ソニーイメージングギャラリー 銀座

林明輝 作品展 DesignScape -新しい風景のかたち-

ドローンを駆使した風景撮影の魁となった写真家 林 明輝氏。いまや「ドローンカメラマン」として様々なメディアで取り上げられている。
ソニーイメージングギャラリー 銀座での作品展開催は本作品展で2回目である。前回は2015年5月、国内初のドローンから撮影した作品展『空飛ぶ写真機 -ドローンで見た日本の絶景-』を開催し好評を博した。本作品展でもドローンで撮影した作品が展示されるが、それ以外にも地上から撮影した作品も展示する。

各地の絶景を1枚の写真だけで見せるのではなく、より立体的に絶景の奥深さを伝えたいという発想から、違った視点でとらえた二点を組み合わせて構成している。
例えば、同じ撮影地や、同じ被写体を地上と空撮で見せるバージョンや、違う時間帯、つまり違う光線状態で構図やアングルを精査しつつ被写体とじっくり対峙して撮影したバージョンなど、いろいろな視点からの捉え方を組み合わせることにより、風景写真にこれまでとは違った面白さやストーリー性を持たせている。

「2009年から導入したドローンは、“空飛ぶ三脚”として役立ってくれた。だが、基本は地上で三脚をすえた撮影だ。心にわき上がるイメージが、現実となって目の前に繰り広げられるまで、同じ場所の同じ位置に何度も三脚を立てる。これと並行して、改めて地上の様子を上空から見つめ直すと、ドローンによる空撮の価値が再認識できた。こうして“風景をデザインする”というコンセプト『DesignScape』で訪れた撮影地は列島各地で200ヶ所ほどになっていた。名の知れた撮影地は、より新しい視点で迫り、世の中にまだ知られていない撮影地は、その地で覚えた新鮮な気持ちが伝わる写真を目指した。イメージされた風景が撮影できるまで、その可能性を信じて何度も通い続けた。その結果、これまでの風景写真では味わうことができなかった新しい感動を味わっていただける作品が撮影できたと自負している」と林氏は語った。

有名無名を問わず全国各地の絶景の素晴らしさや奥深さを、写真や動画を通じて堪能できる作品展にぜひお越しいただきたい。

りん 明輝めいき プロフィール

撮影:岡田一女子

1969年、神奈川県生まれ。
日本の絶景を求めて、年間200日以上、各地を旅する絶景写真家&ドローンパイロット。東京都写真美術館収蔵作家。独自の視点で、日本の自然風景の醸し出す微妙な空気感、透明感を表現した作品の発表を続ける。
写真教室「輝望フォトグラファーズ」主宰。日本写真家協会会員 日本自然科学写真協会理事。銀座を始めとする各地のαアカデミーの講師を務める。

写真集に『あまかざり』『水のほとり』(共に愛育社)、『森の瞬間』『大きな自然大雪山』(共に小学館)、『空飛ぶ写真機』『自然首都~福島県只見町の四季』(共に平凡社)など。

2007年
東京都写真美術館の企画展「地球の旅人」で自然風景の大型プリント作品を発表。ロンドンに拠点を置くEAST- WEST ART AWARD 2011-2014の写真部門審査員を担当。
2012年
国際交流基金主催の写真展「東北-風土、人、くらし」を担当。作品はニューヨーク、北京をはじめ、世界20カ国以上を巡回。
2015年
ドローンを駆使して、列島各地を空撮した作品展『空飛ぶ写真機 -ドローンで見た日本の絶景-』を開催。8000万画素のデジタルバックを駆使した写真展『自然首都~福島県只見町の四季~』を富士フイルムフォトサロン各地で開催。
2016年
  • BS12チャンネル 『未来愛車』にドローンカメラマンとして出演し、トヨタ四代目プリウスの空撮を担当。
  • モーターマガジン社 『月刊カメラマン』「山紫水明・傑作選」にて写真連載 2016年の一年間担当。
2017年
「日本の絶景」というコンセプトで、ドローン空撮動画や水中動画を、数回にわたり、フジテレビジョン『とくダネ!!』にて放映
2017年 4月
  • HCLフォトスペース神田にて「日本の四季」を開催
  • ソニーストア銀座オープンスペースにて、「最先端のミラーレスカメラが捉えた、日本各地の絶景映像」を開催
2017年 3月~5月
ソニーストア名古屋、大阪、福岡にて、写真展「美しき日本の絶景」巡回展を開催
2017年 9月21日~9月24日
東京ビックサイトで行われるツーリズムEXPO(環境省主催)に国立公園の写真を提供
2017年 9月
カメラファン(玄光社)WEBページにてトキナーレンズFirin 20mmF2で撮りおろした作品を発表

『DesignScape -新しい風景のかたち-』は、ソニーストア名古屋、福岡、大阪、札幌のαギャラリースペース、その他のギャラリーでも巡回展を予定しています。