SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

Just ear を愛用いただいているオーナーの皆さんから、選ばれた理由や、使い心地についてお話をうかがいました。

コメントを頂いた順に掲載させていただきます。

株式会社MAGES.代表取締役社長 志倉千代丸さん

New!

イヤホンにも色々種類がありますが、その多くは低域と高域が強調されがち。そんな華やかで派手な音響設計にも勿論魅力はあるんですが、残念ながら強調するほどトラック毎の音は逆に聞き取りにくくなるので、少なくともスタジオ現場での制作には向きません。

全帯域を均一にカバーしながらも明瞭に分離された楽器毎のアタックを伝えてくれる感覚は制作者にとって必須。

また、ボーカリストとマイクとの距離感すら伝わってくるような再現性の魅力は、2MIXという制約の中において確実なアドバンテージがあります。

そんなスタジオサウンドを体感したい方に是非お勧めしたいマニアックな逸品です。

ついでに言うと耳コピにも向いています(笑)

アーティスト、モデル 春奈るなさん

New!

Just ear、愛用させていただいています!

完全に耳にフィットするので、動いても走っても安心の装着感!

私はパキッとした硬めの音が好きなので、硬めの音に調節していただいているのですが、1つ1つの音が粒立って聞こえて、音の世界に包み込まれるような感覚になります。

音楽はもちろん、ゲームやドラマCDを聞いたり、これからも色々なシチュエーションで、Just earを愛用していきたいと思います!!

わたしのオト へJust earのご感想を掲載いただきました

Rhizomatiks 真鍋大度さん

New!

アナログとデジタル、プロダクトデザインとエンジニアリングの 融合の究極の形。

一生使えるイヤホンが手に入って満足です。

DEEN・ミュージシャン 池森秀一さん

僕はJust ear をステージモニターとして試みました。そういわゆるイヤモニ!

今やライヴパフォーマンスをする上で欠かせない存在です。これまでいくつかのイヤモニを使用してきましたが、Just ear はイヤホンからの音という感じではなく、まるで会場全体の音を聴きながら歌ってる感覚に駆られます。スケール感や立体感そして、音のクオリティがずば抜けて良く音楽が本当に楽しく感じるんです。もうツアーに欠かせない存在となりました。Just ear との出会いに感謝します。

ほぼ日刊イトイ新聞 糸井重里さん

いいギターを買うくらいのつもりで買った。

夏休みのせいもあるが、音楽を聴く時間そのものが何倍も増えた。

モバイル・オーディオルームだ。

超歌手 大森靖子さん

自分のために音を合わせてくれるんですよ。ここの音域をもっと出したいとか、ここを削りたいとか、いろいろ調整してくれたんです。そういうスペシャル感もうれしいし、私は女の人の声がやっぱり好きなんで、それが一番グッとくるような音像にしてもらったんです。道重さんの声のよさも再現できてる。そういうところがよかったです。

わたしのオト へJust earのご感想を掲載いただきました

BARKS編集長 烏丸哲也さん

サウンド・チューニングのための松尾氏との会話は、イヤホン・スパイラルに毒され続けたこれまでにケリを付けるようなデトックス効果すら感じるものだった。メンタルケアのような会話を交わすことで、自分が好きな音を客観視しそれを最短で入手するのがXJE-MH1の真髄でもある。

BARKS へJust earのご感想を掲載いただきました

アニソンシンガー 黒崎真音さん

Just ear は本当に美しい。

繊細な音までしっかり聴こえて広がり方が素晴らしい。

程良い自然なリバーブが、ライブ感、音場感を高めてくれる。

コラムニスト、AV機器評論家 小寺信良さん

最後の最後までプロフェッショナルが自分のためだけに時間をかけて付き合ってくれるのが、Just ear の最大のポイントだろう。

ぜひ一度足を運んで、独特のドライブ感を味わってみてほしい。

一緒に崖を落ちよう。

AV Watch へJust earのご感想を掲載いただきました

声優 諏訪部順一さん

「Just ear」も出来上がるまでに多くの細かな手が加わっていますよね。

お客様とのコミュニケーションの中から生み出される製品からは、御満足頂けるより良いものを作ろうというハートが伝わって来ます。愛着を持って、長く大切に使っていきたいと思えるのは、高品質であること、結構なお値段であることだけなく、そういったアナログ的な人の温かみが感じられるアイテムだからですね、きっと。

KAI-YOU へJust earのご感想を掲載いただきました

映像作家/DJ 高城剛さん

この十年で、世界的な音楽シーンはより低音重視になったのは間違いない。それは低音だけ出ていれば良いということではなく、全体の解像感からももたらされる。Just ear XJE-MH2(クラブサウンド)は、世界のダンス・ミュージック・シーンにおいて音のトレンドにマッチしている。

著書「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」へJust earを掲載いただきました

声優 中村繪里子さん

こんなクリアに話し声が聴こえたことはありません!

ラジオ聴取が主な使い方の私にとって、音楽との聴こえのバランスをとるのが、イヤフォン・ヘッドフォンにおける長年の課題でした。音楽の聴こえにはあらゆるメーカーが独自の長所を打ち出すべく挑んでいますが、話し声にまではなかなか辿り着いていないのが現状でした。それが、このJustearならば、自分の聴きたい音を楽器だろうと声だろうと、自分好みにカスタマイズできます。さらに、どこまでもフィット感を追求してもらえるので、まるで何もつけてないかのような装着感で、ラジオ"も"楽しめます!

さて、今日もいってきまーす♪ 周波数はどこにしようかな♪

AVライター 野村ケンジさん

Just ear の魅力といえば、テイラーメイドならではの"欲しかった音に手が届く"喜びだろう。

しかも、これまでいくつものソニー製イヤホンを作り上げた松尾氏が "世界で一つだけの自分専用サウンド"を作り上げてくれるのだから、これほど嬉しいことはない。

また、女性がしても様になるスタイリッシュなデザインもいい。

ファーストモデルながら、音もデザインも完成度の高い製品だ。

声優、アーティスト 早見沙織さん

まるでレコーディングのときにスタジオで聴いた音のよう。

しっとりとした雰囲気をイメージした歌声の、融け落ちていく感触が再現されている。

アキバ総研 へJust earのご感想を掲載いただきました

凛として時雨・ミュージシャン ピエール中野さん

理想のイヤホンをエンジニアと一緒に作れるという究極の体験を実現してくれてありがとうございますという気持ちでいっぱいです。当然ですが、自分にとって最も特別なイヤホンです。この感動を多くの方に伝えられるように、これからもイヤホンの魅力をどんどん発信していきたいです。

GLAY・ミュージシャン HISASHIさん

いつからかレコーディング・スタジオに常備される「MDR-CD900ST」が自分の中で”標準の音”になっていました。デビューから25年が経ち"Just ear"と出会いました。もはや言葉で説明すること自体が陳腐のような「そうそう、こういう音」というジャスト感。イージー・リスニングからスタジオ・セッションまで、幅広いハンドリングは魅力的。体験してみるのが一番だと思います、貴方のジャストはもうすぐ傍にあるのかも。

クラムボン・ミュージシャン ミトさん

言葉にならないほど、特別な音の体験。

この素晴しさを、どうやったらみんなに伝えられるんだろう。

CINRA.NET へJust earのご感想を掲載いただきました

ミュージシャン 矢野顕子さん

帰りの飛行機の中、Just ear でアルバム「Welcome to Jupiter」を聴いた。

個々の曲が今までと違う表情を見せてくれる。

「モスラの歌」の音像がくっきりして、深澤秀行さんが作ってくれた音色の良さが際立つ。「Welcome to Jupiter」から「Prayer」のところで落涙。

PAGE TOP
このエントリーをはてなブックマークに追加