SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2024年1月23日

ソニー、ワールドアスレティックスとスポンサーシップに関する基本合意

2025年の世界陸上東京大会を含む3年契約で、テクノロジーを活用しスポーツの感動体験創出へ

ソニー株式会社
ワールドアスレティックス

ソニー株式会社(以下、ソニー)は、ワールドアスレティックス(World Athletics:世界陸連)と、2024年から2026年までのスポンサーシップに関する基本合意に至りました。これに基づき、ソニーは本年3月1日に開幕するグラスゴー2024世界室内陸上競技選手権大会より、2026年末までに行われるワールドアスレティックスシリーズの全ての大会をサポートします。なお、本スポンサーシップには、2025年9月に東京で開催される第20回世界陸上競技選手権大会が含まれます。陸上競技(トラック&フィールドおよびランニング競技)の国際競技連盟であるワールドアスレティックスは、1912年に設立され、ビジネスパートナーや放送局などとのパートナーシップや国際大会の創設、アスリート支援などを通じて、200か国以上の国と地域で陸上競技の発展に努めています。
ソニーは、テクノロジーの力でクリエイターと感動を共創することを目指しており、両社は互いの理念に共感し、今回の基本合意に至りました。

左:ソニーグループ株式会社 社長 COO 兼 CFO 十時裕樹、右:ワールドアスレティックス 会長 セバスチャン・コー

ソニーは、ワールドアスレティックスシリーズにおいて、ミラーレス一眼カメラα™(Alpha™)やGマスター™をはじめとする多彩な交換レンズ、システムカメラや放送向けソリューションなど最先端のテクノロジーで、フォトグラファーなどの映像制作者がアスリートの活躍をとらえ、世界中にお届けする感動を一層高めていきます。また、ソニーのグループ会社であるHawk-Eye Innovations(ホークアイ)の審判判定支援サービスにより、公平な大会運営に貢献していきます。

ソニーグループ株式会社 社長 COO 兼 CFO 十時裕樹のコメント

この度、陸上競技における世界最高峰の大会としても知られるワールドアスレティックスシリーズとのスポンサーシップに関する基本合意を得られたことを嬉しく思います。ソニーは、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というPurpose(存在意義)のもと、スポーツが生み出す感動をテクノロジーによって高め、世界中のスポーツファンに届けることで、スポーツの発展に貢献します。

ワールドアスレティックス 会長 セバスチャン・コーのコメント

陸上競技にとってエキサイティングな時期を迎えようとしている今、競技がもたらす興奮や、選手の息をのむようなパフォーマンスをとらえるために、ソニー以上にすばらしいパートナーは考えられません。今年は、5つのワールドアスレティックスシリーズに加えてパリでもアスリートが競い合い、ナンバーワンのオリンピック競技である陸上競技に世界中の注目が集まります。ワールドアスレティックスシリーズにおいて、ソニーのテクノロジーで撮影する、陸上競技の歴史に残る数々の瞬間を楽しみにしています。

このページの先頭へ