ソニーイメージングギャラリー 銀座

田中良知 作品展 SUPER OLD -超老たちの手-

生命力あふれる日本人を撮りたいと思い、100人以上の様々な分野のベテランスペシャリストの方々にお逢いしてきました。平均年齢90歳を超えた彼らの存在感に魅せられて撮影した写真の中から、「手」の作品に絞り敬老の日に合せて展示します。 戦中戦後の激動期や大震災を乗り越えてなお、明るく前に進もうとする情熱、歴史が刻み込まれた皺。そんな超老たちの「凄み」を感じていただければ幸いです。

田中良知(タナカ ヨシトモ)プロフィール

1965年
福岡県生まれ
1987年
写真家 十文字美信氏に師事
1994年
フリーランスの写真家として独立し田中良写真事務所を設立
2000年
有限会社 ビボットを設立

現在、ポートレートを中心に広告、雑誌等での撮影のほか、コンテンポラリーアート、日本の職人と漁師、会社経営者の撮影も多く手掛けている。

〈主な出版物〉

2002年
写真集「BREATH OF MYANMAR」
2015-2018年
DVD BOOK「気と骨 スペシャル」シリーズ6冊刊行

〈主な作品展〉

1996年
個展「空のない道」(ギャラリヴェリタ)
1996-1997年
路上写真展「SHINJUKU STREET PROJECT」に出品
1997年
「第9回フォトジャーナリズム・フェスティバル」に出品(フランス)
2006年
VQ 展「ALIVE」に出品 (VQ スタジオ)
2017年
「光峰プラタナス展」に出品 (東京アメリカンクラブ)
2019年9月
個展「SUPER OLD − 超老たちの肖像 −」(市兵衛町画廊)