で体験できます。詳細はこちら。ヘッドホンに対応の音楽ストリーミングサービスの詳細は「ヘッドホンに対応の360 Reality Audio音楽ストリーミングサービス」を、スピーカーに対応の音楽ストリーミングサービスの詳細は「スピーカーに対応の360 Reality Audio音楽ストリーミングサービス」をご覧ください。

360 Reality Audio楽曲はどのステレオヘッドホンやイヤホンでもそのヘッドホンの性能にあわせてお楽しみいただけます。さらにソニー製認定ヘッドホンでは、音場を一人一人に最適化した、より没入感のある音楽体験ができます。詳細はこちらをクリックし、「360 Reality Audio認定ヘッドホン」をご覧ください。認定スピーカーに関してはこちらをクリックし、「360 Reality Audio認定スピーカー」をご覧ください。

360 Reality Audio楽曲は、主要Digital Audio Workstationで使用するマルチトラックデータやステムから制作できます。各オーディオファイルは48kHzサンプルレートである必要があります。

はい。 いくつかの考慮事項があります。各ステムのレベルは、360 Reality Audio環境上で組み合わせたときに元のミックスと一致するように設定しておくと作業が行い易くなることがあります。また360 Reality Audioのヘッドルームは聴感がステレオ環境と異なる為、よりミックスを行い易くする下準備を施しておくと良い場合があります。例えば、リバーブエフェクトが乗って書き出されたステレオのリードボーカルステムデータを使用するよりも、リバーブが乗っていないモノラルのリードボーカルデータと、リバーブ要素だけが入ったオーディオデータを分けて用意することでより柔軟な360 Reality Audioでのミックスが行う事ができます。