1. Top
  2. ライフサイエンス
  3. 製品ラインアップ
  4. SA3800

スペクトル型アナライザー SA3800

コンセプト

多数のサンプルを高速・簡便に解析できる
全自動スペクトル型セルアナライザー

「多数のサンプル測定を簡単かつ安定的に行いたい。」SA3800はそのようなご要望に応えるために開発されました。先進のスペクトル光学技術と3次元駆動のオートサンプラー「3D AutoSampler」、使いやすさを追求したソフトウェアを統合する事で、研究者の皆様のワークフローの大幅な効率改善と低コスト化に貢献します。

スペクトル型アナライザー

「3D AutoSampler」の概要

Spectral technology — 先進のスペクトル光学技術

ソニー独自の「スペクトル解析」を採用。細胞一つ一つから得られる蛍光スペクトルを検出し、アンミキシング計算により、客観性の高い解析が実現できます。また、細胞由来の自家蛍光も測定・分離が可能で、高精度解析を実現します。

光学技術

Spectral technology

ソニー独自のスペクトル解析

従来のフィルター方式が蛍光の一部の波長領域を検出し個別にデータ化しているのに対して、スペクトル方式では細胞一つ一つの蛍光スペクトル波形をスペクトルプロットとして可視化します。従来の二次元プロットやヒストグラムに加え、蛍光シグナルの特徴を視覚的に捉えることができます。

スペクトル・アンミキシング

スペクトル方式では、マルチカラー解析の際、フィルター方式が必要とする蛍光の漏れ込み補正(Fluorescence Compensation)に替えてスペクトル・アンミキシングを実行します。
スペクトル・アンミキシングでは、各蛍光色素のスペクトラルリファレンスと独自の近似計算アルゴリズムを用いて、個々の細胞の蛍光スペクトルの形状を元に各蛍光の成分データを生成します。オペレーターに依らない客観性の高い解析が実現できます。

アンミキシング計算

自家蛍光スペクトルの測定・分離

細胞固有の自家蛍光も蛍光スペクトルとして計測することが可能です。刺激や分化などによる自家蛍光の変化を、スペクトルの形状変化として確認することができます。また、高い自家蛍光を持つ細胞集団の場合、無染色にも関わらず偽陽性様のシグナルが検出されてしまいますが、スペクトル・アンミキシングによりその成分データを除去することで、より高精度な解析を実現します。

スペクトル分離
<FITC, PE のデータから自家蛍光成分が除去された例>
偽陽性様を示していた細胞集団の FITC, PE データが改善され、他の細胞と同じ陰性レベルになった。

ソニー独自のスペクトル光学技術

プリズムやアレイ状の光電子増倍管(PMT)を用いた独自光学系により、細胞一つ一つの蛍光スペクトルを検出します。

GUI1

Smooth workflow

ハードウェア、ソフトウェアの革新でワークフローの高効率化

日々の機器管理(QC)から解析までの快適なワークフローを実現しました。
研究者の経験やスキルに関わらず、再現性の高い測定・解析が可能です。

ワークフロー

シングルステイン・フリー

登録したスペクトラルリファレンスをライブラリーから呼び出すことで、毎回のシングルステインサンプルの調製と測定を省略し、多色実験を速やかに進めることができます。
解析にスペクトルの形状を利用するスペクトル方式ならではの機能です。

シングルステイン・フリー

3D AutoSampler と空吸い検出・自動復帰機能

2D(前後左右)に加えて上下にも駆動する “3D AutoSampler” の採用により、高速測定と低キャリーオーバーを両立しました。撹拌や冷却にも対応します。さらに、サンプル測定中の空吸いや吸い切り、空気の混入等を検知し、自動的に装置状態を復帰しますので、自動測定時も安心です。長時間の測定はSA3800に任せて他の作業を行えますので、作業効率が改善でき、運用コストも削減できます。

3Dオートサンプラー

Easy to use integration

直感的かつ効率的に各種設定や測定・解析作業を行うことができる分かりやすいユーザーインターフェイスを目指しました。

ユーザーインターフェース

スペクトラルリファレンスライブラリー

登録したスペクトラルリファレンスを、シンプルで直感的な操作手順で、簡単に検索・選択可能です。

リファレンスライブラリー画面

充実のウィザード機能

一つ一つの手順に対して、どなたでも簡単に設定が可能なウィザード機能をご用意しました。
例)QC、スペクトラルリファレンスライブラリー、Autofluorescence Finder、クリーニング、他

ウィザード画面

Standardization

複数の装置間で SSC と蛍光検出感度(Area, Height)が同じになるように、各チャンネルの出力を標準化します。
この標準化により、ソフトウェア上の設定値が同じであれば、感度は複数の装置間でおおむね揃うことになります。
標準化データは Align check QC を実行することで取得され、装置状態に合わせて更新されます。

世界地図
感度の大きく異なる5台の装置(A〜E、プロトタイプ機も含む)を用いて測定した例。
標準蛍光ビーズや細胞を用いて、Standardization により感度が揃っていることを確認しました。
Standadization
Standadization

Application Data

ヒト末梢血サンプルの8カラー解析例

8カラー解析例

ヒト白血球分画のTBNK(T細胞、B細胞、NK細胞)パネルとして多用されている6マーカー(CD3, CD4, CD8, CD16/CD56, CD19, CD45)に CD7 と CD14 を加えた8カラー解析を行い、各サブセットの細胞集団頻度が期待値の範囲内であることを確認しました*。

*期待値添付の標準血液サンプルを使用

8カラー解析例

ヒト iPS細胞 のラベルフリーモニタリング

未分化のヒト iPS細胞 の分化誘導後3日目に、680nm〜740nmの波長域に山なり形状のスペクトルを有する特定の集団が消失することを確認しました。蛍光スペクトル形状から、その由来を確認することで、細胞を未染色のまま解析するラベルフリーモニタリングの可能性が示唆されます。

ラベルフリーモニタリング

仕様

光学系 波長488nm半導体レーザー(標準搭載)
405nm半導体レーザー
561nm半導体レーザー
638nm半導体レーザー
*構成により変わります。/レーザーアップグレード可能
検出信号FSC, SSC, FL 32chPMT(500 to 800nm),
Violet x2ch PMT(420-440nm / 450-469nm)
パルスArea, Height(All channels) Width(Trigger Channel)
信号処理A/D 50MHz 16bit
最大イベントレート:30,000eps
流路系 サンプルレート10段階 33-200μL/min
クリーニング自動プローブ洗浄、開始時/終了時洗浄
キュベット逆流洗浄
廃液/シースタンク容量共に2L(10L:オプション)
オートサンプラー 対応する
サンプルチューブ
ウェルプレート
チューブラック:Falcon® 5mL(12 × 75mm)
*polystyrene/polypropylene
96ウェルプレート:スタンダード 平底/V底/U底
96ウェルプレート:ディープウェル、ハーフディープウェル
384ウェルプレート:スタンダード 平底
サンプル容量チューブ:100μL -2000μL
96ウェルプレート(スタンダード):55μL〜200μL
384ウェルプレート(スタンダード):40μL〜75μL
キャリーオーバー0.1% 以下(高速/標準モード時)
処理速度96ウェルプレート 25分*
*1ウェルあたり測定時間が2秒の場合
撹拌機能 / 保冷機能 標準搭載
空吸い検出 / 自動復帰 標準搭載
本体 寸法W:660mm × D:635mm × H:674mm
質量95kg
消費電力350W(最大)

SA3800 Model Line Up

[3D AutoSampler モデル]

型番レーザータイプレーザー構成
LE-SA3800AA1レーザーモデル488nm
LE-SA3800BA2レーザーモデル488nm / 638nm
LE-SA3800CA2レーザーモデル488nm / 405nm
LE-SA3800DA2レーザーモデル488nm / 561nm
LE-SA3800EA3レーザーモデル488nm / 405nm / 638nm
LE-SA3800GA3レーザーモデル488nm / 405nm / 561nm
LE-SA3800FA4レーザーモデル488nm / 405nm / 561nm / 638nm

[Single loader モデル]

型番レーザータイプレーザー構成
LE-SA3800AS1レーザーモデル488nm
LE-SA3800BS2レーザーモデル488nm / 638nm
LE-SA3800CS2レーザーモデル488nm / 405nm
LE-SA3800DS2レーザーモデル488nm / 561nm
LE-SA3800ES3レーザーモデル488nm / 405nm / 638nm
LE-SA3800GS3レーザーモデル488nm / 405nm / 561nm
LE-SA3800FS4レーザーモデル488nm / 405nm / 561nm / 638nm
  • 405nm, 561nm, 638nm のレーザーキットによりアップグレードできます。
  • 仕様は予告なく変更される場合があります。
  • 本機は研究用機器です。診断および治療にはご利用いただけません。
  • 本機はクラス1レーザー製品です。

オプション/消耗品/アップグレード

名称(製品番号) 概 要
オプション 冷却ユニット(A5101) 測定中のサンプルを保冷します
5mL チューブラック(A5102) 5mLチューブをオートサンプラーにセット
10Lタンクシステム 長時間自動測定に対応する大容量タンク
消耗品 アライン チェックビーズ(AE700510) 光軸チェック用標準ビーズ(2mL)
8 ピークビーズ(AE700522) 蛍光感度/直線性チェック用標準ビーズ(2mL)
アップグレード 405nmレーザー キット 405nmレーザーを増設
561nmレーザー キット 561nmレーザーを増設
638nmレーザー キット 638nmレーザーを増設
  • 仕様は予告なく変更されることがあります。
  • 本機は研究用機器です。診断および治療にはご利用いただけません。
  • 本機はクラス1レーザー製品です。

お問い合わせ