CLEFIA The 128-bit Blockcipher

CLEFIAの用途

共通鍵ブロック暗号はデータの秘匿用途にのみ使われる技術ではなく、認証、改ざん検出、擬似乱数生成、ハッシュ関数、鍵ストリーム生成など、幅広い用途に応用することのできる極めて汎用的な要素技術です。

ここでは一般的な共通鍵ブロック暗号の利用場面をいくつかご紹介いたします。

  • DVD、Blu-ray Discなどの著作権保護データの暗号化
  • 共通鍵ブロック暗号をベースとした機器認証技術
  • SSL、TLSなどのインターネット上のセキュア通信プロトコル
  • 情報漏えいを防ぐためのハードディスク暗号化、など

共通鍵ブロック暗号は、上記以外にもさまざまな用途で実際に利用されています。今後も情報セキュリティの必要とされる場面の広がりに伴って共通鍵ブロック暗号を初めとした暗号技術の利用場面も確実に増えていくことが予想されます。

前へ鍵スケジュール/要素技術

ページトップ

English CLEFIA