屋内行動分析プラットフォーム NaviCX(ナビックス)

NaviCXとは・・・

ソニーが提供するSDK(Software Development Kit)を事業者様のスマートフォンアプリに
組みこむことで、人(測位対象者)の「向き」「位置」「滞在時間」「動線/経路」などの測位データ
をリアルタイムに取得して分析できるプラットフォームです。

手持ちのスマートフォンを活用した
ソニー独自のAI測位による、
リアルタイムコミュニケーションや分析・可視化

  • スマートフォン
  • 分析・可視化

サービス概要

NaviCX(ナビックス)は、小売店舗や体験型施設など、
事業者様の顧客・従業員エンゲージメント向上への取り組みを更に強化し
一人ひとりへの新たな体験提案を支援するプラットフォームです。

リアル空間のデジタル化

ユースケースイメージ

〜 掃除用品購入のため店舗に訪れた場合 〜

ユースケース

※1 今後対応予定

システム概要イメージ

ソニーが提供するSDKで測位対象者の「向き」「位置」をリアルタイムに測位して事業者様のスマートフォンアプリに提供します。また、「向き」「位置」の集計・分析を行ない、「滞在時間」「動線/経路」などの行動分析結果を可視化するためのクラウド上のツールを提供します。測位対象者の「向き」「位置」「滞在時間」「動線/経路」などの情報に基づいておススメ情報などをリアルタイムに配信する機能も今後提供予定です。

システムイメージ図

POINT01初期導入
コストを抑制

NaviCXは、スマートフォン内の各種センサーに加えソニー独自のAI測位技術を組み合わせたアプリケーションを利用しています。これにより、施設内に設置する機器は最小限の台数※2のビーコンのみになります。従来のソリューションと比較して大規模なインフラ設置が不要なため、初期コストやメンテナンス費用を抑えることができます。

※2 測位対象エリアの広さやお求めの測位精度によって設置台数が異なります。

初期導入コストを抑制

POINT02導入までの
準備期間の短縮

ソニーが無償で提供するツールを使い、スマートフォンを持ち、ガイドに従って作業を行なうだけで、導入時に必要な現地での準備作業は完了します。これにより、面積の広いエリアや多店舗導入時に障壁となっていた、初期設定の期間と費用を軽減することができます。

例) 東京ドームのグラウンドのサイズ(約13,000㎡) 規模の場合、現地作業約3.5時間/2名※3※3 当社調べ。測位対象エリアの環境によっては準備時間が異なります。

準備期間の短縮

POINT03独自の測位アルゴリズムによる、
測位精度向上と「向き」情報の取得

AIを活用したPDR(歩行者自律航法)と測位対象場所に存在する「地磁気」※4とビーコンを組み合わせた、ソニー独自の測位アルゴリズムを採用。測位対象者の「位置」「滞在時間」「動線/経路」に加えて、これまでビーコンだけでは取得が難しいとされていた「向き」の情報をリアルタイムに取得できます。測位精度の向上によって、事業者様の要望にお応えいたします。

※4 測位対象エリアの磁場などの状況によっては、測位が不安定になる場合があります。

情報の取得

POINT04エリア連動型
プッシュ通知※5

事前に設定したエリアへの進入をトリガーに、事業者様のスマートフォンアプリを通じて顧客へ位置情報に基づくプッシュ通知を可能にします。固定されたビーコンを活用する従来の手法よりも、柔軟に配信エリア、時間などを設定できるため、きめ細かなコミュニケーションによる、行動に基づいたクーポン提供や価格提示などの販売施策と体験向上を実現します。

プッシュ通知プッシュ通知

  • ビーコンを活用

    ◎現場に行き、プッシュ配信したい商品の棚付近にビーコン設置が必要。

    ◎配信エリアを変更・追加したい場合は、都度ビーコンの移動もしくは増設が必要。

  • プッシュ通知

    ◎初期設定後は、現場に行かずに、マップ設定ツールの画面から配信エリアを簡単・自由に設定・変更可能。

    ◎ビーコンを増設することなく、配信エリアを増やすことが可能。

※5 今後対応予定

POINT05屋内で起きている
ことの「分析・可視化」

管理者に提供される「分析・可視化ツール」により、屋内での行動分析データを蓄積し、見える化、定量化したデータを活用できます。
これらのデータを使い、事業者様の課題抽出、施策立案、効果測定など、PDCAを自らスピーディーに回していくことに貢献いたします。

分析・可視化

POINT06ソニー国内拠点での
開発・安心のサポート

技術開発を担うソニーが、パートナーのシステムインテグレーターやソリューションベンダーを通じて、事業者様の課題を解決し、顧客の体験をより便利で快適にすることを支援いたします。

サポート

お問い合わせはこちら

活用例

小売店における活用例

その1リアルタイムデータの
活用例

  • 商品ナビ(現在位置表示)

    来店客の現在位置と向きをリアルタイムに表示。商品検索機能・商品場所表示機能などと組み合わせていただくことにより、商品ナビが実現できます。

    売場面積が広く、商品点数が多い店舗向け

  • 商品の場所
  • リアルタイムな
    行動分析に基づいた
    おススメ情報の提供※6

    来店客の行動(あるエリアへの進入、ある棚に向いて留まっているなど)を検知して、関連するおススメ情報を提供することができます。

    店内で来店客にお得情報を提供したい
    店舗向け

  • push通知

    ※情報提供場所の設定は現地に出向くことなく、ツール上で簡単に設定/変更が可能です。

  • 行動に基づいた顧客支援
    (例:来店客と従業員のマッチング)

    来店客の行動分析からお困り度合いを測る※6、もしくは来店客からの支援要請に応じて、位置情報をもとに従業員を向かわせることができます。

    来店客と従業員の効率的なマッチングを
    図りたい店舗向け

  • 顧客支援

    ※支援要請については事業者様アプリへ来店客が意思表示を行なうための機能実装が必要です。

※6 今後対応予定

その2蓄積データの活用例

取得したデータを分析・可視化することで、マーケティング施策や業務改善などのPDCAを日常的に回すことができ、継続的な改善に役立てることができます。

  • 来店客の行動データ
    レイアウトや商品陳列の変更前後の人流把握
    One to Oneマーケティング(売場立ち寄り傾向に応じたおススメ商品情報の配信など)
    など
  • 従業員の行動データ
    作業内容や作業時間の実績把握と最適配置
    教育や育成への活用
    など

行動データ行動データ

その他の施設における活用例

  • 体験型施設
    イベント会場や美術館・水族館などで、手持ちのスマートフォンとイヤホンを使った自動音声ガイドやルートナビなどに活用できます。位置情報測位を用いた新たな展示・演出にも応用が可能です。
  • 体験

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

よくあるご質問

  • 質問
    ビーコンやWi-Fiを使ったソリューションとの違いは何ですか?
  • デバイス・機器設置などの初期投資および設置工数を抑制することができます。
    加えて、同等以上の測位精度が実現できます。
  • 質問
    ビーコンはいくつ必要ですか?
  • 数十メートル四方に1個設置が必要です。設置台数は店舗面積と環境により異なります。
    また、面積によらず、最低でも3個は必要となります。
  • 質問
    測位の精度はどのくらいですか?
  • 測位対象エリアの環境によって異なります。
    詳しくは、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  • 質問
    対応しているスマートフォンは何ですか?
  • Android、iOS端末に対応しております。
    対象機種の詳細については、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  • 質問
    NaviCXを使うためには、
    測位対象者がアプリをダウンロードする必要がありますか?
  • はい。弊社より提供するNaviCXのSDKを事業者様のアプリに実装し、測位対象者に提供していただく必要があります。
  • 質問
    スマートフォンのバッテリー消費量はどのくらいですか?
  • アプリを使用される環境によって異なります。詳しくは、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  • 質問
    料金プランを教えてください。
  • 初期費用は不要です。基本利用料は、測位対象エリアに応じて月額でのお支払いとなります。
    詳しくは、弊社お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

パートナー企業募集

ソニーは、NaviCXを自社ソリューションやサービスへ組み込み、新たな体験・価値をお客様へ共に提供していただけるパートナー企業様を募集しています。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら