※本製品の受注は2019年8月31日をもって終了させていただいております。

LiSAコラボレーションモデルは、音質カスタマイズモデル XJE-MH1を、LiSAさんがプライベートで音楽を楽しむ時に使っていただけるよう、専任エンジニアとカウンセリングをして音質をチューニングし、制作したモデルです。

ライブで普段から大きく迫力のある生演奏を体感しているLiSAさんは、圧を感じるものではなく、出来るだけ耳に負担の無い、リラックスしてストレスなく音楽を楽しめる様なコンセプトでチューニングをされました。

「目の前に演者がいて奏でてくれるみたいな立体感、空気感を感じる様な音が好き。空気感は大事。」

まずLiSAさんがどんな音楽が好きで、どんな聴き方をしているかをうかがいます。

「バンドサウンドももちろん聴きますが、ヒップホップとかR&B等、洋楽の歌モノが多いです。自分がシンガーなので、歌が良く聴こえて、歌心がある曲が聴きたい時が多いですね。」このヒアリングからエンジニアが音質カウンセリングをします。

試聴用のサンプルモデルを聴きながらの音質カウンセリングでは、ベースのグルーブ感にこだわりました。

「サンプルを聴いた時点ですごく自分好みでした。そこから自分のオーダーとして、ベースのグルーブが良く聴こえる様にとか、ハイの収まりがいいとか、歌の輪郭が見える様にとかいったところを、音の調整をしながら少しずつチューニングしてもらいました。」

「音楽を聴くなら、ゆるく体を揺らせるようなグルーブ感が欲しい。ベースのうねっている感覚が少し強いと良いとお願いしました。」

そうして完成したJust ear、LiSAコラボレーションモデルの仕上がりは?

「そうそうこれこれ、聴きたかった音はこれ、みたいなモノを作ってもらいました。」

「Just earは空気感が大きくつくられているので、ボーカルの息づかいだったりとか、自分が歌っている感覚とすごく近い音で歌を聴かせてくれるので、私も歌を歌う側として、その楽曲のボーカルがどんな風に歌っていて、どんな息づかいを使っていてというのがすごくはっきり聞こえて、とても気持ちがいいです。」

音楽を仕事にしているからこそ、プライベートでの音楽の聴き方は別と語るLiSAさん。Just earを手にしてからはすごくリラックスして音楽を楽しめる様になったと言います。

「自分だけのモノを作れるっていうのは凄く特別と思います。Just earでは、耳型からすごく綿密にやっていただいて、精密に仕上げていただいて、自分好みの、自分が聴きたい音を作れる、既存のものでは足りない部分を自分がカスタマイズ出来るっていうのは、すごく夢のイヤホンだなと思います。」

LiSAさんの手書きサインとメッセージ:今日もいい日だっ。

このイヤホンで私の作った楽曲を聴いて頂けたら 「あ、LiSAってこういう音を作りたかったんだなあ」 というのが明確に感じてもらえると思います。

PAGE TOP
このエントリーをはてなブックマークに追加