SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

BUSINESS

イメージ:メディカル イメージ:メディカル

メディカル

ソニーが得意とする技術を外科医療やライフサイエンス領域に活用。医師・医療従事者の負荷軽減と医療の質を向上させるチャレンジも始まっています。

ソニーの先進技術を活かし、
医療の現場を支える

イメージ:ソニーの先進技術を活かし、医療の現場を支える

ソニーは1980年代から手術室や検査室で使用する医療用モニターやプリンター、カメラを提供することで医療分野に貢献してきました。
ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ社で開発された世界初となる4K外科手術用内視鏡システムや4K 3D手術用顕微鏡システムには、これまでソニーで培われてきた最先端のイメージング技術が活用されています。2016年にはeSATURNUS社(ベルギー)を買収し、医療現場に向けたIP映像ソリューションを開発、提供しています。今後もイメージセンサーや画像・信号処理、光伝送、ロボティクス、ソフトウェアなどの技術を活かして、革新的な製品やサービスを開発し、医療の現場を支えていきます。

最先端の医学・創薬研究に寄与する

イメージ:最先端の医学・創薬研究に寄与する

近年、ライフサイエンス分野は革新的に進歩しています。最先端技術を用いて大量の生物学データを取得し、解析することで、人類の健康への貢献が期待されています。
iPS細胞などを用いた再生医療や遺伝子/免疫の研究、がんの病態の研究、昨今では新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の治療薬開発など、ソニーは最先端の医学・創薬研究に寄与するライフサイエンス事業を展開しています。
研究対象となる細胞を分取し、細胞一つひとつの特性や動きを解析したり、細胞間の相互作用メカニズムを解明するために、ソニーのセルソーターやセルアナライザーなどが広く利用されています。
ソニーが培ってきた最先端技術を活かして、研究者のワークフロー改善にも貢献し、今後も幅広い研究に利用されることが期待されています。

事業の魅力

医療に貢献できる
ソニーがエレクトロニクス事業で培った技術を医療分野に展開して、医療現場の課題を解決することで、人々の健康や医療の進歩、社会への貢献が期待できます。
最先端研究を支える
ライフサイエンス研究は近年急速に発展しています。再生医療や細胞治療など最先端の研究を支えている製品に携わることができます。
幅広い知見が獲得できる
基礎から学べる技術研修をはじめ、各種教育研修が体系的に準備されています。また、大学や研究機関との産学連携、実際の現場や学会への参加などを通して、最新の知見にも触れることで見識を広げられます。