ソニーイメージングギャラリー 銀座

Kazunori Nagashima 作品展 soliloquy -独白の空間-

自己と他者の認識の差、これが私の作品制作におけるテーマです。
日常生活はいつも対比に満ちていて、それが私たちを形成していますが、何とかバランスをとっているようです。
全体で調和しているようにも見えますが、一方で様々なところでトリックを見つけることもできます。

初めて訪れるカフェで二人が向かい合って席に着けば、二人が覚えている風景はそれぞれ異なるかもしれません。
東からの旅人と西からの旅人は、同じ道を辿っていても見てきた景色は違うでしょう。
その違いがたとえ微かであっても、その発見や誤解は世界を複雑にしているといつも私は考えています。

今回、soliloquyと名付けられたこの作品では登場人物は一人であるにもかかわらず、自己と他者の認識が一人で完結し、時に混乱と調和が見られます。
この作品の中では、幾分シュールで独特な空気感に包まれている主人公が登場し、一人の独立した現代女性の繊細さが叙情的に表現されています。
主人公が触れた家具の冷たさや暖かさが、見ている人の感覚を微妙に刺激するアクセントになっており、それぞれの写真は文脈を醸し出しています。
多重露出やポストプロダクションの効果は決して写真の範囲を超えず、彼女の存在や幻想、あるいは不在の感覚を伝えるために使用されています。

彼女の意識と無意識の間の微妙なはざま、または彼女の意思と無関心のトーンは、現代の女性が自分自身に語りかけている”独り言"によって切り取られています。

Recognition of the self and others, this is the theme of my work.
Our daily life is full of contrasts.
Every difference makes us, yet we like them to be balanced somehow.
And, everything in this world seems to be harmoniously synched.

If two friends are facing each other across the table in a new café, the drawings on the wall they remember may be different.
Or, a traveler from the east and a traveler from the west may see different scenery even if they are walking on the same road.
Even though the differences are faint, I always think that noticing or misunderstanding them complicates the world.

Appearing alone in these works, the subject somehow recognizes both oneself and others who are not there, illustrating through her "soliloquy" the dichotomy of confusion and harmony occupying the same space.
The independent modern woman is described in tones of perceptively lyrical and surreal feeling throughout the series, her mood as the central character filling the air.
Each photograph encourages a sense of space, context and story. The cool and warmth of the furniture touched by the subject serve as accents that subtly stimulate the viewer's sense of intuition. The effects of multiple exposure or post-production do not go beyond the photographic range, and are used to pass on her absentmindedness, her presence and illusions.
The fiber between her consciousness and unconsciousness, and her sense of purpose and apathy, are captured by the title "soliloquy", the photos showing a modern woman taking herself in.

Kazunori Nagashima (長嶋一憲) プロフィール

1971年 神奈川県横浜市生まれ
文教大学文学部卒業後、マレーシアで日本語教師として2年間従事。帰国後、歌舞伎座で大道具の製作に携わった後にフォトグラファーに転向。

2010年
横浜ポートフォリオレビューに参加
2014年
オランダ・アムステルダムのBinding Image、イギリス・ブライトンのG Book Showに参加
2016年
International Photography Award 2016,の「Fine Art – Other」で2位.
Graphis Photography Annual 2016,で金賞を受賞
Tokyo International Foto Awards, Honorable Mention 佳作
2009~2017年
International Photography Award 佳作
2015~2017年
PX3, Honorable Mention 佳作

Profile Kazunori Nagashima

Born in Yokohama, Japan, in 1971.
Graduated from Bunkyo University, then worked as a Japanese language lecturer in Malaysia for two years.
Became a professional photographer in 2004 after being a scene carpenter at Kabuki-za theater.

Participated in the Yokohama Portfolio Review in 2010.
Presented "Binding Image" in Amsterdam, The Netherlands, and "G Book Show" in Brighton, England, in 2014.
International Photography Award 2016, 2nd place in Fine Art - Other.
Graphis Photography Annual 2016, Gold prize.
International Photography Award, Honorable Mention, 2009-2017.
PX3, Honorable Mention, 2015-2017.
Tokyo International Foto Awards, Honorable Mention, 2016.