SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

タイ王国における環境の取り組みがPrime Minister’s Industry Award for Environmental Quality Conservationを受賞

—世界のサステナビリティ—
タイ王国における環境の取り組みがPrime Minister's Industry Award for Environmental Quality Conservationを受賞

2022年01月14日

Sony Technology(Thailand)Co., Ltd-Chonburi(STT-C)は、高性能かつ環境に配慮した製品をお届けすべく、継続的に環境配慮に取り組んでおり、この取り組みがタイ王国における2021年のPrime Minister's Industry Award for Environmental Quality Conservationを受賞しました。 同賞はタイ王国の工業省が主催し、タイの国内産業の発展に貢献する創造性、イニシアチブと勤勉さを兼ね備えた優良産業企業に贈られるものです。2021年12月13日(月)に実施された表彰式にて、プラユット首相より賞を授与しました。

2050年までに環境負荷ゼロを目指すソニーの環境計画「Road to Zero」に基づき、エネルギー、水、廃棄物管理などさまざまな取り組みを実施していることが受賞につながりました。ソーラーパネルの設置、スマートエネルギーのモニタリング、排水のリサイクルなど、STT-Cでは社員が一丸となって環境活動に取り組んでいます。

タイにおけるサステナビリティ/環境事情についてお聞かせください。

タイでは、テクノロジーとイノベーションを活用して持続可能で環境に配慮した開発を推進する「バイオサーキュラーグリーン(BCG)」経済モデルを、政府と業界リーダーが中心となって継続的に進めています。具体例としては、廃棄物の再利用、より環境に配慮した製品への移行、エネルギーの効率化や再生可能エネルギーへの投資などがあります。 タイの消費者のサステナビリティに対する意識も高まっており、多くの消費者がより環境に配慮し、またサステナブルな製品を購入する傾向にあります。

Terdphan Stienswasdiさんの写真 Terdphan Stienswasdiさん
Vice President, Corporate Human Management Center
Sony Technology (Thailand) Co., Ltd.

2050年までに環境負荷ゼロを目指すソニーの環境計画「Road to Zero」のもとでさまざまな取り組みを実施していることが受賞につながったと聞いています。STT-C独自の取り組みについてお聞かせください。

ソニーグループの環境中期目標に沿って、以下のようなSTT-C独自の取り組みを実施しています。

  • 年間約270万kWhを生成できるソーラーパネルの設置。これは、約1,300トンのCO2の削減に相当します。 設置以来、STT-Cは約3,100トンの CO2削減に相当する610万kWhの電力を得ることが可能となっています。
  • 温室効果ガス排出量の削減に貢献する「高効率タイプの冷凍機」をソニーグループで初めて設置しました。これは、優れた低炭素技術の応用として認められ、2020年度に日本の環境省が促進する二国間クレジット制度(JCM)の資金支援事業に選ばれています。

これらは一例ですが、我々の活動が政府からの表彰にも繋がっていることを嬉しく思うと同時に、今後もさらにさまざまな活動に取り組んでいきたいと思います。

このページの先頭へ